お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:292 人 文字数:761字

てすと ※未完
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。
クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)

そんなある日彼女は謎の怪物に襲われている子供を助けようとして、鉄パイプみたいなもので応戦する。(大きさは小型犬ぐらい)
勇気を出して、謎の怪物を追い払おうとするが彼女も襲われそうになり、鉄パイプで犬を叩きつける。
その瞬間彼女は笑っていた。
自分の表情に自分でビビる主人公。

そして突然黒い影が現われた。

その黒い影は悪魔だった。
天界と魔界があって悪魔と天使が昔から争っていたけど、そこに更に絶対悪なるものが現われる。

悪魔は私利私欲の為に、天使は傲慢さを振るいかざしてしまいだめ。
ただ楽しめるような人間でなければならない。そういう人間を探していた。
そこで天使と悪魔はお互い人間界に絶対悪を倒せる人材を探しに地上に降りてきた。
主人公はそれに適任。

自分はそんな人間ではないと言い張る主人公。
そして悪魔を放置して去る。

そのあとヒロインは部屋で一人葛藤している。
確かに自分はあの時笑っていたと。
そしてふと部屋に虫がいて潰す。また自然と笑みがこぼれた。
また悪魔が登場。
やっぱり適任者だと言われる。

そこで突然悲鳴が聞こえる。家族が襲われる。
本来なら助けようとするはずだが主人公は層は思っていなかった。
まるでゲーム画面を見ているように実感がなかった。


敵倒す




=========================================
メモ
忘れたい表情 読みきり
ちょっとダークな感じ?でもあまり暗くならないように
敵を殺したときの表情←自分は清いと思い込んでる
主人公には資格がある
ただの暴力的な人ではだめ
ナビゲーター的キャラは悪魔?

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:ナウい小説練習 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1401字
数学の時間です。いや、算数の時間です。 1+1は?答えは2だ。当たり前ですね。 じゃあ1×0は?答えは0。 小説の練習だってそう。地道な毎日の積み重ねが大事だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:notte お題:生きている本 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1093字
老人が言う。「では、今日は、『香』の話をしようか」 少年が「はい、先生」と答え、目を輝かせた。 その夜の老人 ―― 師の話は、そのものが少年 ―― 弟子への試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いっつ お題:生きている本 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1348字
「い、いらっしゃい」「……どうも」 とある、夏の昼下がり。 カラン、という涼しげなベルの音と共に店の扉が開き、見覚えのない一人の男が入ってきた。その男は両手一杯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらい社会 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:472字
太陽はすっかり沈み、街は色彩豊かなイルミネーションで彩られている。街路樹は赤、青、緑とカラフルに色を変えていく。 街を行く人々は、しんしんと降る雪を気にもしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西 杞憂 お題:情熱的な帝王 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1572字
昔の昔のその昔。情熱大陸という王国に、まるで活発的に活動をしている時の太陽の如く、それはとても情熱的な王様がいました。 王様はある日配下の部下達にいいました。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:裏切りの信仰 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1994字
「私はあなたに殺されたかったの」 私はその時、たぶんナポリタンを作ろうとしていたのだと思う。赤いトマトにざっくりと突き立てた包丁が、調理道具から刃物へと、その意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素人のゴリラ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:392字
木々の隙間から漏れてくる月の光を頼りに、少年は森を走っていた。向かっているのは東。月は昇り始めて間もない。 自分がどこにいるのか、少年には見当もつかない。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
empty sunset ※未完
作者:kouta お題:純粋な妄想 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:359字
ーー遠く、高く離れてしまった雲と地の狭間を飛んでいく鴉のように、空を飛んでいけたらどんなにか気持ちの良いことだろうか。 ーー明け色と宵色が融けあった地平線は果 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白風水雪 お題:めっちゃ誰か 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1191字
お前は誰かに似ている、なんて言われたことはないだろうか。 いつも親しくしている人にではなく、通りすがりの、例えばコンビニの出入り口ですれ違う程度の誰かに。 も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユートピア ※未完
作者:匿名さん お題:あいつのユートピア 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1130字
ユートピアを目指すもの達がこの世界にいる。 ある日、馬車が走る自然豊かな世界にそれは突如現れた。 雷鳴が轟き、視界が真っ白に染まる。 光が止むとそこには大きな 〈続きを読む〉

てくの@20日まで作業できずの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:あいつと孤独 制限時間:15分 読者:159 人 文字数:415字
あいつは孤独と友達だった。クラスでいつも一人の○○がいる。でも、いわゆるぼっちだとか、友だちが居ないとかそういうのではない。一人で居るのにいつも楽しそうにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1279 人 文字数:1398字
保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。それはとにかく子供に好かれない事。こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。もはや学級崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
てすと ※未完
作者:てくの@20日まで作業できず お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:292 人 文字数:761字
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)そんなある日彼女は謎の怪物に襲われてい 〈続きを読む〉