お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1368 人 文字数:720字

とある処刑場の会話。
 それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。



「どーなのよ」
「何が」
「俺らあと数分の命ですよ」
「仕方ないな。それだけのことをした」
「何それ、余裕ぶっこいてんのー」

「……おい、10235号」
「何よ10237号」
「お前、何やったんだ」
「えー……何だったかな?」
「おい」
「だってさー、いろいろやり過ぎてわかんねーだもん」
「具体的には?」
「あー……まず母親を殺して」
「ほう」
「父親を殺したら」
「うん」
「伯父さんと兄貴に捕まった」
「……ださっ」
「ちょ、ダサい言うな! これでも頑張ったんだよ! 他に死者は出てないし!」
「ふーん」
「そー言う10237号は何やったんよー」
「俺か?」
「何やったん?」
「俺は大したことやってない」
「嘘付けー! だったら処刑なんてされないよ!」
「別に大したことじゃない─────ちょっと城下町でパレード中に爆弾を爆発させただけだ」
「……」
「何だ?」
「……そらまた随分とやっちまったのね」
「そんなことはないさ。精々名も無き国民が数十人天に還っただけだ」
「いやいや充分すから」

「……」
「……あー、薬効いて来たかも」
「俺もだ」
「ショボい人生だったなー……次はもーちょいマシなの希望」
「……次なんか在るのか……?」
「わかんねー。でも在るんじゃね?」
「いい加減だな」

「それが俺。────まぁ、良いや。楽しかったよ、
 莫迦な後継者にもなれない王子様の教育係だった不運な科学者さん」

「俺もそれなりに有意義だった。
 クーデターを起こしたら体良く利用され失敗させられた裏切られた王子様」



 やがて、そこには毒殺されたただの亡骸が。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きり子 お題:男同士の死刑囚 必須要素:ち○ち○ 制限時間:1時間 読者:443 人 文字数:3198字
俺は死刑になった。わーい母ちゃん、俺ついに死刑になったよ。報告したかったが、多分その前に通知は行っているんだろうなと思い至って居直った。看守がちょっと険しげな顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:振り向けばそこに百合 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1583字
防波堤に座って、僕はスニーカーを履いた足をぷらぷらと揺らした。スニーカーの白い靴紐がぱたぱたと揺れる下にはテトラポットがいくつも積み重なっており、ほんの数メート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロカワ お題:嘘の脱毛 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1620字
高校生活も、もう終る。みんなそれぞれ進路が決まってばらばらになる。悩みに悩んだこれからの道。もしかしたら道を変更する人もいるかもしれない。しんみりとした、しかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かーひぃ@小説書きたい探索者 お題:記録にない何か 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:2480字
全ての存在は『見られている』という事象がない限り存在しえない。自己を得ている確固たる自身が視界に映し、映像化し、実物を視認しない限り物質は存在を証明できないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Croquis@小説家になろう お題:破天荒な神様 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:676字
この世界には様々な神様が存在しますが、その中で唯一……神とは思えない程の破天荒な神様がおりました。その神様は困っている人を見つけると、すぐに色んな手を使って助け 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:オナ兄 お題:混沌の母性 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2616字
お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間エラー出て投稿できてなかったので記念に投稿。―――――――――――――――――――――――――――――――― 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:怪しい小雨 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1181字
携帯電話や貴重品を除いて大方の荷物は箱詰めされていた。明日の朝一で宅急便で送る予定だ。僕の生活を囲んでいた物たちはちょっとした段ボールに収納されて三段に積まれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:憧れの秋雨 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1176字
好きな映画のワンシーンは?そう聞かれると、私には必ず思い浮かぶものがある。主人公の女性は恋人と夕日に染まる銀杏並木を歩いている。不意にサラサラと細かい天気雨が降 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏雪 お題:運命の父 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:886字
振り抜いた右腕。右脚を半歩程下げ、倒れてくる身体と血飛沫を躱す。残るは三人。一人斬り伏せ、残党に視線を投げる。……質が落ちたな。一人目は中々であったが、残りはダ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はじめての ※未完
作者:夜楊(ややなぎ) お題:少年の電車 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1339字
「気をつけていくのよ」 横断歩道は右を見て左を見て、前を向いて手を挙げて渡る。青がチカチカしてたら渡っちゃダメ。赤い四角いお顔の郵便ポストを見つけたら、お箸を持 〈続きを読む〉

aza/あざの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:赤い14歳 制限時間:1時間 読者:887 人 文字数:1232字
酷い酩酊状態だったと思う。だが笑わざる得なかったのも一つだ。 何がお目出度いのかわからないが、ただ煙草を吸い酒を飲み、自我を崩落させるのは楽しかった。 理解な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1001 人 文字数:1300字
俺は“あいつ”が嫌いだ。「いい加減にしてくれないか?」 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1368 人 文字数:720字
それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。「どーなのよ」「何が」「俺らあと数分の命ですよ」「仕方ないな。それだけのことをした」「何それ、余裕ぶっこ 〈続きを読む〉