お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:315 人 文字数:761字

てすと ※未完
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。
クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)

そんなある日彼女は謎の怪物に襲われている子供を助けようとして、鉄パイプみたいなもので応戦する。(大きさは小型犬ぐらい)
勇気を出して、謎の怪物を追い払おうとするが彼女も襲われそうになり、鉄パイプで犬を叩きつける。
その瞬間彼女は笑っていた。
自分の表情に自分でビビる主人公。

そして突然黒い影が現われた。

その黒い影は悪魔だった。
天界と魔界があって悪魔と天使が昔から争っていたけど、そこに更に絶対悪なるものが現われる。

悪魔は私利私欲の為に、天使は傲慢さを振るいかざしてしまいだめ。
ただ楽しめるような人間でなければならない。そういう人間を探していた。
そこで天使と悪魔はお互い人間界に絶対悪を倒せる人材を探しに地上に降りてきた。
主人公はそれに適任。

自分はそんな人間ではないと言い張る主人公。
そして悪魔を放置して去る。

そのあとヒロインは部屋で一人葛藤している。
確かに自分はあの時笑っていたと。
そしてふと部屋に虫がいて潰す。また自然と笑みがこぼれた。
また悪魔が登場。
やっぱり適任者だと言われる。

そこで突然悲鳴が聞こえる。家族が襲われる。
本来なら助けようとするはずだが主人公は層は思っていなかった。
まるでゲーム画面を見ているように実感がなかった。


敵倒す




=========================================
メモ
忘れたい表情 読みきり
ちょっとダークな感じ?でもあまり暗くならないように
敵を殺したときの表情←自分は清いと思い込んでる
主人公には資格がある
ただの暴力的な人ではだめ
ナビゲーター的キャラは悪魔?

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:傷だらけの夜 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1490字
もう泣きたい。こんなに、悲しいのに涙がでないなんて体っておかしい。 この前深夜にみた動物ドキュメンタリーだったらバカみたいに泣けたのになんなんだろ。 さっきフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:砂糖指輪 お題:真実の光景 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:919字
夢から覚める、引き上げられるような感覚。頬に触るのは誰だろう。少しかさついていて硬いが、とても暖かい。自分はこの手知っている「ルイス」 そう想う相手を呼びなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのもこもこ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:840字
「ねぇ、ぐちゃぐちゃのもこもこって何?」バンと大きな音をたてて自室の扉が開く。入ってきたのはトラブルメーカーである我が妹、優理だ。これまでも数々の面倒事を起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:837字
おとうさんはとてもがんばりやさんです。わたしがしょうがっこうにいくよりいっつもまえにかいしゃにいっています。おとうさんがかえってくるのはいつもわたしがねたあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとう お題:飢えた父 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:327字
私はその音を気にも留めずにいたのだ。私はその日、いつもの通り自室にいた。友達と遊んでいた。時計は昼頃を指していた。ぬるい時間だけがそこにあった。一階から食器が割 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:快特・尾瀬みさき行 お題:知らぬ間の銀行 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1343字
「これ預かっといて」 佐倉は今月も財布から一万円札三枚を取り出して、裸のまま俺の手に握らせる。俺は手に持ったリュックのファスナーを開き、その中に納まったお菓子の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1282字
私は毎日、近所の安アパートに通っている。部屋はワンルームで、古びた外見の建物だ。通っているといってもそこに住んでいる訳ではない。そういうと何か、不倫や内縁の妻と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真面目勇悟@即興小説 お題:近い不動産 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:993字
数字の並んだ大きな掲示板を恐る恐る見上げた。掲示板の前には群をなす制服。阿鼻叫喚、 歓喜雀躍。それぞれの人間が色が染めたり色を失ったりしていた。私の数字は750 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:泉沙李 お題:輝く挫折 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:730字
漫画家になりたい。ライトノベルの作家になりたい。声優になりたい。オタクならば業界に関わる仕事をしたいと、みんな1度は抱く夢のひとつなのかもしれません。僕もそうで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:宗教上の理由で僕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:599字
「離せよ!」 また腕をぐいぐいと掴まれて外に連れ出された。向かうのは例の山である。「――僕――――――」「え?」 なぜか「僕」というのが聞き取れた。綺麗に、僕の 〈続きを読む〉

てくの@20日まで作業できずの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:あいつと孤独 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:415字
あいつは孤独と友達だった。クラスでいつも一人の○○がいる。でも、いわゆるぼっちだとか、友だちが居ないとかそういうのではない。一人で居るのにいつも楽しそうにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1469 人 文字数:1398字
保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。それはとにかく子供に好かれない事。こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。もはや学級崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
てすと ※未完
作者:てくの@20日まで作業できず お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:315 人 文字数:761字
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)そんなある日彼女は謎の怪物に襲われてい 〈続きを読む〉