お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1006 人 文字数:1300字

僕っ娘なのか男の娘なのか
 俺は“あいつ”が嫌いだ。

「いい加減にしてくれないか?」
 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しばし微妙としか言い様の無い睨み合いを経て、やはり“あいつ”は笑った────俺はこの笑顔が一番嫌いだ。

「自分はみんなの味方、お友達」と言わんはかりの恩着せがましい笑い方。俺は知っている。



 この笑顔が、実は表面だけのもので在ること。まさに仮面、上っ面であること。



 言外に、喧しいくらい人好きを宣言しながら、実際には“あいつ”は下僕を増やしたいだけなのだ。周りは気付かない。知らず知らず“あいつ”の言いなりだってこと。

 いや、気付いていたってそれすら心地好く感じさせてしまっているんだろう。気持ち悪い。

 俺がそれを知ってしまったのは偶然だった。

 俺は元々“あいつ”から距離を取っていた。人気者の“あいつ”と比較的空気ではないが目立つ人間でもない俺ではまずクラスメートと言う以外で何の接点も無い。

 だから、遠くで感知してしまったのだ。

“あいつ”を取り巻く環境、“あいつ”を天として存在するヒエラルキーを。

 もし、感付いたのが俺だけだったならここで終わりだったし、俺は決してヒーローなんかではないから正義に反するなどと“あいつ”と奴隷を引き離すことだって有り得ない訳だし。俺だけだったなら。



 俺がわかってしまったと同時に、不運にも“あいつ”も悟ってしまった。

 俺は見た。あの瞬間、“あいつ”は笑ったのだ。いつもの囂しい程の善人笑いでなく、静かな人の悪い笑み。深淵の底を湛えるような瞳で、“あいつ”は確かに嗤ったのだ。



 これからは言わなくてもわかると思う。

“あいつ”は事在る毎に「やぁ」だの「よっ」だの俺に構うようになった。

 幸い、“あいつ”の周りの下僕や信者は躾が行き届いているらしく、俺が迫害を受けることは無かった……この辺も“あいつ”の不気味さを強調しているようだ。



「どーしてそんなこと言うのかな? 僕はきみと仲良くしたいだけなんだけど」
「気色悪いこと言うな。監視したいだけだろこの売女」
「失礼な。簡単に身売りなんかしないよ。みんな僕の肌なんか触らせなくたって言うこと聞いてくれるもの」
「この女王蜂。最低だな」
「そう? でも、みんな僕が好きで、別に私はお願いしているだけだよ?」
「お前とだけは仲良くなれない」
「えー? そんなこと言わないでよ。ね?」
「……失せろ」

 更に強く睨み付けると「怖ーい」とわざとらしく楽しそうに悲鳴を上げて“あいつ”は踵を返した。背を向けた“あいつ”に俺はそっと息を吐く。やっぱりあの笑顔は苦手だ。うるさ過ぎて叶わない。

 だがほっとしたのも束の間、“あいつ”は再び上半身だけをくるりと返し─────あの姦しい笑い顔でなく僅かに嘲りを含んだ微笑で呼吸するように言ちた。

 囁くような、小声で。離れたところから。けれどどこかから響く喧騒に紛れもせずはっきり、俺の耳に届いた。



「きみは、いずれぼくのものになるよ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:栄光の能力者 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1329字
世界には光と影がある。ただし、それをみつめる人の目は決して平等ではない。ゆえに無自覚に光の中へ飛び込んでゆくもので、影を踏み荒らしてしまうものだと師は説いた。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな失敗 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:33字
あつい。暑くて何もやる気がしない。どうしようもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:reon お題:ありきたりな部屋 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1294字
なんの変哲もない部屋だと思う。ベッドから身を起こして、辺りを見回して、浮かんだ感想はそれだった。一人用のベッドの正面に立つ安価な木製のテーブル。それを囲む四つの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦し紛れの冬 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:3326字
「ほ、ほら……雪だるま、とか?」 私は苦し紛れにそう答えた。 目前で私にお説教を続ける黄色い髪の女の子は、一層眉を吊り上げて私を叱責する。「そんなの『しもやけお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クド/北ティアI03 お題:朝の朝飯 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:516字
一歩進む度に、砂が擦れる音が足に纏わりついて、不思議な空気が広がっていることに気がついてしまい、だから自分はどうしてここにいるのだろう、違和感しか覚えず、気持ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私と投資 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2339字
私の名前は阿形仁明。東京府に置かれた特別高等警察第三課の警部に位置する、陛下の志の元活動するものの内の一人である。さて、今回こんな場を設けたのは他でもない。ひと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:朝の朝飯 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:310字
君は僕の作る朝ごはんが好きだった。だから僕はいつも早起きをした。準備が出来ると待ってましたと言わんばかりに君がとんでくる。席についた君があんまり丁寧に食べるも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の死 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1477字
"誰の心にも残らなくなったときこそ、本当の死である"とどこかで耳にしたことがある。全くもってその通りである、と僕は感じた。誰の心にも残らなくなったとき、すなわち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:せつない粉雪 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:3410字
見えない壁にぶつかったような感覚が僕の中に生まれた。時間も何もかもが足りない、そう思っている自分が確かにいるはずなのに、ここまで走ってきたようなその感覚は消えな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にがつなほ お題:凛とした駄作 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:2055字
ほくろがない、と先生は言った。「彼女を表現するには、ほくろがないと。ほら、この首の付根にあったんだ」 ここに、と、人さし指で自分のその辺りをトントンとした。「 〈続きを読む〉

aza/あざの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:赤い14歳 制限時間:1時間 読者:894 人 文字数:1232字
酷い酩酊状態だったと思う。だが笑わざる得なかったのも一つだ。 何がお目出度いのかわからないが、ただ煙草を吸い酒を飲み、自我を崩落させるのは楽しかった。 理解な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1006 人 文字数:1300字
俺は“あいつ”が嫌いだ。「いい加減にしてくれないか?」 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1383 人 文字数:720字
それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。「どーなのよ」「何が」「俺らあと数分の命ですよ」「仕方ないな。それだけのことをした」「何それ、余裕ぶっこ 〈続きを読む〉