お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:1381字

人体は雲を含有しています
 

 吐息が雲に変わるという、そんな意味不明の薬を完成させたと聞いて、久しぶりに先生の研究室を訪ねてみたのです。
 まだ馬鹿な研究をやっているんですって、と、笑いながら茶化すつもりだったのですが、ドアを開いて一秒で、ああ来なけりゃあ良かったと、僕は本気で後悔しました。

 機械や薬品だらけの研究室は、すっぽりと白い雲に覆われていました。
 僕が開いたドアからさっと外気が流れ込み、雲が蠢きます。僕は山間の街へ旅行した時のことをとっさに思い出しました。ひやりとした空気、手を伸ばせば届きそうな場所をふわりと漂う濃密な霧。それは雲とほとんど大差なく見えました。だから言い換えても良いでしょう、先生の研究室は、真っ白な霧にすっぽりと覆われていました。


「せんせぇい。何処ですかあ」


 大学の中にいながら、遭難した気分です。口元に手を当てて叫ぶと、研究室の奥、雲の彼方から、「おおい、こっちだあ」と微かに声が聞こえてきました。
 雲が音を吸い込んでしまうのでしょう。随分と遠く聞こえます。


「先生、何をまた、こんな、馬鹿なことをしているんですか」


 研究室に足を踏み入れると、靴が、じゃりりと音を立てました。
 じゃり? おかしい。ここは研究室のはず。この感触はまるで地面、小石混じりの乾いた土を踏みしめた時と全く変わりません。
 いったい研究室をどうしてしまったのか、というか、何をやらかしているのか。眉を潜めつつも、濃い雲の中をふらふらと彷徨ううち、前方にようやく人影を見つけました。


「ああ、先生。やっと見つけた。これはいったい何の研究です」


 肩を掴み、ぎょっとして飛びのきました。
 振り返ったのは子ども、ちょうど腰の曲がった先生と同じくらいの背丈の――けれどもちろん、背筋はぴんと伸ばした、若々しい―― 子どもでした。見知らぬ子、いいえそれどころか、子どもは日本人ではありませんでした。白い霧の中でもはっきりと分かる、真っ黒な肌、際立つモノトーンの瞳。彼は簡単な腰巻を巻いただけで、あとは何も身に着けていませんでした。縮れた髪と睫毛が、霧にしっとりと濡れて光っています。彼はあっけにとられた僕をじいっと眺めると、そのままどこかへ走っていってしまいました。


「先生。先生。先生。いったい何処ですか」


 僕はパニックに陥り、やみくもに走り出しました。足音がじゃりじゃりと鳴り響きます。
 やがて、じゃりじゃりの彼方に、僕は人の声を聴きとりました。そこには、微かに先生の声も混じっているように思われました。一目散にそちらへ向かおうとするのですが、音のする方へ向かうほど霧が、雲が深くなるのです。音は吸い込まれ、何も見えなくなります。僕はほとんど泣きそうでした。


「神さま、風の神さま、どうにかしてください!」


 神様? そんなもの、今まで信じたこともないのに、僕はそう叫んでいました。
 一陣の風が鋭く吹き、雲を一瞬、吹き飛ばしました。雲の吸い込んでいた音が、わあんと蘇ります。
 僕がそこで見たのは、合唱でした。
 人々が輪になり、肩を組み、天に向かって歌をうたっています。
 彼らの口からは、声が、そのまま、白い雲になり、集まり、空へのぼってゆき、今にも、雷と雨とを、この大地に降り注がんとしていました。
 



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ヴィーナス ※未完
作者:White. お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:383字
夜の星が輝く中、テルはシャンダラ丘の頂で、下に広がる街に視線を落とす。夜も10時を回った頃。窓から光が漏れている家もあれば、消えているものもあり、それにより不規 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミトラちゃん〜執筆休業中〜 お題:突然の雲 制限時間:30分 読者:191 人 文字数:718字
三月の昼下がりは唐突な雨雲に陽の光を遮られて、薄暗い灰色に染まっていた。と言うのも本日の天気予報は雨の気もまるでない、乾季の神が暴れて出てきそうなカンカン照り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:突然の雲 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:333字
あれは15の頃だったか。学校が終わってから僕が真っ先に向かうのは受験のための予備校。毎日毎日、勉強が終わっても少し歩いたらまた勉強。将来のために必要なこととは理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ミリタリ彼女 ※未完
作者:きなこもち お題:彼女と撃沈 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:421字
「だからこの式を解けば82になるだろ」 「82…バレットM82…」 「いい加減に頭からミリタリー関係は忘れろ」 「疲れていると頭が働かないであります…休憩にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下上右左 お題:アブノーマルな火 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:757字
「なあ、ほんとにやるのか?」岩肌の山の斜面に座り込んだまま、僕は渋い表情を隠そうともせず聞いた。「当然、そのためにここに来た」僕を見下ろしながら、ヘルメットやら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Hunter R. お題:賢いうどん 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:378字
その店は、僕の最寄り駅の一つ先にあった。会社の送別会の帰り道、しこたま酔っ払った僕が気づいたときにはもう遅く、乗り過ごしてしまったのだ。まぁ歩いて帰ろうか、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
海亀の動き ※未完
作者:Hunter R. お題:近い光景 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:297字
昨日の夜十時に布団に入ってから、もう二十時間が経っていた。携帯で、ショスタコーヴィチの交響曲第5番を、三回も聞いている。天井から目を外し、布団の横を見ると、中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:神のデザイナー 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1017字
堀川シンという男は、木彫りの「守り神」を売って生計を立てている彫刻家だ。 彼の作る「守り神」は依頼人ごとのオーダーメイドで、製作には一か月ほどかかる。「削り出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怪盗の血 ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナモモと美弥花 お題:許せない足 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1112字
「うぅ……」 朝起きると、腰に痛みを感じる。 寝相の悪さは数年一緒に暮らしてても改善されるわけでもなく、「縛ったはずなのに……」 眠ったことを確認して縄で綺麗に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Masaki=就寝=Hara お題:ラストは検察官 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:598字
最近、家に色々な客がくる。はじめに来たのは私の恋人だった。私の住所は教えていないにも関わらず、彼女はやってきた。私は、家のものに許可なく触れないよう念を押して、 〈続きを読む〉

風野 湊の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:ぐふふ、虫 制限時間:15分 読者:252 人 文字数:866字
教室の後ろ側はちょっとした密林になっていた。 もしかしたら、一般的な小学校の教室風景とは若干違うのかもしれない。なにせ僕は別の小学校に通った経験がないから自信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
物思いの省略 ※未完
作者:風野 湊 お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:263 人 文字数:1007字
電車を降りる時、いつも、何かの境界線を跨ぐような気持ちになる。 コンクリートのホームと車両の隙間から僅かに覗く薄暗い闇。眼下には、埃と雨に汚れたスポーツドリン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:1073字
さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?……なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:オレだよオレ、太陽 制限時間:15分 読者:271 人 文字数:503字
故郷から糸電話を引っ張り続けて、もう何万キロメートルになるだろう。 僕の故郷である美しい蒼い星と、僕との間には、ぴんと張った一筋の糸が白々と伸びている。宇宙空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:苦し紛れのブランド品 制限時間:15分 読者:247 人 文字数:558字
なんてこった。飛行機の予約を間違えた。 男は自分の商売道具だけ持って、空港で茫然と立ち尽くしていた。 南イタリアの田舎町から、もっと商売がしやすそうなアジアあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:232 人 文字数:1381字
吐息が雲に変わるという、そんな意味不明の薬を完成させたと聞いて、久しぶりに先生の研究室を訪ねてみたのです。 まだ馬鹿な研究をやっているんですって、と、笑いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:鋭い略奪 制限時間:15分 読者:252 人 文字数:763字
あまりに細く鋭利な刃で傷付けられると、身体は痛みに気付けないのだそうだ。傷口は視認できない。しかし、それでもしっかりと、組織は傷つけられている。やがて、血液が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:遅い靴 制限時間:15分 読者:249 人 文字数:978字
「これ、呪いの靴な。履いたら絶対に転ぶし、重いからスピードも出ない。靴紐もすぐに解ける。これを履いて出れば、絶対に、断言してやるけど、紀伊やんが一位を取ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:危ない恋人 制限時間:15分 読者:280 人 文字数:709字
アブナイ男しか好きになれない。 そう説明すると、知り合って間もない大体の人間は「ははん」という顔をする。そして言う、なるほどねぇ、振り回されるのが好きなんだね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:早い克服 制限時間:15分 読者:390 人 文字数:980字
この世界が不幸なのは、誰も彼もがスピードと効率を求めるからだ、間違いない。 通勤快速に詰め込まれたサラリーマンはある朝そう直感し、それが人生の心理であると結論 〈続きを読む〉