お題:遅い靴 制限時間:15分 読者:294 人 文字数:978字

馬鹿な呪いの使いかた ※未完
 


「これ、呪いの靴な。履いたら絶対に転ぶし、重いからスピードも出ない。靴紐もすぐに解ける。これを履いて出れば、絶対に、断言してやるけど、紀伊やんが一位を取ることはない」


 運動会の予行練習を終えた夕方だった。
 明日の本番を控え、皆はとっくに下校している。誰もいない教室で、机につっぷしているのは僕だけだった。帰りたくない、明日なんか来なければ良い、いっそ腹がくだるか熱が出れば、そうだ、今日は水を被って濡れたシャツで寝たらどうだろう。
 そんなどうしようもないことを考えていた僕の前に、救世主が現れたのだ。


「……それ本当か、幹ちゃん」

「ああ本当だ。絶対に間違いない。なんてったって、俺が今まで履いて使って、全レースで、びりをとった靴だぞ。絶対に呪われてる。なんだったら、今から明日までずっと使って、もっと呪いを掛けたって良いんだ」


 幹ちゃんは本気だった。眉間に皺をよせて、厳粛に、その古い運動靴を僕の前に置く。
 踵のところに、黒いサインペンで「山野幹彦」と書いてあった。


「……僕がこれ履いて走ったらさ、明日、幹ちゃんが履く靴ないだろ」

「良いんだそんなの、兄貴の靴でも何でも借りるよ。でも、今のお前にはこの靴がいるだろ。絶対に、絶対の絶対に、一位が取れない魔法の靴が」


 僕は机につっぷしたまま、目の前に鎮座する呪いの運動靴を眺めた。ちょっとだけ汗の匂いがした。良い奴だなあ、おまえ、と言いかけて、やめて、笑った。


「ありがとう。借りるよ」

「ああ。絶対に、一位、とるなよ。頑張って、本気で二位になれよ」

「もちろん。本気で走って、それで、二位をとるよ。本気でな」

「うん、本気じゃないと意味ないもんな。頑張れよ明日。大丈夫だ、その呪いの靴は史上最強だから。明日は、本当に、何も考えないで、走れよ」

「ありがとう」


 幹ちゃんは照れくさそうに笑って、それきり何も言わず、教室を出て行った。

 僕は窓の外を見た。夕暮れ。明日は快晴の運動会になるだろう。
 男女共同リレー。僕のライバル。明日、彼女は絶対に一位にならなければならない、彼女の








3分は作戦会議

「遅い靴」

・早い靴じゃなくて…履くと遅くなる靴? 以前の時間のと被るな

遅い靴

一位を取りたくない男の子の話。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:遅い靴 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:530字
足取りは今日も重い。小さいころから歩くのは遅かった。マイペースという要らないフォローをする者もいれば、のろまだとストレートにあざけるものもいた。自分では早く歩こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:それいけテロリスト 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:428字
いいか、よく聞け。これは重要なミッションだ。臨時の司令部からの通達に頷いた一人の工作員は、すぐさま行動を起こした。ターゲットは男性。現在は自宅の寝室で就寝中であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:霜月ミツカ(リハビリアカ) お題:アブノーマルな秘部 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:469字
「あなたがわたしのすべてだ」と、この世のすべてのひとに会ったわけではないのにそんなことを底抜けに思えるなんて馬鹿げている。だけどそれ以上でもそれ以下でもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:今の彼 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:132字
昔の彼はハムスターただ歩いているだけでほめられるなでられる今の彼は狼さん大切だったと気づくのはずっとさきいまはただ未来の彼は檻の中誰も見向きをしないままいきをと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
透明 ※未完
作者:匿名さん お題:限りなく透明に近い朝 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:373字
冬は寒いから嫌いだ。でも冬の朝は好きだ。使い古された表現だが、空気が透き通っている気がする。そもそも空気に色なんてないと言われればそれまでなのだが、他の季節とは 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:出来損ないの第三極 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1109字
……勝ち取りたい。 なんとしても第三極を作り出さなければ、地表に津波が襲い始める。 だが、人を失い続ける海中作業にも苦の感情が積もってく。 少しずつ水深から凍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:君とカリスマ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1819字
彼は英雄気質なのだろう。高校の生徒会長である彼は、僕たちより一年先輩。仕事はあまりしないが、あっけらかんとした性格で誰とも分け隔てなく話す彼は、ほとんどの生徒に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:左の爆発 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1208字
「ヤツは『ジュウゾウ』と呼ばれるヒットマン。何人もの人間を殺してきた……」「はん、余裕だね。あんなやろう」 黒いスーツを着たジュウゾウはホテルのロビーで新聞を広 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キルユーベイベー お題:俺と嵐 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:594字
辛く、苦しく、嵐のような時間を過ごしてきた。何度も、何度も諦めたいと思った、投げ出したいと思った。それでも、俺は歩き続けた。夢や目的、守りたい何かがあるなんてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご お題:かたい運命 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1195字
「将来なりたいものはあるか」暇そうにウェーブのかかった髪を指先で弄りながら、生徒会長の彼女はこちらに質問を投げかけてきた。「べつに、適当にサラリーマンになります 〈続きを読む〉

風野 湊の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:ぐふふ、虫 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:866字
教室の後ろ側はちょっとした密林になっていた。 もしかしたら、一般的な小学校の教室風景とは若干違うのかもしれない。なにせ僕は別の小学校に通った経験がないから自信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
物思いの省略 ※未完
作者:風野 湊 お題:東京の任務 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:1007字
電車を降りる時、いつも、何かの境界線を跨ぐような気持ちになる。 コンクリートのホームと車両の隙間から僅かに覗く薄暗い闇。眼下には、埃と雨に汚れたスポーツドリン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:フニャフニャの人間 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:1073字
さて、これは私が爺さんから教えてもらったことなんだけどね。村境から森に入って半日も歩くと大クヌギがあるだろう。この中に、行ったことがある奴はいるかい?……なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:オレだよオレ、太陽 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:503字
故郷から糸電話を引っ張り続けて、もう何万キロメートルになるだろう。 僕の故郷である美しい蒼い星と、僕との間には、ぴんと張った一筋の糸が白々と伸びている。宇宙空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:苦し紛れのブランド品 制限時間:15分 読者:289 人 文字数:558字
なんてこった。飛行機の予約を間違えた。 男は自分の商売道具だけ持って、空港で茫然と立ち尽くしていた。 南イタリアの田舎町から、もっと商売がしやすそうなアジアあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:突然の雲 制限時間:15分 読者:266 人 文字数:1381字
吐息が雲に変わるという、そんな意味不明の薬を完成させたと聞いて、久しぶりに先生の研究室を訪ねてみたのです。 まだ馬鹿な研究をやっているんですって、と、笑いなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:鋭い略奪 制限時間:15分 読者:288 人 文字数:763字
あまりに細く鋭利な刃で傷付けられると、身体は痛みに気付けないのだそうだ。傷口は視認できない。しかし、それでもしっかりと、組織は傷つけられている。やがて、血液が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:遅い靴 制限時間:15分 読者:294 人 文字数:978字
「これ、呪いの靴な。履いたら絶対に転ぶし、重いからスピードも出ない。靴紐もすぐに解ける。これを履いて出れば、絶対に、断言してやるけど、紀伊やんが一位を取ること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:危ない恋人 制限時間:15分 読者:310 人 文字数:709字
アブナイ男しか好きになれない。 そう説明すると、知り合って間もない大体の人間は「ははん」という顔をする。そして言う、なるほどねぇ、振り回されるのが好きなんだね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風野 湊 お題:早い克服 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:980字
この世界が不幸なのは、誰も彼もがスピードと効率を求めるからだ、間違いない。 通勤快速に詰め込まれたサラリーマンはある朝そう直感し、それが人生の心理であると結論 〈続きを読む〉