お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:984 人 文字数:2040字

カリスマもといシスコン兄と溜め息
「はぁ~。」

時刻は、午後9時を回ったところ。
住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。
リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの美形男。
こちらが殴りたいぐらいモテるその男の名は、修也(しゅうや)。
私の、表面上の愚兄・・・もとい、実兄である。

『おかえり、修ちゃん』

「あ、千鶴。ただいま。」

私の顔を見るや、さっきまでの疲労顔はどこへやら。
ふわりとした笑顔に切り替え、上着をソファーの背もたれに掛ける。
ちなみに、修ちゃんという呼び方は、当の本人が幼少期より私に教育した結果であり、
断じて私が好んで呼んでいるわけではないことをここに断っておく。

『お客さんいっぱいだったの?』

「あぁ。しかも、派手でケバい連中ばっかだったし、ババアも多かったし」

『そこまで言っちゃう?』

「言う、俺にはその権利がある。店内で喧しかったから、営業妨害で警察行き」

『そんなに!?』

「客同士で揉めたんだよ。揉めた内容も内容だったけど」

『なんだったの?』

「清楚系の奥様を俺が呼んだら、ババアがしゃしゃり出てきて、
 私あの人にやってもらいたいから順番譲ってーだの、
 譲ってくれないなら私があなたの髪切ってあげるーだのと・・・・・」

『うわぁ・・・それはキッツいね。営業妨害も甚だしいわ』

修ちゃんの職業は、いわゆるカリスマ美容師。
以前店に連れて行かれたら、そこはホストクラブと見紛うレベルのイケメン揃いだった。
実はホストクラブもやってるんじゃないかと何度疑ったことか。
まぁ、結局疑惑はシロだったけど。
そんなこともあるぐらい、修ちゃんの職場である美容室は、男目当ての客が多いらしい。

「はぁ・・・・・。」

『溜め息ばっかり吐いてたら、幸せ逃げるよ?』

「そんだけ疲れさせられてんだよ。色目使われまくって、恋愛視されまくって。」

『彼女作る気ないの?』

「シスコンが妹以外の女を彼女候補として見られると思うか?」

はい、イケメンからついにボロが出ました。
これが愚兄たる最大の原因。
なんでそうも簡単にシスコンであると公言できるのか。
私は納得できるくらい直接関わってきたけど、公言するようなことではないはず。
というか、いい加減彼女作れ、むしろ作れ。

『お父さんが初孫待ってるヨー』

「千鶴の子以外作る気ありまセーン」

『近親相姦デス』

「存じておりマス」

私は本気もかねてふざけてるのに、兄は私に合わせて本気のみを吐露してくる。
どうしてシスコン兄になってしまったのか、わけがわからない。
これでも美容室では一番人気のイケメンで、腕もカリスマの名に恥じないレベル。
接頭語のカタカナ四文字が、カリスマからシスコンになる日はそう遠くないのかもしれない。

「千鶴~・・・暇?」

『スマホでゲームしてるから暇じゃない』

「じゃあ、抱き枕っ」

『ふぁっ!?』

おいこら、ソファーに座っている私の腹部に抱きつくな愚兄。
本当は胸の方に顔を埋めたかったのだろうか、背中に回された手の位置がおかしい。
引き離そうと修ちゃんの頭を掴むが、大人の男相手に力で勝てるわけがない。

「ん~♪俺の癒し~♪」

『・・・・・はぁ。』

今度は、私が溜息を吐いた。
諦めて修ちゃんは放置し、ゲーム再開。
両親は今外出中だから、帰って来るまで修ちゃんは着替えもせずにこのままなのだろう。
あとでお母さんに怒られることは容易に想像できた。

「ち~づるっ」

『何?』

「頭撫でて?」

『ヤダ☆』

「働いてきたお兄様は疲れてるんだから、癒してくれたっていいだろ~?」

『この間の校内模試、1位だったよ』

「よし!前に欲しがってたアンティークの懐中時計買ってくる!」

『ホント!?』

「千鶴には嘘吐かない!」

思わずスマホから手が離れた。
さすがはシスコンと自負する修ちゃん、私の扱い方をよくわかっていらっしゃる。
魅力的な確約をもらったので、優しく頭を撫でてあげた。
目を細めて喜んでいる修ちゃんは、私の腰回りに抱きついたままウトウトし始めた。

『寝るなら着替えてきたら?』

「ん・・・・や・・・・」

『嫌じゃなくて、着替えてきなさい』

「・・・・・。」

反応がなくなった。
完全に寝落ちたらしい。
よっぽど疲れてるんだろうなぁ、カリスマ美容師のお兄様は。
叩き起こすのは簡単だけど、そこから修ちゃんの部屋に連れて行くのは大変。
実際に経験があるから、仕方なくそのままにしておくことにした。

『お疲れ様、修ちゃん。早く妹立ちして、可愛い彼女と子供作るんだよ~。』

聞こえていないだろうけれど、そっと念掛けをしておいた。
数時間後、帰宅したお母さんが私に抱きついたままソファーで眠る修ちゃんを見て、
呆れ顔で溜息を吐きつつ拳骨を繰り出したのは、言うまでもなかった。



End.
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と僕 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:2005字
君と僕が出会ったとき、僕の家の庭にはシオンが咲いていた。母が大事にしていた庭に亡くなった父がせっせと侵食するように植えたものだった。それは両親を亡くした僕にと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:独☆蟲 洋ゲー大好き侍 お題:闇の理由 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:699字
僕が生まれる丁度二年前くらいに、世界は闇に包まれた。 突如として太陽がその活動を終え地球にその暖かな光が差す事はもう、無い……。「神山君、申し訳無いね。折角非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:その辺のゴミクズ お題:弱い暴走 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:4959字
不思議な感覚だった。 泣いている私を、私が見ている。その涙の理由もわからないまま、私はそこに突っ立っている。私だとわかるのは、昔大事にしていたぬいぐるみをその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:797字
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:isi お題:オレだよオレ、水 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:7540字
さて、時折に不可思議なものというものは存在するものであり、誰がいつそれに当たるかは神のみぞ知るような事柄である。今日の天気は雨ではあったが、俺は自転車で登校し、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:とんでもない死 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:1061字
夜寝ている間に死んでいた私の気持ちを誰が分かるだろうか。変哲の無い1日の終わりに、私は命まで終わらせてしまった。本当に特別なにもしていない。死んでしまったことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒剣 お題:同性愛の小説 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:2124字
ちょっと(恋)愛のカタチについてのメモ。人間てのは複雑なもんで。恋をするんですね~~。 他の生物は恋愛するんでしょうか?脳ミソが勘違い、錯覚を起こしてって言う説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臈たし お題:日本式の天才 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:914字
オフィスから吐き出され帰途につく人々が道に流れをつくりはじめる夕暮れ時、フェルメール展の入り口で、高層ビルの脇をかすめて射す西陽を受け、妖艶なワインレッドのド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美紗 お題:黒い山 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:3951字
気持ちのいい風が吹いている。汗をぬぐった手を見下ろしていると、冷たい水を飲みたい欲求がますます高まる。「ももか、そっちはどう?終わりそう?」川を挟んだ向こう岸か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:灰色の惑星 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1377字
ぶつかってきた男の子は、灰色の目をしていた。目深に被っていたフードからちらりと見えたその目は苦しそうに歪んでいた。「おい、待て!」「くそ、ちょこまかと!!」男の 〈続きを読む〉

ほにゃら隊長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:984 人 文字数:2040字
「はぁ~。」時刻は、午後9時を回ったところ。住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:639 人 文字数:2823字
『濡れ鼠にご用心』大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。「風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:暑い凶器 制限時間:2時間 読者:703 人 文字数:1456字
「あづ~・・・・・」季節は夏、誰もが猛暑と呼ぶ時期。日差しという名の凶器を常に突きつけられ続け早十数分。この凶器はヤバイ、痛い、暑い。と、うなだれていてもどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:シンプルなブランド品 制限時間:2時間 読者:775 人 文字数:2855字
私は、知っている。あのお淑やかで物静かで控えめな美少女、霧咲純(きりさき じゅん)が、とある大企業の社長令嬢であること。しかし、彼女がブランド品らしいブランド品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:725 人 文字数:2432字
突然呼び出された10畳半のとある一室。俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。浩介「新年!明けました!!!」当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。なぜならば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:打算的な孤島 制限時間:2時間 読者:756 人 文字数:4295字
超高層ビルの最上階に位置する、とある女が居を構える、禁断の事務所。天空の孤島、探偵の隠れ家、隔離された牢獄・・・。いろんな人が、いろんな呼び方をするこの場所。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:彼の私 制限時間:2時間 読者:885 人 文字数:4469字
彼にとって、私は所詮、一介の一般人でしかないのだろう。そんな考えを持ってからというもの、私の中から、恋の芽が育つ肥沃な土が消えた。彼は近所に住むお兄さんで、いわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:神の神様 制限時間:2時間 読者:826 人 文字数:3796字
「ねぇ、知ってる?天界を治める神にも、神様がいたんだって。」それは、あまりにも唐突な話題だった。さらに言うなら、意味不明だった。『・・・・は?』俺は思わず、言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:741 人 文字数:1926字
「く、来るな!俺に触るな!!!」それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:黒い祖父 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:2時間 読者:707 人 文字数:2208字
俺の祖父さんは、いつも真っ黒な服を着ていた。最初は、全然気にならなかった。けど、和服も洋服も、なんでもかんでも真っ黒だったのが、最近になって不思議に思い始めた。 〈続きを読む〉