お題:熱い味 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:789字
[削除]

銀世界と湯気 ※未完
顔に雪が叩き付けられて痛い。
分厚い生地のコートの襟をつかみその痛みから逃れようとするも、根本的に長さが足りない。
あたりを見渡してみるも、一面雪景色。
真っ白な平面から少し黒々とした木がのぞく以外は、何の目印もないだだっぴろい銀世界だ。
私はかじかむ手に息を吹きかけながらなおもあたりを見渡した。
見知らぬ雪国で一人道に迷って途方に暮れていたが、目的は果たさなければならない。
薄い手袋に包まれた左手に握っている大きなカバン。
その中にはある人に見せるために持ってきた、大切な書類が入っている。
「あの人を探さねば……」
自分に言い聞かせるようにそうつぶやくも、吹雪の強風にかき消され言ったのか言わなかったのかもわからない始末だった。

寒さに固まる脚に鞭打ち歩きながら、私はここ一年のことを振り返っていた。
前々から捨てられなかった文筆業の夢に飛び込んでみたものの、自分で思う以上に現実は厳しかった。
納得のいく作品がいくつかつくれたものの、それが読み手を得られる状況になかった現状。
悔しかった。
その状況を打開するために、少ないつてを頼ってこの北国に来たはいいものの、目的のあの人に会うのにこんなに大変な思いをさせられるとは思ってもいなかった。

背後で何かの気配があるのに気づき、私は慌てて振り返った。
するとそこには雪に埋もれた人が、たったいま起き上がった、というような状況で銀世界の中に足を投げ出し座り込んでいた。
起き上がった上半身だけが、雪の覆いから逃れ姿を現している。
頭まですっぽりスキーウエアで覆い、座ったまま、どこか遠くを見ているひとりの男性。
「あ、あの……」
私が声をかけると、うつろな男性の目がこちらを見た。
寒さに真っ赤に染まった顔。
私は驚きと戸惑いでそれ以上声が出せなかった。
すると男性が、
「ああ、もしかして今日来るって言ってた……」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:熱い味 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:528字
ある地獄に落とされた作家に命じられた刑罰は、火の味を描写せよというものだった。「火の味ですって?」「そのとおり」 作家は呆れ混じりに微笑んだ。机前の椅子に縛り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:熱い味 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:636字
「あなたが本当に私のことを愛しているのならカンタンでしょう。あの方との約束を破ることなんて」美しい横顔を月のように傾けて、彼女は窓際で気持ちよさそうに夜空を仰い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小泉 毬藻 お題:記録にないセリフ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:391字
先生はボイスレコーダーを再生する。確かに流れてくるのは自分の声なのだが、話の内容を全く覚えていない。「本当に覚えてないんですか?」何度も聞かれたが覚えていない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1033字
夜、そっと夫の寝室を確認すると、無事に死んでいた。私は部屋には入らないままで、ほっと息をついた。家に帰るといつも生きているふりをする夫だから、ひょっとして生き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ昆布 お題:純粋な高給取り 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:882字
位の高い人だからと窓際に移動させられて2日。「……」 社内メール閲覧と、ネットサーフィンをし続けるのもだんだんと飽きてきた。学生自体とやることが変わらない状態 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:サイバシ お題:平和と裏切り 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:670字
「裏切ったな! お前は、俺達を裏切ったんだ!」「許せ勇者……言い訳はしない」戦争があった。人と人とではなく。人と魔による、それぞれの種の存亡を懸けた戦争が。古の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:女の蕎麦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:435字
蕎麦を打て!祖父からの遺言である。祖父、父、そして私と、このひなびた蕎麦屋を続けるか否か。三代目の士気の見せ所であった。が。はっきりいって、それほど蕎麦に興味が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:小説家のパラダイス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:732字
(#81) 書ける……書けるぞ! 指が滑らかに動き続けている。自分の脳内で創り出された映像が的確に文字として出力され続けている。それも自動的に。 であるから、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:綺麗な沈黙 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:147字
シリアス君は私にいった世界は危険だ、気をつけたまえユーモラス君は私にいった世界は最高だ、もっと楽しめシリアス君はユーモラス君にいったもっと危機感もてよユーモラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:臆病な同性愛 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:382字
携帯電話のメッセージの履歴を見る。彼女から、何件ものメッセージが来ていた。心がぎゅうと締め付けられた。わたしとあの子が仲良くなったのは、学校で同じクラスになっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:かゆくなる消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:592字
走り出した。ビチャビチャと海水で服が濡れて重くなっていく。果てもないような地平線でかつて彼女が海岸で笑っていた。今では、ただの海でしかない。ここからずっと行けば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の博物館 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:494字
小さな頃から通っていた、大事な大事な思い出の場所。 最初は両親と一緒に行った。 初めて来た場所、初めて見る物に興奮が冷めなかったのをよく覚えている。 子供の時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神の喜劇 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:312字
こと、とチェス盤に駒が置かれた。それを見ていた男がふーと息を吐いた。「また、手に詰まった」「ふふふ、じゃあまた交換条件が発動かい?」 交換条件。それは互いに手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛犬の最後 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの尿 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:592字
大島良彦は四十年勤務した会社を三月に定年退職した。再雇用で六十五歳まで働くこともできたのだが、ひとまず区切りをつけて自由な身になりたいと考えたのだ。やりたいこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京の探偵 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1254字
「ここで僕の推理、聞いてくれませんか?」部屋の真ん中辺りを歩きながら探偵はにっこりと笑う。その推理は確実で、忠実で、繊細。だからこそその答えが導かれる。皆は彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と僕 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:2005字
君と僕が出会ったとき、僕の家の庭にはシオンが咲いていた。母が大事にしていた庭に亡くなった父がせっせと侵食するように植えたものだった。それは両親を亡くした僕にと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:893字
ああ美しい。私は今日もあの方の虜である。彼はそこら辺の男たちとは見た目が段違いで、声だっていい。性格も優しくて、頭もいい。売れっ子アイドルであるから、私だけの彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の経歴 必須要素:人間使用不可 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:564字
皆は知っているだろうか?人は経歴によって全てが終わってしまう事を。そして今、僕もこの経歴によって人間使用不可という罪を課せられる。ひどい話だ。僕の頭に被せられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:マンネリな川 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1373字
あるところに川がありました見た目はごく普通だけど、実はこの川の中には肉食な魚がたくさんいるらしい少し濁っていてどのくらいの深さなのかは見当もつかないそんな川に散 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
東京地下洞窟 ※未完
作者:匿名さん お題:東京洞窟 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:260字
東京地下洞窟を知っているか?張り巡らされた地下鉄トンネルよりも遙か下に、ぽっかりと空いた大穴だ。まさに空虚としか言いようのない、黒インクのように暗い穴の淵に立つ 〈続きを読む〉