お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:1073字

腐葉土の都市伝説 ※未完
 

さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。
村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?
……なんだい、二人しかいないのかい。つまらんねえ、説教しがいがない。
おい、そこの二人、これからは絶対に大クヌギに近づくんじゃないよ。

なんでだって? それを話してやるために来たんじゃないか。
お前たちが怖がったら可哀そうだからって、大人たちは今まで黙ってたんだろうけど、私はそんなに優しい人間じゃないからね。

ま、そこの二人は知ってるだろうが、大クヌギの傍は風の通りが悪いうえに、葉っぱをざんざかざんざか降らせる木しか生えていないんだ。あの辺は、秋になると、落ち葉がすさまじいんだよ。全く何も見えないくらい、あらゆるものが埋もれてしまう。どれくらいかって? 大人一人がすっぽり埋もれてしまうくらいかねえ。
なんだい、……信じてないな? 
まあいい、お聴き。

私の爺さんが子供だった頃のことだ。
秋の盛り、この辺の山が真っ赤に染まるころ、赤トンボが群れを為して飛ぶ頃、村人が一人、いなくなっちまった。
そいつは森の奥が、特に大クヌギが好きでな、いつもその辺で遊んでる子供だった。薪や茸もちゃんと取ってくるから、村人たちは、そいつが森で遊んで収穫作業をちょっとばかりサボっても、許してやってた。良いやつだったんだよ、その子供はね。みんながその子を好きだった。
だけども、帰ってこなくなっちまった。
みんながその子を探したよ。爺さんも、秋の満月を頼りに、真夜中の森を歩き回って、声が枯れるまでその子を呼んだそうだ。だけど、見つからなかった。その子の持ち物も、痕跡も、なーんにもね。
おかしな話なんだ。森を人が通れば、そりゃあよーく分かる跡が残る。それは皆も分かってるだろう?

………ん。それでどうしたって。
ま、その子は帰って来なかったよ。やがて冬が来て、山は雪に閉ざされて、みんなその子のことを諦めた。
ところが、爺さんはその子を見つけたんだよ。
春になって、森の雪が解けて、土が雪解け水で黒々と輝く季節、爺さんはまた大クヌギまで出かけた。
降り積もった落ち葉が、雪をひとしきり吸い込んで、柔らかくほどけて、土に変わっていこうとしていた。一足ごとに、地面はきゅっきゅっと鳴って、爺さんの足はやわらかく沈んだ。

爺さんは大クヌギを見上げて、その子のことを考えていた。
そしたらな、足元の地面が喋ったそうだy







描写練習「会話文、伝聞」
 
・海と水死体
・土くれ

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:負傷兵シモン お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:373 人 文字数:915字
ボクは身体がとても硬い。だから毎年ある身体測定は非常に苦痛だ。前屈をするとき、測定値は決まってマイナス。それもかなり大きな数字で。だから、クラスのみんなからい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:村崎トーワ@二宮飛鳥を聞いてくれ お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:240 人 文字数:836字
「えー、そんなことないよー。」私の前に座り、ココアを両手で持つ彼女はそういってぼんやりと笑った。いつものあざとい笑みだったが、今の私にはその笑みが妙に可愛く思え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:かたい運命 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1195字
「将来なりたいものはあるか」暇そうにウェーブのかかった髪を指先で弄りながら、生徒会長の彼女はこちらに質問を投げかけてきた。「べつに、適当にサラリーマンになります 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:群馬の経歴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1088字
「田舎者」と呼ばれる人生が嫌であった。「群馬で広大な畑を有する主要農家の長男」に生まれてしまった自分の人生において、この二つ名である「田舎者」と出会ったのは高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:あきれた英霊 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:693字
ふよふよと風船のように浮かぶ男が、墓の上でこちらを見下ろす。にやにやと随分楽しそうで、僕は眉を潜めずにはいられなかった。 墓の前に集まった親戚数人が、墓の掃除 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:神野 お題:右の狸 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:587字
今日もまた、右隣の高原くんの頭の上に耳が生えている。茶色で三角の耳だ。一応、人としての耳も残っている。クラス替えが行われてから5日目だが、この姿を見るのはもう1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:右の狸 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:714字
俺の同居人は嘘つきさ、なんて言っても誰も信じてくれやしない。なんたってすんごく愛想が良い。すぐに誰とでも友達になる。 今日も酒場で男が一人、意気投合して家にや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mitsuka*** お題:右の狸 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:497字
あのときは、30歳まであと10年あると思っていた。いま、10年後は40歳だ。10年前と何か変わったことがあるかと言えば、何もなくて、一生を一本の線だとしたらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:イギリス式の内側 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:911字
誰も傷つけずに国を守れるなら、人情なんていらない。ただ武器を持って殲滅するのがいい。血にまみれた街中は間違いなく美しいものだろう。 かつての世界がそうだったよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絵師の道具 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:絵描きの武器 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:259字
祖父の絵描き道具はほこりと共に屋根裏の隅に散乱していた。それらの品を見ていると、いまになってありありと思い出が浮かび上がってくる。パレットの緑の絵具は、すべて 〈続きを読む〉

風野 湊の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:ぐふふ、虫 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:866字
教室の後ろ側はちょっとした密林になっていた。 もしかしたら、一般的な小学校の教室風景とは若干違うのかもしれない。なにせ僕は別の小学校に通った経験がないから自信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
物思いの省略 ※未完
作者:風野 湊 お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:1007字
電車を降りる時、いつも、何かの境界線を跨ぐような気持ちになる。 コンクリートのホームと車両の隙間から僅かに覗く薄暗い闇。眼下には、埃と雨に汚れたスポーツドリン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:1073字
さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?……なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:オレだよオレ、太陽 制限時間:15分 読者:305 人 文字数:503字
故郷から糸電話を引っ張り続けて、もう何万キロメートルになるだろう。 僕の故郷である美しい蒼い星と、僕との間には、ぴんと張った一筋の糸が白々と伸びている。宇宙空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:苦し紛れのブランド品 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:558字
なんてこった。飛行機の予約を間違えた。 男は自分の商売道具だけ持って、空港で茫然と立ち尽くしていた。 南イタリアの田舎町から、もっと商売がしやすそうなアジアあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:266 人 文字数:1381字
吐息が雲に変わるという、そんな意味不明の薬を完成させたと聞いて、久しぶりに先生の研究室を訪ねてみたのです。 まだ馬鹿な研究をやっているんですって、と、笑いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:鋭い略奪 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:763字
あまりに細く鋭利な刃で傷付けられると、身体は痛みに気付けないのだそうだ。傷口は視認できない。しかし、それでもしっかりと、組織は傷つけられている。やがて、血液が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:遅い靴 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:978字
「これ、呪いの靴な。履いたら絶対に転ぶし、重いからスピードも出ない。靴紐もすぐに解ける。これを履いて出れば、絶対に、断言してやるけど、紀伊やんが一位を取ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:危ない恋人 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:709字
アブナイ男しか好きになれない。 そう説明すると、知り合って間もない大体の人間は「ははん」という顔をする。そして言う、なるほどねぇ、振り回されるのが好きなんだね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:早い克服 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:980字
この世界が不幸なのは、誰も彼もがスピードと効率を求めるからだ、間違いない。 通勤快速に詰め込まれたサラリーマンはある朝そう直感し、それが人生の心理であると結論 〈続きを読む〉