お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:761字

てすと ※未完
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。
クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)

そんなある日彼女は謎の怪物に襲われている子供を助けようとして、鉄パイプみたいなもので応戦する。(大きさは小型犬ぐらい)
勇気を出して、謎の怪物を追い払おうとするが彼女も襲われそうになり、鉄パイプで犬を叩きつける。
その瞬間彼女は笑っていた。
自分の表情に自分でビビる主人公。

そして突然黒い影が現われた。

その黒い影は悪魔だった。
天界と魔界があって悪魔と天使が昔から争っていたけど、そこに更に絶対悪なるものが現われる。

悪魔は私利私欲の為に、天使は傲慢さを振るいかざしてしまいだめ。
ただ楽しめるような人間でなければならない。そういう人間を探していた。
そこで天使と悪魔はお互い人間界に絶対悪を倒せる人材を探しに地上に降りてきた。
主人公はそれに適任。

自分はそんな人間ではないと言い張る主人公。
そして悪魔を放置して去る。

そのあとヒロインは部屋で一人葛藤している。
確かに自分はあの時笑っていたと。
そしてふと部屋に虫がいて潰す。また自然と笑みがこぼれた。
また悪魔が登場。
やっぱり適任者だと言われる。

そこで突然悲鳴が聞こえる。家族が襲われる。
本来なら助けようとするはずだが主人公は層は思っていなかった。
まるでゲーム画面を見ているように実感がなかった。


敵倒す




=========================================
メモ
忘れたい表情 読みきり
ちょっとダークな感じ?でもあまり暗くならないように
敵を殺したときの表情←自分は清いと思い込んでる
主人公には資格がある
ただの暴力的な人ではだめ
ナビゲーター的キャラは悪魔?

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ハト(10%) お題:出来損ないの模倣犯 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:203字
パチン。ホッチキスで綴じるような音。遅れて耳朶の痛み。流れる血。これで大人になれるんだ、そう思った。左の耳たぶにちょこんとはまった、樹脂のピアスを撫でる。血が滲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:出来損ないの模倣犯 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1182字
憧れ、という感情は時と場合によっては毒となる。 聞いてくれ。憧れに毒された僕の友人の話を。 彼はとても穏やかで大人しい性格の優しい青年だ。しかし若干卑屈で自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月 弐斗一 お題:黒尽くめの正月 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:782字
新年初食事はお節料理の煮昆布だった。その後、黒豆を数個つまみながら、駅伝を眺める。「この人たち寒くないのかな」 外では大晦日からの雪が未だに止まないというのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤いユートピア 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:614字
血はもちろん僕のいた取調室の前で途切れているわけだが、この警察署は全部屋が中庭に面する構造になっているため小鉄もこの警察署の中にいることは間違いない。 電気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜汽車 ※未完
作者:はるちか お題:穢された動機 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:606字
夜汽車に揺られる。車内の明るさに比べ、窓の外はたっぷりとした闇に沈み、街の灯りが溺れるように浮かんでいた。目を凝らさなければ窓には常に退屈そうな己の顔がぼんやり 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
学校裏サイト ※未完
作者:匿名さん お題:子供のサイト 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1088字
最近子供たちの間である噂が広まっているという。短順に言ってしまえば、子供の噂程度にしか騒がれない、大人たちにとってはさして気になることでもない噂の一つに過ぎなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗い宿命 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:991字
絶対に前に進み続けなければならない。それが私の宿命なのだ。周りは開けた草原。空を見れば、雲一つない快晴。絵に描いたような素晴らしい景色だ。あるいは、この景色は本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
清廉の哭声 ※未完
作者:葉月 弐斗一 お題:すごい声 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:783字
およそ船というものには良い思い出がない。 小学生時代に友人たちと競った笹船流しではいつも一番最初に沈没していたし、中学生の頃に修学旅行で乗ったフェリーでは胃液 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぼーちょ お題:最強の年賀状 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:895字
「お、終わった…‼︎」 年末年始、ただでさえ忙しいこの季節。クリスマスを何となく祝い、年越しそばを食べながら紅白を見て除夜の鐘を聞き、人によっては御来光を眺めた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒベリュウ お題:つらいところてん 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1870字
僕はゴールデンハムスターのデイル。友達は、白うさぎのモルタくん。ついこの間まで秋で、僕達は冬に向けて食べ物を集めていたの。今年で何年目なんだろうか、もうずっと僕 〈続きを読む〉

てくの@20日まで作業できずの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:あいつと孤独 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:415字
あいつは孤独と友達だった。クラスでいつも一人の○○がいる。でも、いわゆるぼっちだとか、友だちが居ないとかそういうのではない。一人で居るのにいつも楽しそうにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てくの@20日まで作業できず お題:憧れの母性 制限時間:1時間 読者:1356 人 文字数:1398字
保育士になったばかりの先生。彼女にはある悩みがあった。それはとにかく子供に好かれない事。こちらから歩み寄っても「せんせーきらいー」と言われてしまう。もはや学級崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
てすと ※未完
作者:てくの@20日まで作業できず お題:忘れたい表情 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:761字
主人公は虫も殺さないような優しい心を持った女子高生。クラスでも癒し系の存在として男女からも人気が高い(教室で説明のシーン)そんなある日彼女は謎の怪物に襲われてい 〈続きを読む〉