お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1014 人 文字数:1300字

僕っ娘なのか男の娘なのか
 俺は“あいつ”が嫌いだ。

「いい加減にしてくれないか?」
 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しばし微妙としか言い様の無い睨み合いを経て、やはり“あいつ”は笑った────俺はこの笑顔が一番嫌いだ。

「自分はみんなの味方、お友達」と言わんはかりの恩着せがましい笑い方。俺は知っている。



 この笑顔が、実は表面だけのもので在ること。まさに仮面、上っ面であること。



 言外に、喧しいくらい人好きを宣言しながら、実際には“あいつ”は下僕を増やしたいだけなのだ。周りは気付かない。知らず知らず“あいつ”の言いなりだってこと。

 いや、気付いていたってそれすら心地好く感じさせてしまっているんだろう。気持ち悪い。

 俺がそれを知ってしまったのは偶然だった。

 俺は元々“あいつ”から距離を取っていた。人気者の“あいつ”と比較的空気ではないが目立つ人間でもない俺ではまずクラスメートと言う以外で何の接点も無い。

 だから、遠くで感知してしまったのだ。

“あいつ”を取り巻く環境、“あいつ”を天として存在するヒエラルキーを。

 もし、感付いたのが俺だけだったならここで終わりだったし、俺は決してヒーローなんかではないから正義に反するなどと“あいつ”と奴隷を引き離すことだって有り得ない訳だし。俺だけだったなら。



 俺がわかってしまったと同時に、不運にも“あいつ”も悟ってしまった。

 俺は見た。あの瞬間、“あいつ”は笑ったのだ。いつもの囂しい程の善人笑いでなく、静かな人の悪い笑み。深淵の底を湛えるような瞳で、“あいつ”は確かに嗤ったのだ。



 これからは言わなくてもわかると思う。

“あいつ”は事在る毎に「やぁ」だの「よっ」だの俺に構うようになった。

 幸い、“あいつ”の周りの下僕や信者は躾が行き届いているらしく、俺が迫害を受けることは無かった……この辺も“あいつ”の不気味さを強調しているようだ。



「どーしてそんなこと言うのかな? 僕はきみと仲良くしたいだけなんだけど」
「気色悪いこと言うな。監視したいだけだろこの売女」
「失礼な。簡単に身売りなんかしないよ。みんな僕の肌なんか触らせなくたって言うこと聞いてくれるもの」
「この女王蜂。最低だな」
「そう? でも、みんな僕が好きで、別に私はお願いしているだけだよ?」
「お前とだけは仲良くなれない」
「えー? そんなこと言わないでよ。ね?」
「……失せろ」

 更に強く睨み付けると「怖ーい」とわざとらしく楽しそうに悲鳴を上げて“あいつ”は踵を返した。背を向けた“あいつ”に俺はそっと息を吐く。やっぱりあの笑顔は苦手だ。うるさ過ぎて叶わない。

 だがほっとしたのも束の間、“あいつ”は再び上半身だけをくるりと返し─────あの姦しい笑い顔でなく僅かに嘲りを含んだ微笑で呼吸するように言ちた。

 囁くような、小声で。離れたところから。けれどどこかから響く喧騒に紛れもせずはっきり、俺の耳に届いた。



「きみは、いずれぼくのものになるよ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ヒロセユキ お題:女の男の子 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:954字
この数多の犠牲の上に成り立つ平和をぶち壊したいと望む男がいた。灰色の瞳の男、都築は、世の仕組みが納得できなかった。だから、既存の枠組みを取っ払える、何か衝撃のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある蟻 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2086字
一度読んだ小説の内容を忘れたことがないのが、僕の小さな自慢の種ではあったわけだけれど、翻って自分の過去の出来事を思い起こそうとすると、それがどうにも曖昧なことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不和@サイコ お題:かゆくなる大学 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1928字
夏は嫌いだ。なぜなら、虫が活発化する季節だから。虫が嫌いだ。なぜなら、あのおぞましい見た目と何処にでも現れる神出鬼没なところが怖いからだ。大学が嫌いだ。なぜなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の天才 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1490字
古き時代、今から遥か昔に遡った古代の話。 かつてその時代に傾城や傾国などと呼ばれた美女たちが居た。彼女たちは、その美貌を利用して時の権力者すらも操り、政治に重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誰でもない誰か お題:苦しみの解散 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:815字
暗闇を飛ぶ金属の鳥たちが重々しい鳴き声を轟かせ、人々の頭上に死の贈り物。今夜は私の街が燃えた。響き渡る狂気の悲鳴は、今後二度と私の頭から消えることはないのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:恐ろしい税理士 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:3337字
その声は果たして、彼に届いたのだろうか。叫びながら私は落ちていく。誰にも見られずに、ただ淡々と、誰にも聞かれない悲鳴をあげ続けて井戸の中をただただ落ちていった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
目玉 ※未完
作者:しま@ダイエット垢 お題:誰かの瞳 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1299字
こんな夢を見た。背中のほうから目玉がふよふよ浮いてこちらを監視してくる。それは誰のものかはわからないが、確実に知っている人間のものである。家族、友人、恋人、同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:恋の能力者 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:3241字
「――ごめん、やっぱり好きな人がいるの」 わかっていた答えではあったが自身の足元から絶望感がぬめりと顔を出した。彼女は気まずそうに僕から顔を逸らしたが、やはりそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まっつーは裕二の部屋行きたい お題:昼の船 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1536字
神の息吹と呼ばれる吹雪は、波にとけ入る運命と知っても絶え間なく濁った空から落ちていった。私の口からはかれた言葉は白い吐息へと姿を変え、かじかむ指に触れてはかすか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:左の馬鹿 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1480字
同じクラスの左隣のあいつはいつも馬鹿みたいにヘラヘラ笑っている。気に食わない。まあ、ホントの所はそいつの能力よりも自分が劣っているからなのだろうが。それでもまだ 〈続きを読む〉

aza/あざの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:赤い14歳 制限時間:1時間 読者:901 人 文字数:1232字
酷い酩酊状態だったと思う。だが笑わざる得なかったのも一つだ。 何がお目出度いのかわからないが、ただ煙草を吸い酒を飲み、自我を崩落させるのは楽しかった。 理解な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1014 人 文字数:1300字
俺は“あいつ”が嫌いだ。「いい加減にしてくれないか?」 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1394 人 文字数:720字
それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。「どーなのよ」「何が」「俺らあと数分の命ですよ」「仕方ないな。それだけのことをした」「何それ、余裕ぶっこ 〈続きを読む〉