お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:949 人 文字数:2040字

カリスマもといシスコン兄と溜め息
「はぁ~。」

時刻は、午後9時を回ったところ。
住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。
リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの美形男。
こちらが殴りたいぐらいモテるその男の名は、修也(しゅうや)。
私の、表面上の愚兄・・・もとい、実兄である。

『おかえり、修ちゃん』

「あ、千鶴。ただいま。」

私の顔を見るや、さっきまでの疲労顔はどこへやら。
ふわりとした笑顔に切り替え、上着をソファーの背もたれに掛ける。
ちなみに、修ちゃんという呼び方は、当の本人が幼少期より私に教育した結果であり、
断じて私が好んで呼んでいるわけではないことをここに断っておく。

『お客さんいっぱいだったの?』

「あぁ。しかも、派手でケバい連中ばっかだったし、ババアも多かったし」

『そこまで言っちゃう?』

「言う、俺にはその権利がある。店内で喧しかったから、営業妨害で警察行き」

『そんなに!?』

「客同士で揉めたんだよ。揉めた内容も内容だったけど」

『なんだったの?』

「清楚系の奥様を俺が呼んだら、ババアがしゃしゃり出てきて、
 私あの人にやってもらいたいから順番譲ってーだの、
 譲ってくれないなら私があなたの髪切ってあげるーだのと・・・・・」

『うわぁ・・・それはキッツいね。営業妨害も甚だしいわ』

修ちゃんの職業は、いわゆるカリスマ美容師。
以前店に連れて行かれたら、そこはホストクラブと見紛うレベルのイケメン揃いだった。
実はホストクラブもやってるんじゃないかと何度疑ったことか。
まぁ、結局疑惑はシロだったけど。
そんなこともあるぐらい、修ちゃんの職場である美容室は、男目当ての客が多いらしい。

「はぁ・・・・・。」

『溜め息ばっかり吐いてたら、幸せ逃げるよ?』

「そんだけ疲れさせられてんだよ。色目使われまくって、恋愛視されまくって。」

『彼女作る気ないの?』

「シスコンが妹以外の女を彼女候補として見られると思うか?」

はい、イケメンからついにボロが出ました。
これが愚兄たる最大の原因。
なんでそうも簡単にシスコンであると公言できるのか。
私は納得できるくらい直接関わってきたけど、公言するようなことではないはず。
というか、いい加減彼女作れ、むしろ作れ。

『お父さんが初孫待ってるヨー』

「千鶴の子以外作る気ありまセーン」

『近親相姦デス』

「存じておりマス」

私は本気もかねてふざけてるのに、兄は私に合わせて本気のみを吐露してくる。
どうしてシスコン兄になってしまったのか、わけがわからない。
これでも美容室では一番人気のイケメンで、腕もカリスマの名に恥じないレベル。
接頭語のカタカナ四文字が、カリスマからシスコンになる日はそう遠くないのかもしれない。

「千鶴~・・・暇?」

『スマホでゲームしてるから暇じゃない』

「じゃあ、抱き枕っ」

『ふぁっ!?』

おいこら、ソファーに座っている私の腹部に抱きつくな愚兄。
本当は胸の方に顔を埋めたかったのだろうか、背中に回された手の位置がおかしい。
引き離そうと修ちゃんの頭を掴むが、大人の男相手に力で勝てるわけがない。

「ん~♪俺の癒し~♪」

『・・・・・はぁ。』

今度は、私が溜息を吐いた。
諦めて修ちゃんは放置し、ゲーム再開。
両親は今外出中だから、帰って来るまで修ちゃんは着替えもせずにこのままなのだろう。
あとでお母さんに怒られることは容易に想像できた。

「ち~づるっ」

『何?』

「頭撫でて?」

『ヤダ☆』

「働いてきたお兄様は疲れてるんだから、癒してくれたっていいだろ~?」

『この間の校内模試、1位だったよ』

「よし!前に欲しがってたアンティークの懐中時計買ってくる!」

『ホント!?』

「千鶴には嘘吐かない!」

思わずスマホから手が離れた。
さすがはシスコンと自負する修ちゃん、私の扱い方をよくわかっていらっしゃる。
魅力的な確約をもらったので、優しく頭を撫でてあげた。
目を細めて喜んでいる修ちゃんは、私の腰回りに抱きついたままウトウトし始めた。

『寝るなら着替えてきたら?』

「ん・・・・や・・・・」

『嫌じゃなくて、着替えてきなさい』

「・・・・・。」

反応がなくなった。
完全に寝落ちたらしい。
よっぽど疲れてるんだろうなぁ、カリスマ美容師のお兄様は。
叩き起こすのは簡単だけど、そこから修ちゃんの部屋に連れて行くのは大変。
実際に経験があるから、仕方なくそのままにしておくことにした。

『お疲れ様、修ちゃん。早く妹立ちして、可愛い彼女と子供作るんだよ~。』

聞こえていないだろうけれど、そっと念掛けをしておいた。
数時間後、帰宅したお母さんが私に抱きついたままソファーで眠る修ちゃんを見て、
呆れ顔で溜息を吐きつつ拳骨を繰り出したのは、言うまでもなかった。



End.
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:僕のお尻 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1101字
家に帰って来たあなたに、いつも「おかえり」って言う僕。「おかえりなさい。今日もお疲れさま」僕がそう迎えると、いつも僕に笑いながら「ただいま」って言ってくれる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:でかい雪 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1417字
きっと、私はもういなくてもいいんだ。ふっと、そんなことに気付いてしまう。 目を瞑ってきた事実。変わらないこと。うるさく鳴る電話は電源を落としてしまった。 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:斬新な天才 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:716字
私のクラスには、周りから一目置かれる人がいる。宿題をやればどんなに頑張っても必ず何らかの形で失敗し、部活のノルマは絶対こなせない。委員会での仕事は何かが必ず欠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:暗いつるつる 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:126字
佑は普段どおり発声練習をしていた。すると、なにやら妙に高い声が現れた。「うそ!?」佑は周囲を観察してた。「なんだ、あのヘリウムガスか。」納得がいってて佑はふっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:極めてテクニカルな403太郎 お題:元気な教室 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1933字
今朝の教室も賑やか、天気は晴れ。みんなとっても楽しそう。でも、耳を欹てると聞こえてくるものがある。「あいつ、まだ学校来てるよ」「よく来れるよね」「空気読めないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:珠代 お題:消えた狸 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:4380字
「…あれ?」帰り道、いつものように山に寄った。給食の余りが入った袋を持って呆然と立ち尽くす。「たっちゃーん?おーい、たっちゃーん」呼び掛けるも返事はない。私の声 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふみは耳から萌えを摂取 お題:黒いガールズ 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1696字
都会のアスファルトも昼間に溜め込んだ熱を吐き出すのをやめた深夜に、彼女たちの仕事は始まる。見かけは普通の――いや、いかにも高級そうなたたずまいの風俗店。【そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:茶色い失敗 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:3463字
あぁ、空が青いなぁ。綿雲がふよふよ泳いでるし、どの屋根にも均等に陽が照っていて、なんと気持ちの良い昼なんだろう。「コレがなければ、なぁ」あぁ、目を背けたい。目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち お題:どす黒い関係 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:2989字
頼りなく不規則な明滅をくり返す照明の下、力なくトントンと階段を上がる。夜も更け手首に巻いた腕時計の針はとっくに日を跨いでいる。ろくに補修もされず赤錆塗れの鉄階段 〈続きを読む〉

ほにゃら隊長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:949 人 文字数:2040字
「はぁ~。」時刻は、午後9時を回ったところ。住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:609 人 文字数:2823字
『濡れ鼠にご用心』大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。「風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:暑い凶器 制限時間:2時間 読者:660 人 文字数:1456字
「あづ~・・・・・」季節は夏、誰もが猛暑と呼ぶ時期。日差しという名の凶器を常に突きつけられ続け早十数分。この凶器はヤバイ、痛い、暑い。と、うなだれていてもどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:シンプルなブランド品 制限時間:2時間 読者:741 人 文字数:2855字
私は、知っている。あのお淑やかで物静かで控えめな美少女、霧咲純(きりさき じゅん)が、とある大企業の社長令嬢であること。しかし、彼女がブランド品らしいブランド品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:703 人 文字数:2432字
突然呼び出された10畳半のとある一室。俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。浩介「新年!明けました!!!」当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。なぜならば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:打算的な孤島 制限時間:2時間 読者:723 人 文字数:4295字
超高層ビルの最上階に位置する、とある女が居を構える、禁断の事務所。天空の孤島、探偵の隠れ家、隔離された牢獄・・・。いろんな人が、いろんな呼び方をするこの場所。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:彼の私 制限時間:2時間 読者:854 人 文字数:4469字
彼にとって、私は所詮、一介の一般人でしかないのだろう。そんな考えを持ってからというもの、私の中から、恋の芽が育つ肥沃な土が消えた。彼は近所に住むお兄さんで、いわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:神の神様 制限時間:2時間 読者:802 人 文字数:3796字
「ねぇ、知ってる?天界を治める神にも、神様がいたんだって。」それは、あまりにも唐突な話題だった。さらに言うなら、意味不明だった。『・・・・は?』俺は思わず、言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:711 人 文字数:1926字
「く、来るな!俺に触るな!!!」それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:黒い祖父 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:2時間 読者:662 人 文字数:2208字
俺の祖父さんは、いつも真っ黒な服を着ていた。最初は、全然気にならなかった。けど、和服も洋服も、なんでもかんでも真っ黒だったのが、最近になって不思議に思い始めた。 〈続きを読む〉