お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:761字

てすと ※未完
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。
クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)

そんなある日彼女は謎の怪物に襲われている子供を助けようとして、鉄パイプみたいなもので応戦する。(大きさは小型犬ぐらい)
勇気を出して、謎の怪物を追い払おうとするが彼女も襲われそうになり、鉄パイプで犬を叩きつける。
その瞬間彼女は笑っていた。
自分の表情に自分でビビる主人公。

そして突然黒い影が現われた。

その黒い影は悪魔だった。
天界と魔界があって悪魔と天使が昔から争っていたけど、そこに更に絶対悪なるものが現われる。

悪魔は私利私欲の為に、天使は傲慢さを振るいかざしてしまいだめ。
ただ楽しめるような人間でなければならない。そういう人間を探していた。
そこで天使と悪魔はお互い人間界に絶対悪を倒せる人材を探しに地上に降りてきた。
主人公はそれに適任。

自分はそんな人間ではないと言い張る主人公。
そして悪魔を放置して去る。

そのあとヒロインは部屋で一人葛藤している。
確かに自分はあの時笑っていたと。
そしてふと部屋に虫がいて潰す。また自然と笑みがこぼれた。
また悪魔が登場。
やっぱり適任者だと言われる。

そこで突然悲鳴が聞こえる。家族が襲われる。
本来なら助けようとするはずだが主人公は層は思っていなかった。
まるでゲーム画面を見ているように実感がなかった。


敵倒す




=========================================
メモ
忘れたい表情 読みきり
ちょっとダークな感じ?でもあまり暗くならないように
敵を殺したときの表情←自分は清いと思い込んでる
主人公には資格がある
ただの暴力的な人ではだめ
ナビゲーター的キャラは悪魔?

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本式の勇者 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1547字
道の真ん中で人が倒れているのを見つけた。 倒れているのは老人で、しかも身なりがえらく悪い。匂いもかなりのものがあって、端的に言って浮浪者の類であるようだ。道行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺はエルボーロケットで行く お題:でかいわずらい 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:951字
煩いというものは、厄介なものである。精神的な、目に見えぬ悩み。それが表へ現れてくれれば、どれだけ相談しやすいか。そう思われていたのも、つい10年ほど前までである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:か。@挙動不審 お題:でかいわずらい 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:2487字
それをどうしていけばいいのかわからなかった。 そのときも、そしていまも。「榛原、おまえ結局あれどうしたんだ」「あれってなんだよ」 放課後。 教室に残っている生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カササギリョーノ[文フリ岩手イ-12] お題:蓋然性のある錬金術 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1914字
雪子さんの教えてくれるそれはもはや錬金術というより錬猫術とでも呼んだほうがいいぐらい猫ばかりだった。やがて原子の段階から猫を一匹生み出す(これは宇宙をひとつ生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と病気 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:2435字
「彼に会ってください。彼はもう長くありません。危篤状態なのです。あなたに会いたがっています。彼に会いに来てください」 はがきが届いた。暑中見舞いのくじがついて 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:彼と病気 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1545字
「あなたの余命はあと1年です。残念ながら、この病気を治す術はありません」医者の宣告を聞き、彼は酷く蒼褪めた。幼子のように頼りなく、今にも泣きだしそうにみえたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちのパラダイス 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1988字
何をしようと自由なのである。 赤松は斧を振り上げて、叩き付けた。相手は妻だったものだ。斧は頭蓋に食い込んで湿った音と人体の欠片が飛び散った。「成程」と赤松は呟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:黄色い秋 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:989字
黄色い。 秋は黄色い。 間違いない。 秋は黄色い。 学校からの帰るとき、並木道を通って思った。頭上には美しく黄色に染まった葉が、風になびかれて踊っている。 秋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めがねのさえきくん お題:緑の血 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1336字
生まれてこの方、希望なんてものは知らずに生きてきた。 テレビの向こうではアナウンサーが「夢の時代到来」なんて喚いてる。確かに、アンタ達にとってはそうなんだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:おいでよつるつる 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:375字
あなたが引っ越してきたのは、とある神様が作った、不条理な人間の世界とはもうひとつ別の世界。あなたは人間の心を持った鶴。「鶴は千年」といわれているけど、人間界の鶴 〈続きを読む〉

てくの@20日まで作業できずの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:あいつと孤独 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:415字
あいつは孤独と友達だった。クラスでいつも一人の○○がいる。でも、いわゆるぼっちだとか、友だちが居ないとかそういうのではない。一人で居るのにいつも楽しそうにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1579 人 文字数:1398字
保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。それはとにかく子供に好かれない事。こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。もはや学級崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
てすと ※未完
作者:てくの@20日まで作業できず お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:761字
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)そんなある日彼女は謎の怪物に襲われてい 〈続きを読む〉