お題:熱い味 制限時間:15分 読者:246 人 文字数:789字
[削除]

銀世界と湯気 ※未完
顔に雪が叩き付けられて痛い。
分厚い生地のコートの襟をつかみその痛みから逃れようとするも、根本的に長さが足りない。
あたりを見渡してみるも、一面雪景色。
真っ白な平面から少し黒々とした木がのぞく以外は、何の目印もないだだっぴろい銀世界だ。
私はかじかむ手に息を吹きかけながらなおもあたりを見渡した。
見知らぬ雪国で一人道に迷って途方に暮れていたが、目的は果たさなければならない。
薄い手袋に包まれた左手に握っている大きなカバン。
その中にはある人に見せるために持ってきた、大切な書類が入っている。
「あの人を探さねば……」
自分に言い聞かせるようにそうつぶやくも、吹雪の強風にかき消され言ったのか言わなかったのかもわからない始末だった。

寒さに固まる脚に鞭打ち歩きながら、私はここ一年のことを振り返っていた。
前々から捨てられなかった文筆業の夢に飛び込んでみたものの、自分で思う以上に現実は厳しかった。
納得のいく作品がいくつかつくれたものの、それが読み手を得られる状況になかった現状。
悔しかった。
その状況を打開するために、少ないつてを頼ってこの北国に来たはいいものの、目的のあの人に会うのにこんなに大変な思いをさせられるとは思ってもいなかった。

背後で何かの気配があるのに気づき、私は慌てて振り返った。
するとそこには雪に埋もれた人が、たったいま起き上がった、というような状況で銀世界の中に足を投げ出し座り込んでいた。
起き上がった上半身だけが、雪の覆いから逃れ姿を現している。
頭まですっぽりスキーウエアで覆い、座ったまま、どこか遠くを見ているひとりの男性。
「あ、あの……」
私が声をかけると、うつろな男性の目がこちらを見た。
寒さに真っ赤に染まった顔。
私は驚きと戸惑いでそれ以上声が出せなかった。
すると男性が、
「ああ、もしかして今日来るって言ってた……」
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者: お題:熱い味 制限時間:15分 読者:324 人 文字数:528字
ある地獄に落とされた作家に命じられた刑罰は、火の味を描写せよというものだった。「火の味ですって?」「そのとおり」 作家は呆れ混じりに微笑んだ。机前の椅子に縛り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ものらる お題:熱い味 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:636字
「あなたが本当に私のことを愛しているのならカンタンでしょう。あの方との約束を破ることなんて」美しい横顔を月のように傾けて、彼女は窓際で気持ちよさそうに夜空を仰い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:君の豪雪 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:433字
雪。いつも見ているはずの雪。なのに。雪を、こんなにも強く感じるなんて。北国生まれ、北国育ちの俺にとって、雪は当たり前のようなものだ。言わば、なくてはならない水や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:君と絵画 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:757字
もうどれくらい経っただろうか。君とこの地へ逃げてから。いや、逃げてきたのではない。希望して、期待してこの地に辿り着いたのだ。この青い空に、この白く大きな雲に、そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李はそこそこ歩いてる。 お題:純白の螺旋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:784字
螺旋階段の魅力にはまった親が作ったのは、螺旋階段を主軸にしたデザインハウス。階段のまわりにぐるぐると部屋が分かれてるから非常に効率が悪い。 真ん中にエレベータ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=脱衣拳 お題:猫の孤独 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1222字
いつの時代も、猫を主役にした物語は多い。なぜであろうか。おそらく、人間は自由気ままにあちこち動く猫が羨ましいのだろう。自由ではない人間が、自由である猫に敬意を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:寒い人間 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1047字
私は、”冷血動物”とあだ名されているが、ことさら人に冷たくしているつもりはない。 ただ、他人に熱が、興味が無いだけである。 「先輩、昼飯、一緒に食いに行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うへへ、成功 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:976字
「ただいま!」 勢いよく扉が開く音に思わず私は目を覚ます。炬燵の天板から顔を上げると、うきうき顔の早紀がコートをハンガーに掛けていた。どうやら私の知らぬ間に外に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:水多 お題:俺と絵画 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:849字
その絵画と初めて出会ったのは、去年の夏休みののとだ。 気恥しいからやめろという俺の手を、無理やりひっぱる親父につれられて行った、フリーマーケット。 その片隅に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:オチは姉妹 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:300字
白浜に引き出された男は来たる時を待っていた。白装束に身を包み、読み上げられる書状。「罪状。人魚の血を飲んだと触れ回り、数多の人々から金品を詐取したこと。これによ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:535字
やってしまった‥‥。鋭い刃に着いた血液は、俺がしてしまったことの重大さを物語っていた。あたり一帯に鉄の匂いが漂い、薄暗い空気の中で、俺はただ呆然と目の前のそれを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った殺し屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:507字
僕は人を殺したことがない。 僕は善良な一般市民だ。法律で裁かれたことがないという点では。普通の家庭で、普通の大学に入って、普通に就活をした。 僕は、殺し屋だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと食卓 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:653字
「どうしたんだい?食べないのかい?」隣の席のうしくんが微笑みながら言う。えずくのを抑えながら、どうにも食欲がわかなくってね、絞り出す。向かいのとりさんの皿には、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お運び祭り ※未完
作者:匿名さん お題:ありきたりな男祭り! 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:392字
筋肉と筋肉がぶつかり合い、迸る汗が宙を舞って陽光を反射する。「わぁっしょい!」「わっしょい!」と音頭に合わせて気勢を上げるのは半裸の男達だ。 鍛え上げた筋肉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:でかい病気 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:495字
この病気は、全部あいつのせい。誰が何と言おうと、絶対に私は悪くない。身体中が熱いのも、甘い妄想で頭が破裂しそうなのも、こんなに胸がジクジクするのも、その胸をかき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
憎しみの私 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな私 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:501字
わたしの嫌いな私。そんなもの数えきれないほどある。声の小さな私。おどおどした私。見た目の気持ち悪い私。とにかくいっぱいいる。私はちょっと嫌なことがあった時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:うるさいギャグ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:462字
おかんは湯を沸かしていた。てきぱき皿を洗ってると思ったらお気に入りのジュリーを流しながらバランスボールだ。万年変わらないその体型の何を変えようと言うのだろうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:永遠の小説 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:506字
その部屋の主はいつも本を読んでいる。 学校の教室ほどの広さのその部屋は、壁一面が本棚で覆われ、陽の光が入ってくる場所もない。背表紙が焼けないから好都合だよ、と 〈続きを読む〉