お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1394 人 文字数:720字

とある処刑場の会話。
 それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。



「どーなのよ」
「何が」
「俺らあと数分の命ですよ」
「仕方ないな。それだけのことをした」
「何それ、余裕ぶっこいてんのー」

「……おい、10235号」
「何よ10237号」
「お前、何やったんだ」
「えー……何だったかな?」
「おい」
「だってさー、いろいろやり過ぎてわかんねーだもん」
「具体的には?」
「あー……まず母親を殺して」
「ほう」
「父親を殺したら」
「うん」
「伯父さんと兄貴に捕まった」
「……ださっ」
「ちょ、ダサい言うな! これでも頑張ったんだよ! 他に死者は出てないし!」
「ふーん」
「そー言う10237号は何やったんよー」
「俺か?」
「何やったん?」
「俺は大したことやってない」
「嘘付けー! だったら処刑なんてされないよ!」
「別に大したことじゃない─────ちょっと城下町でパレード中に爆弾を爆発させただけだ」
「……」
「何だ?」
「……そらまた随分とやっちまったのね」
「そんなことはないさ。精々名も無き国民が数十人天に還っただけだ」
「いやいや充分すから」

「……」
「……あー、薬効いて来たかも」
「俺もだ」
「ショボい人生だったなー……次はもーちょいマシなの希望」
「……次なんか在るのか……?」
「わかんねー。でも在るんじゃね?」
「いい加減だな」

「それが俺。────まぁ、良いや。楽しかったよ、
 莫迦な後継者にもなれない王子様の教育係だった不運な科学者さん」

「俺もそれなりに有意義だった。
 クーデターを起こしたら体良く利用され失敗させられた裏切られた王子様」



 やがて、そこには毒殺されたただの亡骸が。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きり子 お題:男同士の死刑囚 必須要素:ち○ち○ 制限時間:1時間 読者:472 人 文字数:3198字
俺は死刑になった。わーい母ちゃん、俺ついに死刑になったよ。報告したかったが、多分その前に通知は行っているんだろうなと思い至って居直った。看守がちょっと険しげな顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒロセユキ お題:女の男の子 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:954字
この数多の犠牲の上に成り立つ平和をぶち壊したいと望む男がいた。灰色の瞳の男、都築は、世の仕組みが納得できなかった。だから、既存の枠組みを取っ払える、何か衝撃のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある蟻 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2086字
一度読んだ小説の内容を忘れたことがないのが、僕の小さな自慢の種ではあったわけだけれど、翻って自分の過去の出来事を思い起こそうとすると、それがどうにも曖昧なことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不和@サイコ お題:かゆくなる大学 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1928字
夏は嫌いだ。なぜなら、虫が活発化する季節だから。虫が嫌いだ。なぜなら、あのおぞましい見た目と何処にでも現れる神出鬼没なところが怖いからだ。大学が嫌いだ。なぜなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の天才 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1490字
古き時代、今から遥か昔に遡った古代の話。 かつてその時代に傾城や傾国などと呼ばれた美女たちが居た。彼女たちは、その美貌を利用して時の権力者すらも操り、政治に重 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:誰でもない誰か お題:苦しみの解散 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:815字
暗闇を飛ぶ金属の鳥たちが重々しい鳴き声を轟かせ、人々の頭上に死の贈り物。今夜は私の街が燃えた。響き渡る狂気の悲鳴は、今後二度と私の頭から消えることはないのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:恐ろしい税理士 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:3337字
その声は果たして、彼に届いたのだろうか。叫びながら私は落ちていく。誰にも見られずに、ただ淡々と、誰にも聞かれない悲鳴をあげ続けて井戸の中をただただ落ちていった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
目玉 ※未完
作者:しま@ダイエット垢 お題:誰かの瞳 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1299字
こんな夢を見た。背中のほうから目玉がふよふよ浮いてこちらを監視してくる。それは誰のものかはわからないが、確実に知っている人間のものである。家族、友人、恋人、同 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:恋の能力者 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:3241字
「――ごめん、やっぱり好きな人がいるの」 わかっていた答えではあったが自身の足元から絶望感がぬめりと顔を出した。彼女は気まずそうに僕から顔を逸らしたが、やはりそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まっつーは裕二の部屋行きたい お題:昼の船 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1536字
神の息吹と呼ばれる吹雪は、波にとけ入る運命と知っても絶え間なく濁った空から落ちていった。私の口からはかれた言葉は白い吐息へと姿を変え、かじかむ指に触れてはかすか 〈続きを読む〉

aza/あざの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:赤い14歳 制限時間:1時間 読者:900 人 文字数:1232字
酷い酩酊状態だったと思う。だが笑わざる得なかったのも一つだ。 何がお目出度いのかわからないが、ただ煙草を吸い酒を飲み、自我を崩落させるのは楽しかった。 理解な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1013 人 文字数:1300字
俺は“あいつ”が嫌いだ。「いい加減にしてくれないか?」 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1394 人 文字数:720字
それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。「どーなのよ」「何が」「俺らあと数分の命ですよ」「仕方ないな。それだけのことをした」「何それ、余裕ぶっこ 〈続きを読む〉