お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:1007字

物思いの省略 ※未完
 

 電車を降りる時、いつも、何かの境界線を跨ぐような気持ちになる。
 コンクリートのホームと車両の隙間から僅かに覗く薄暗い闇。眼下には、埃と雨に汚れたスポーツドリンクの空き缶や、コンビニエンスストアーの白いビニール袋や、何日も前の新聞や、週刊誌が、無言で転がっている。褐色の砂利とレール。もしここで靴か何かを落としたら、それがレールの下に入ってしまったら、と考える。電車を止める気にはなれないだろう。たかだか、ちっぽけなサラリーマンである自分の、たった一足の靴、値段換算すれば2500円くらいかな、そんなもののために、何万人という人々から五分ずつ時間を頂戴するなんて、考えただけでも末恐ろしい。集めた時間を時給換算したら、僕はいったい幾ら払わなきゃいけないんだろうな? 拾えなかった靴は、電車が動き出すなり、レールと車輪の間に挟まれて粉々に粉砕されるんだろうな。ちょっと気分が良いかもしれない。ただ、靴が片っ方だけじゃあ、恥ずかしくて出社できないし、営業回りもできないし、靴を買うために寄り道しなけりゃいけない。遅刻確定だ。恐ろしい。やっぱり電車とホームの間は境界線だ、平和ないつもどおりの一日と、恐ろしく不穏な一日との間の。

 と、およそ2秒の間にそんなことを考えて、彼は歩き出した。
 人の流れに乗って、泳ぐように階段を降りながら、指を添えた銀色の手すりについて考える。階段を三歩降りたところで次の電車が到着し、次の人波がどっと階段に押し寄せてきた。慌てて手すりを強く握りしめ、それでいて速度は緩めずに、階段を下る。はたしてこの手すりに、一日で、いったい何人の手が触れるのか、いったい何人分の皮脂と指紋が残され、そして上書きされていくのか。自分の一歩前で手すりを握っている細い首筋の女性、彼女の体温に一歩遅れて追いつき、そしてそれがすぐさま、別の他人に上書きされていくということ。発車ベルがひっきりなしに鳴り響くが、彼も、彼の前にいる女性も、彼の後ろにいる太った中間管理職の男性も、イヤホンで耳をふさいでいるので、それは幻聴のようにしか聞こえない。

 と、およそ5秒のあいだにそんな物思いにふけって、彼は連絡通路に降り立った。


……中略……


 彼はやっと、会社のドアをくぐった。



東京の任務とは、それらおも





メモ:背景描写重点、ストーリー排除、
東京の任務、立ち止まらないこと
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:カラシ@進展なし お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:474字
東京に行くのは初めての事だったが、何回か行ったことのある同僚が言うには派遣される場所は他の任務地と同じで結構な田舎ということだった。 地方任務との違いは何かあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:923字
地図を片手に、東京の街を歩いていた。 確か新宿という駅なのだが、正直ここがどういうところなのかわからない。 人混みで正直駅の中がよく見えない。 やっと、外に出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茶@出涸らし お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:1041字
「なんや、東京での仕事なんか?」長い黒髪に口元にある黒子が印象的な男は目の前の男の言葉に首を傾げた。「そうなんだよ。本来ならしずちゃんが行くべき仕事らしいけど、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の税理士 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:863字
西暦22××年現在、紙の書籍は全く割にあわない過去の遺物と化している。正規のルートで出版し売れたとすると、その売上利益にかかる所得税が電子書籍の数倍にも及ぶのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:811字
夜。仕事で疲れた私は電車に揺られていた。終電なので人は少ない。窓には痩せこけた顔が映る。あまりに老けて見えたので、思わず自分の年齢が飛んでしまった。俺は二十七歳 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:汚い蟻 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1062字
蟻が群がる理由は餌を求めたり、巣を作るためである。 鉄壁と呼ばれる鉄蟻の巣が硬いのは、溶接蟻と、運搬蟻の強さといえよう。「……我々にもあの技術があれば戦えると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い沈黙 ※未完
作者:匿名さん お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:648字
ふらっと立ち寄った誰かの個展で、なんとなく気になった絵があった。 名も知らない誰かさんの書いた、何の変哲もない絵。 一面の田舎道の中に、ただ一輪ひまわりのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
SILENCE ※未完
作者:辛ぇなぁ 富士口勇生 お題:黄色い沈黙 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:569字
目が覚めて真っ先に目に飛び込んできたのは黄色いペンキらしきもので書かれた「SILENCE」という文字だった。英語には自信がないがおそらく「沈黙」という意味だろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月海の魔導師 お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:638字
前回のお題も入ってます「ねぇあんたどうすんの?」そんな声が暗い部屋の中で聞こえていた。俺がそっちを見るとパソコンの光でかろうじて顔が確認できた。「んー向こうが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:形成れい お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉

風野 湊の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:ぐふふ、虫 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:866字
教室の後ろ側はちょっとした密林になっていた。 もしかしたら、一般的な小学校の教室風景とは若干違うのかもしれない。なにせ僕は別の小学校に通った経験がないから自信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
物思いの省略 ※未完
作者:風野 湊 お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:1007字
電車を降りる時、いつも、何かの境界線を跨ぐような気持ちになる。 コンクリートのホームと車両の隙間から僅かに覗く薄暗い闇。眼下には、埃と雨に汚れたスポーツドリン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:409 人 文字数:1073字
さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?……なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:オレだよオレ、太陽 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:503字
故郷から糸電話を引っ張り続けて、もう何万キロメートルになるだろう。 僕の故郷である美しい蒼い星と、僕との間には、ぴんと張った一筋の糸が白々と伸びている。宇宙空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:苦し紛れのブランド品 制限時間:15分 読者:279 人 文字数:558字
なんてこった。飛行機の予約を間違えた。 男は自分の商売道具だけ持って、空港で茫然と立ち尽くしていた。 南イタリアの田舎町から、もっと商売がしやすそうなアジアあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:256 人 文字数:1381字
吐息が雲に変わるという、そんな意味不明の薬を完成させたと聞いて、久しぶりに先生の研究室を訪ねてみたのです。 まだ馬鹿な研究をやっているんですって、と、笑いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:鋭い略奪 制限時間:15分 読者:275 人 文字数:763字
あまりに細く鋭利な刃で傷付けられると、身体は痛みに気付けないのだそうだ。傷口は視認できない。しかし、それでもしっかりと、組織は傷つけられている。やがて、血液が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:遅い靴 制限時間:15分 読者:280 人 文字数:978字
「これ、呪いの靴な。履いたら絶対に転ぶし、重いからスピードも出ない。靴紐もすぐに解ける。これを履いて出れば、絶対に、断言してやるけど、紀伊やんが一位を取ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:危ない恋人 制限時間:15分 読者:298 人 文字数:709字
アブナイ男しか好きになれない。 そう説明すると、知り合って間もない大体の人間は「ははん」という顔をする。そして言う、なるほどねぇ、振り回されるのが好きなんだね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:早い克服 制限時間:15分 読者:405 人 文字数:980字
この世界が不幸なのは、誰も彼もがスピードと効率を求めるからだ、間違いない。 通勤快速に詰め込まれたサラリーマンはある朝そう直感し、それが人生の心理であると結論 〈続きを読む〉