お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1383 人 文字数:720字

とある処刑場の会話。
 それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。



「どーなのよ」
「何が」
「俺らあと数分の命ですよ」
「仕方ないな。それだけのことをした」
「何それ、余裕ぶっこいてんのー」

「……おい、10235号」
「何よ10237号」
「お前、何やったんだ」
「えー……何だったかな?」
「おい」
「だってさー、いろいろやり過ぎてわかんねーだもん」
「具体的には?」
「あー……まず母親を殺して」
「ほう」
「父親を殺したら」
「うん」
「伯父さんと兄貴に捕まった」
「……ださっ」
「ちょ、ダサい言うな! これでも頑張ったんだよ! 他に死者は出てないし!」
「ふーん」
「そー言う10237号は何やったんよー」
「俺か?」
「何やったん?」
「俺は大したことやってない」
「嘘付けー! だったら処刑なんてされないよ!」
「別に大したことじゃない─────ちょっと城下町でパレード中に爆弾を爆発させただけだ」
「……」
「何だ?」
「……そらまた随分とやっちまったのね」
「そんなことはないさ。精々名も無き国民が数十人天に還っただけだ」
「いやいや充分すから」

「……」
「……あー、薬効いて来たかも」
「俺もだ」
「ショボい人生だったなー……次はもーちょいマシなの希望」
「……次なんか在るのか……?」
「わかんねー。でも在るんじゃね?」
「いい加減だな」

「それが俺。────まぁ、良いや。楽しかったよ、
 莫迦な後継者にもなれない王子様の教育係だった不運な科学者さん」

「俺もそれなりに有意義だった。
 クーデターを起こしたら体良く利用され失敗させられた裏切られた王子様」



 やがて、そこには毒殺されたただの亡骸が。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:きり子 お題:男同士の死刑囚 必須要素:ち○ち○ 制限時間:1時間 読者:462 人 文字数:3198字
俺は死刑になった。わーい母ちゃん、俺ついに死刑になったよ。報告したかったが、多分その前に通知は行っているんだろうなと思い至って居直った。看守がちょっと険しげな顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:栄光の能力者 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1329字
世界には光と影がある。ただし、それをみつめる人の目は決して平等ではない。ゆえに無自覚に光の中へ飛び込んでゆくもので、影を踏み荒らしてしまうものだと師は説いた。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:僕の嫌いな失敗 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:33字
あつい。暑くて何もやる気がしない。どうしようもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:reon お題:ありきたりな部屋 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1294字
なんの変哲もない部屋だと思う。ベッドから身を起こして、辺りを見回して、浮かんだ感想はそれだった。一人用のベッドの正面に立つ安価な木製のテーブル。それを囲む四つの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦し紛れの冬 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:3326字
「ほ、ほら……雪だるま、とか?」 私は苦し紛れにそう答えた。 目前で私にお説教を続ける黄色い髪の女の子は、一層眉を吊り上げて私を叱責する。「そんなの『しもやけお 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:クド/北ティアI03 お題:朝の朝飯 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:516字
一歩進む度に、砂が擦れる音が足に纏わりついて、不思議な空気が広がっていることに気がついてしまい、だから自分はどうしてここにいるのだろう、違和感しか覚えず、気持ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:私と投資 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2339字
私の名前は阿形仁明。東京府に置かれた特別高等警察第三課の警部に位置する、陛下の志の元活動するものの内の一人である。さて、今回こんな場を設けたのは他でもない。ひと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:朝の朝飯 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:310字
君は僕の作る朝ごはんが好きだった。だから僕はいつも早起きをした。準備が出来ると待ってましたと言わんばかりに君がとんでくる。席についた君があんまり丁寧に食べるも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の死 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1477字
"誰の心にも残らなくなったときこそ、本当の死である"とどこかで耳にしたことがある。全くもってその通りである、と僕は感じた。誰の心にも残らなくなったとき、すなわち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:帆立之貝柱 お題:せつない粉雪 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:3410字
見えない壁にぶつかったような感覚が僕の中に生まれた。時間も何もかもが足りない、そう思っている自分が確かにいるはずなのに、ここまで走ってきたようなその感覚は消えな 〈続きを読む〉

aza/あざの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:赤い14歳 制限時間:1時間 読者:894 人 文字数:1232字
酷い酩酊状態だったと思う。だが笑わざる得なかったのも一つだ。 何がお目出度いのかわからないが、ただ煙草を吸い酒を飲み、自我を崩落させるのは楽しかった。 理解な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:うるさい笑顔 制限時間:1時間 読者:1005 人 文字数:1300字
俺は“あいつ”が嫌いだ。「いい加減にしてくれないか?」 何の変哲もない学校の渡り廊下。俺は“あいつ”を睨んだ。“あいつ”はきょとんとして、俺を見詰め返す。しば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:aza/あざ お題:男同士の死刑囚 制限時間:1時間 読者:1383 人 文字数:720字
それはとある処刑場。隣り合わせの二部屋の壁越しの会話。「どーなのよ」「何が」「俺らあと数分の命ですよ」「仕方ないな。それだけのことをした」「何それ、余裕ぶっこ 〈続きを読む〉