お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1502 人 文字数:720字

とある処刑場の会話。
 それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。



「どーなのよ」
「何が」
「俺らあと数分の命ですよ」
「仕方ないな。それだけのことをした」
「何それ、余裕ぶっこいてんのー」

「……おい、10235号」
「何よ10237号」
「お前、何やったんだ」
「えー……何だったかな?」
「おい」
「だってさー、いろいろやり過ぎてわかんねーだもん」
「具体的には?」
「あー……まず母親を殺して」
「ほう」
「父親を殺したら」
「うん」
「伯父さんと兄貴に捕まった」
「……ださっ」
「ちょ、ダサい言うな! これでも頑張ったんだよ! 他に死者は出てないし!」
「ふーん」
「そー言う10237号は何やったんよー」
「俺か?」
「何やったん?」
「俺は大したことやってない」
「嘘付けー! だったら処刑なんてされないよ!」
「別に大したことじゃない─────ちょっと城下町でパレード中に爆弾を爆発させただけだ」
「……」
「何だ?」
「……そらまた随分とやっちまったのね」
「そんなことはないさ。精々名も無き国民が数十人天に還っただけだ」
「いやいや充分すから」

「……」
「……あー、薬効いて来たかも」
「俺もだ」
「ショボい人生だったなー……次はもーちょいマシなの希望」
「……次なんか在るのか……?」
「わかんねー。でも在るんじゃね?」
「いい加減だな」

「それが俺。────まぁ、良いや。楽しかったよ、
 莫迦な後継者にもなれない王子様の教育係だった不運な科学者さん」

「俺もそれなりに有意義だった。
 クーデターを起こしたら体良く利用され失敗させられた裏切られた王子様」



 やがて、そこには毒殺されたただの亡骸が。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きり子 お題:男同士の死刑囚 必須要素:ち○ち○ 制限時間:1時間 読者:551 人 文字数:3198字
俺は死刑になった。わーい母ちゃん、俺ついに死刑になったよ。報告したかったが、多分その前に通知は行っているんだろうなと思い至って居直った。看守がちょっと険しげな顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:コーヒーと即興小説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:958字
「どちらが早く1つの世界をつくれるか勝負しよう」 君がそんなことを言い出したのはもう何年前のことだったか。 幼かった僕が大人になって、目線もうんと高くなって、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1629字
あの夏の日を、僕は忘れることが出来ないだろう。 ニュースでは連日、最高気温更新という言葉が連呼されている。季節は、夏……大学の図書館は適度にクーラーが効いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:暑い娼婦 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:250字
街灯が灯り始めたが、ついに男は現れなかった。女は水面に映る街灯の列をぼうと眺めていた。「お嬢さん、元気を出しなさいな」見かねた街灯が話しかける。「ありがとうござ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの眠り 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1736字
部室でアルパカさんが眠っていた。「おーい、アルパカさん」 椅子に座って、机に突っ伏している。肩を揺すってもアルパカさんは起きない。 確か四限に、赤澤教授に卒論 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なゆかちゃん お題:元気な死 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:876字
「ねえ聞いてーーマジむかつくんだけど」「何何ーー」「笹沢。いつ話しかけてもシカトしてくんだけど!」「あ~なんかウチらのことなんて見えてませーーんって感じだよね」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらない顔 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:842字
「いらっしゃっせー」段々日差しも暑くなってきた今日この頃。アイスでも買おうかと家から徒歩十分のコンビニへ行くと、暑さでだらけた自分を涼しい風とその後に気の抜けた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の底から お題:未熟な真実 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1202字
気づけば周囲は樹々に囲まれ、来た道はとうに消え。 数えにして六つの童女はただひとり、この山の中に立ち尽くした。 父は童女が言葉を覚えるよりも前にいなくなり、童 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:重い心 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:842字
ああ、なんて日なのだろうか。いやその表現は間違っている、確かに彼女は僕に微笑みかけてくれたし、僕の事を覚えていてくれた。久しぶりだった事もあり舞い上がってしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふくだ。 お題:暑い螺旋 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2205字
サンバルエルスから西へ10km、メリスの町の少しはずれに、それはある。青い空に映える白いそれは、まるで天を突き刺すようにそびえ立っていた。それは塔だ、とか、いや 〈続きを読む〉

aza/あざの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:赤い14歳 制限時間:1時間 読者:964 人 文字数:1232字
酷い酩酊状態だったと思う。だが笑わざる得なかったのも一つだ。 何がお目出度いのかわからないが、ただ煙草を吸い酒を飲み、自我を崩落させるのは楽しかった。 理解な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1064 人 文字数:1300字
俺は“あいつ”が嫌いだ。「いい加減にしてくれないか?」 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1502 人 文字数:720字
それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。「どーなのよ」「何が」「俺らあと数分の命ですよ」「仕方ないな。それだけのことをした」「何それ、余裕ぶっこ 〈続きを読む〉