お題:熱い味 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:636字

この世の理、それはすなわち――

「あなたが本当に私のことを愛しているのならカンタンでしょう。あの方との約束を破ることなんて」

美しい横顔を月のように傾けて、彼女は窓際で気持ちよさそうに夜空を仰いだ。

ちぎれた雲の隙間から夜風が舞い込むと、淡い栗色の髪が柔らかく宙に浮かんだ。

その流麗さはまるで名工による細緻な彫刻品のようであり、すっかり男の心を魅了していた。

「……神に逆らえば、山が怒り、大地が割れ、海が荒れます」

「さよう。だが、それがどうした。私はあの肉を口にしたいといっている」

「ですが神様はあの羊に深く寵愛を与えていらっしゃる」

「だからこそ、私は求める。蹂躙したいのよ、神の秘匿する肉の味を」

「どうやら、あなたさまは悪く酔っていらっしゃる」

「あなたがやらないというのなら、もう私は口をきくつもりはない」

「それはご無体な」

男がうろたえると、女がすっと横目を流した。

「でも、あなたが羊を奪い、暗闇に紛れて屠殺し、その肉を鉄に乗せ、あらんかぎりの火を持って、私の舌に最高の状態で堪能させてくれるというのなら、今度は私が肉の脂ようになってあなたの隆々とした筋骨を籠絡してみせましょう」

「……」

石床に視線を落とし、男は黙り込んだ。

新調したばかりの石はいつのまにやら傷やら汚れを纏っている。

男と神は親友だった。

神の悲しむ姿はみたくはない。

だが、そうして懊悩する様子に、女は口の端をほころばせて笑みを浮かべた。

そして男は走って行った。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:熱い味 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:528字
ある地獄に落とされた作家に命じられた刑罰は、火の味を描写せよというものだった。「火の味ですって?」「そのとおり」 作家は呆れ混じりに微笑んだ。机前の椅子に縛り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
銀世界と湯気 ※未完
作者:匿名さん お題:熱い味 制限時間:15分 読者:240 人 文字数:789字
顔に雪が叩き付けられて痛い。分厚い生地のコートの襟をつかみその痛みから逃れようとするも、根本的に長さが足りない。あたりを見渡してみるも、一面雪景色。真っ白な平面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ものらるの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:希望の表情 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:811字
はじめてうそをついたのは初めてのおつかいだった。「どっかでおかね落としちゃった」当時ハヤっていたお菓子の玩具がどうしても欲しかった。すぐに母親は怒った。それから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:彼女と熱帯魚 必須要素:TOEIC 制限時間:15分 読者:216 人 文字数:943字
風を捕まえたいなんて本気で思っていた。雲は空に浮かべるのに人はその上に立つことができないと知ったのは小学校に入った頃だったか。当時は今の高層マンションと違う雑居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:黄金の小説家 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:507字
男は筆を進めていた。あくる日も飽きもせず、ただひたすらに熱中した。常に白紙の書物を携帯していた。外に出かける時はもちろん、寝床や厠にでさえ持ち運んでいた。なにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:熱い味 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:636字
「あなたが本当に私のことを愛しているのならカンタンでしょう。あの方との約束を破ることなんて」美しい横顔を月のように傾けて、彼女は窓際で気持ちよさそうに夜空を仰い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:禁断の克服 制限時間:15分 読者:246 人 文字数:630字
世界には二種類の人間しかいない。受け入れる者と、受け入れない者だ。ぼくは子供をかばって、車に轢かれた。代償に片腕の自由を失った。しかも、それは利き腕だ。日常生活 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:記憶の踊り 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:239 人 文字数:882字
たまらなく人の言葉がわずらわしくなる時期があった。その時、ぼくは一人で京都に訪れていた。どうしても哲学の道を歩きたかったからだ。たった一人で旅をして、いろんなし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:奇妙な罪人 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:918字
いつからか化け物が纏わりつくようになっていた。伝記に描かれているような虎とも獅子ともいえない白い猛獣。どうやら普通の人には見えないらしく、迷惑きわまりないことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:僕と動揺 制限時間:15分 読者:233 人 文字数:691字
ぼくはすっかり引きこもっていた。どうしてみんなは悪口をやめないんだろう。だれもが色んな噂に興味を持って、あちらこちらへと耳を忙しく傾けている。それが相手の弱みだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:ロシア式のダンス 必須要素:アメリカ 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:783字
見慣れない猫だった。皮膚は虎のような模様をしていて、妙に鋭く引き締まった身体をしている。野良猫にしては気品が高く、かといって飼い猫としての首輪をしているわけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:寒い広告 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:1035字
親はいつも勝手だ。暇さえあれば口を酸っぱくして勉強をしろという。そのくせ、いざ勉強を始めると、無遠慮に部屋に入ってきてテレビの話をしたりして邪魔を始める。まるで 〈続きを読む〉