お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:1073字

腐葉土の都市伝説 ※未完
 

さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。
村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?
……なんだい、二人しかいないのかい。つまらんねえ、説教しがいがない。
おい、そこの二人、これからは絶対に大クヌギに近づくんじゃないよ。

なんでだって? それを話してやるために来たんじゃないか。
お前たちが怖がったら可哀そうだからって、大人たちは今まで黙ってたんだろうけど、私はそんなに優しい人間じゃないからね。

ま、そこの二人は知ってるだろうが、大クヌギの傍は風の通りが悪いうえに、葉っぱをざんざかざんざか降らせる木しか生えていないんだ。あの辺は、秋になると、落ち葉がすさまじいんだよ。全く何も見えないくらい、あらゆるものが埋もれてしまう。どれくらいかって? 大人一人がすっぽり埋もれてしまうくらいかねえ。
なんだい、……信じてないな? 
まあいい、お聴き。

私の爺さんが子供だった頃のことだ。
秋の盛り、この辺の山が真っ赤に染まるころ、赤トンボが群れを為して飛ぶ頃、村人が一人、いなくなっちまった。
そいつは森の奥が、特に大クヌギが好きでな、いつもその辺で遊んでる子供だった。薪や茸もちゃんと取ってくるから、村人たちは、そいつが森で遊んで収穫作業をちょっとばかりサボっても、許してやってた。良いやつだったんだよ、その子供はね。みんながその子を好きだった。
だけども、帰ってこなくなっちまった。
みんながその子を探したよ。爺さんも、秋の満月を頼りに、真夜中の森を歩き回って、声が枯れるまでその子を呼んだそうだ。だけど、見つからなかった。その子の持ち物も、痕跡も、なーんにもね。
おかしな話なんだ。森を人が通れば、そりゃあよーく分かる跡が残る。それは皆も分かってるだろう?

………ん。それでどうしたって。
ま、その子は帰って来なかったよ。やがて冬が来て、山は雪に閉ざされて、みんなその子のことを諦めた。
ところが、爺さんはその子を見つけたんだよ。
春になって、森の雪が解けて、土が雪解け水で黒々と輝く季節、爺さんはまた大クヌギまで出かけた。
降り積もった落ち葉が、雪をひとしきり吸い込んで、柔らかくほどけて、土に変わっていこうとしていた。一足ごとに、地面はきゅっきゅっと鳴って、爺さんの足はやわらかく沈んだ。

爺さんは大クヌギを見上げて、その子のことを考えていた。
そしたらな、足元の地面が喋ったそうだy







描写練習「会話文、伝聞」
 
・海と水死体
・土くれ

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:負傷兵シモン お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:312 人 文字数:915字
ボクは身体がとても硬い。だから毎年ある身体測定は非常に苦痛だ。前屈をするとき、測定値は決まってマイナス。それもかなり大きな数字で。だから、クラスのみんなからい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:村崎トーワ@二宮飛鳥を聞いてくれ お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:836字
「えー、そんなことないよー。」私の前に座り、ココアを両手で持つ彼女はそういってぼんやりと笑った。いつものあざとい笑みだったが、今の私にはその笑みが妙に可愛く思え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ミリタリ彼女 ※未完
作者:きなこもち お題:彼女と撃沈 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:421字
「だからこの式を解けば82になるだろ」 「82…バレットM82…」 「いい加減に頭からミリタリー関係は忘れろ」 「疲れていると頭が働かないであります…休憩にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下上右左 お題:アブノーマルな火 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:757字
「なあ、ほんとにやるのか?」岩肌の山の斜面に座り込んだまま、僕は渋い表情を隠そうともせず聞いた。「当然、そのためにここに来た」僕を見下ろしながら、ヘルメットやら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hunter R. お題:賢いうどん 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:378字
その店は、僕の最寄り駅の一つ先にあった。会社の送別会の帰り道、しこたま酔っ払った僕が気づいたときにはもう遅く、乗り過ごしてしまったのだ。まぁ歩いて帰ろうか、そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
海亀の動き ※未完
作者:Hunter R. お題:近い光景 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:297字
昨日の夜十時に布団に入ってから、もう二十時間が経っていた。携帯で、ショスタコーヴィチの交響曲第5番を、三回も聞いている。天井から目を外し、布団の横を見ると、中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:神のデザイナー 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1017字
堀川シンという男は、木彫りの「守り神」を売って生計を立てている彫刻家だ。 彼の作る「守り神」は依頼人ごとのオーダーメイドで、製作には一か月ほどかかる。「削り出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怪盗の血 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:許せない足 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1112字
「うぅ……」 朝起きると、腰に痛みを感じる。 寝相の悪さは数年一緒に暮らしてても改善されるわけでもなく、「縛ったはずなのに……」 眠ったことを確認して縄で綺麗に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki=就寝=Hara お題:ラストは検察官 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:598字
最近、家に色々な客がくる。はじめに来たのは私の恋人だった。私の住所は教えていないにも関わらず、彼女はやってきた。私は、家のものに許可なく触れないよう念を押して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とうこ@アナコン西3カ24b お題:苦い冬 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:885字
いきなりだけど僕は冬が嫌いだ。みんなどうしてこの冬という季節を愛せるのだろうか。寒いのなんてありえない。温暖な気候にいながらどうしてこんな身の凍る地獄を味わわな 〈続きを読む〉

風野 湊の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:ぐふふ、虫 制限時間:15分 読者:253 人 文字数:866字
教室の後ろ側はちょっとした密林になっていた。 もしかしたら、一般的な小学校の教室風景とは若干違うのかもしれない。なにせ僕は別の小学校に通った経験がないから自信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
物思いの省略 ※未完
作者:風野 湊 お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:263 人 文字数:1007字
電車を降りる時、いつも、何かの境界線を跨ぐような気持ちになる。 コンクリートのホームと車両の隙間から僅かに覗く薄暗い闇。眼下には、埃と雨に汚れたスポーツドリン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:1073字
さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?……なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:オレだよオレ、太陽 制限時間:15分 読者:271 人 文字数:503字
故郷から糸電話を引っ張り続けて、もう何万キロメートルになるだろう。 僕の故郷である美しい蒼い星と、僕との間には、ぴんと張った一筋の糸が白々と伸びている。宇宙空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:苦し紛れのブランド品 制限時間:15分 読者:247 人 文字数:558字
なんてこった。飛行機の予約を間違えた。 男は自分の商売道具だけ持って、空港で茫然と立ち尽くしていた。 南イタリアの田舎町から、もっと商売がしやすそうなアジアあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:1381字
吐息が雲に変わるという、そんな意味不明の薬を完成させたと聞いて、久しぶりに先生の研究室を訪ねてみたのです。 まだ馬鹿な研究をやっているんですって、と、笑いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:鋭い略奪 制限時間:15分 読者:252 人 文字数:763字
あまりに細く鋭利な刃で傷付けられると、身体は痛みに気付けないのだそうだ。傷口は視認できない。しかし、それでもしっかりと、組織は傷つけられている。やがて、血液が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:遅い靴 制限時間:15分 読者:249 人 文字数:978字
「これ、呪いの靴な。履いたら絶対に転ぶし、重いからスピードも出ない。靴紐もすぐに解ける。これを履いて出れば、絶対に、断言してやるけど、紀伊やんが一位を取ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:危ない恋人 制限時間:15分 読者:280 人 文字数:709字
アブナイ男しか好きになれない。 そう説明すると、知り合って間もない大体の人間は「ははん」という顔をする。そして言う、なるほどねぇ、振り回されるのが好きなんだね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:早い克服 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:980字
この世界が不幸なのは、誰も彼もがスピードと効率を求めるからだ、間違いない。 通勤快速に詰め込まれたサラリーマンはある朝そう直感し、それが人生の心理であると結論 〈続きを読む〉