お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:609 人 文字数:2823字

濡れ鼠にご用心
『濡れ鼠にご用心』



大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。
所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。

「風邪を引かれますよ?」

ふと、雨が止んだ。
気が付くと、少女の視界には若い男の顔があった。
とても優しそうな、それでいて端正な顔立ち。
着ている物はなかなか高級そうで、長く黒いコートは男を闇に紛れさせようとしている。

「女性がこのようなところで一人で・・・・それに、身体も冷えてしまっているでしょう。
 近くに私の家がありますから、どうかそちらで休まれて下さい。」

少女を憐れんだその紳士は、少女の前にしゃがみ込み、持っていた傘を傾けた。
しかし、少女の足元をよく見ると、靴どころか靴下すら穿いていなかった。
細く小さな足で地面を歩かせることなど、男の良心が許すはずもなく。

「失礼します。」

全身が雨で濡れ、冷え切ってしまった少女の身体を、包むように抱える。
少女は力なく男にされるがまま、男の家へと連れられて行った。



男の家は、とある高級マンションの一室だった。
床が濡れようとも関係なく、男は少女を、まず浴室へ連れて行った。
少女は疲れているのか、へたりと洗い場に座り込む。
男はコートを脱ぎ、少女のためにバスタオルを用意しようとした。

『・・・お湯に、浸かりたい。』

出逢ってから一度も開かれていなかった少女の口が、唐突に動いた。
確かに、浴槽にお湯は張ってある。
冷えている身体を温めたいと、初めて自分の意志を示したのだろう。
どこか悲しげで無表情の少女に、男は紳士的に返す。

「わかりました。タオルと着替えを用意しておきますので、ご自由になさってください。
 あぁそれと、脱いだ衣類はこちらのカゴにお入れください。」

名も知らぬ少女へ、男は献身的なまでに優しく接した。
座り込んでいた少女がゆっくりと浴室の扉を閉める。
男は、少女を連れ込んだ際に濡れた床を拭き、自分の服を着替えた。
そして、少女が入浴を終える前に、バスタオルと適当な着替えを用意した。
男に、人助け以外の他意はなかった。
これからの少女の処遇など、考えておこうという意志すらなく。



男がリビングにいると、浴室の扉が開かれる音がした。
どうやら、少女が入浴を終えたらしい。
夕食はすでに二人分用意されている。
やがて、少女が脱衣場の扉を開き、姿を現した。

『指に力が入らなくて・・・ボタンを、かけられなくて・・・・・・』

脱衣場を出た少女は、男が用意したパジャマの上着を羽織った状態だった。
頭からバスタオルを被っているものの、たわわな胸が今にも露出しそうである。
男は多少動揺したものの、落ち着いて少女の前へ行き、パジャマのボタンに手をかける。
下心が無いわけではないが、か弱い少女に手を出すほど下郎ではない。
1つずつ、掛け違えのないように、下からボタンを留めてゆく。

『・・・・・ふふっ』

「?」

ふと、少女が笑みをこぼした。
ボタンはあと3つ残っており、放置すれば肌蹴かねない状態である。
不思議に思った男が少女の方へと視線を上げた、その刹那。

「っ!?」

『お兄さん、小娘には欲情しない人?』

悪戯な笑みを浮かべた少女が男の手を掴み、自らの胸へと誘導した。
突然訪れた柔らかい感触と衝撃に、男は動揺を隠せず、固まってしまった。
紳士的な男には、少女を振り払うことができない。
パジャマ越しではなく、わざわざ直接柔肌を触れさせられている。
男は、少女の行動の意図がわからなかった。

『ねぇ、女の人とこういう経験、ないの?』

「・・・残念ながら、このような経験は・・・」

『ふぅん。じゃあ、こうしても興奮しないんだ?』

「っ!」

少女は、自らの胸を揉ませるように、男の手を動かした。
指に力が入らないとは、嘘だったらしい。
男から目を逸らさず、ただ男性が欲情するであろうという行動を起こす少女。
理性を必死に保っていた男は、少女が出した問いに答えた。

「私とて、一介の男というものです。興奮・欲情、そういったものは感じられます。」

『私にも?』

「えぇ、もちろん。麗しい少女の肢体に直接触れるなど、非道徳的ですから。」

『ふふふっ、お兄さんって、思いのほか普通の人。でも、変わってる。』

少女は男の手を離し、ひらりと男に背を向ける。
男の手には、少女の胸の感触がまだ残っているようだった。
自分でパジャマのボタンを留めた少女は、改めて男の方へ向き直る。

『私、探してたの。本当に優しい人。最近の金持ちは駄目ね。全然紳士じゃないもの』

先ほどまでの、無表情でか弱い少女はどこへいったのか。
小悪魔のようで、それでいて憎めないほど愛らしい少女が、今目の前にいる。
よく見れば、男はその顔に見覚えがあった。
直接会ったことがあるわけではないが、写真か何かで見たことがある。

『お見合いじゃその人の素性ってわからないから、毎回身体張って確かめてたけど。
 お兄さんは本当に良い人みたいね。』

少女の言葉に、男はようやく思い出した。
男の務める会社に投資している、大企業の社長の娘。
つまりは、どこぞの御令嬢である。
渡されていた見合い写真に映っていた、まさにその少女だった。

『さすがに家出少女みたいだったでしょ?私、演技は得意なの。』

「い、いつも、あのようなことを・・・?」

『うん。お見合いする相手の帰路に、ああやって佇んでみてる。
 助けてくれたのはお兄さんで十数人目で、欲情しなかったのはお兄さんだけ。
 でも、もうこういうこともお見合いもしないわ。』

不意を大きく突かれた男は、平静さを保つのがやっとだった。
拾った濡れ鼠は、挑発的な笑みを浮かべて衣服を脱ぎ捨てていく。

『今日は体を許してあげることはできないけれど、抱きしめるぐらいならいいよ。
 むしろ、私がぎゅぅってしてほしいから、ね?』

一糸纏わぬ姿となった少女が、男にそっと抱きついた。
少女に体が無い事を察した男は、理性を飛ばすことなく、優しく少女を抱きしめ返す。


――――――――騙された。


思わずそう納得してしまった男は、少女への敗北感に笑みをこぼした。
そして男は、風邪を引いてしまわないようにと、自分が着ていたシャツを少女に羽織らせた。

『紳士な人。まるで天使みたい。』

「そう言うあなたは、濡れ鼠の振りをした、とても可愛らしい小悪魔です。
 まんまと騙されました。」

『クスッ、そうね。悪くないわ。』

男の表現を気に入った少女は、男の首に手を回し、そっと唇を合わせた。
少女の大胆な行動を、男は黙って受け入れ、その感触に酔いしれた。
大雨はいつの間にか止み、静かに夜は更けていった。





The End.
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:今世紀最大のオルガスムス お題:騙された紳士 必須要素:変なにおい 制限時間:2時間 読者:269 人 文字数:2083字
それがロボットである自分を狙った計略だと気付くまでそれほど時間はかからなかった。機体は熱を上げ、既にオーバーヒート直前まで迫っている。ウイルス除去ソフトを立ち上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓮狐 お題:僕のお尻 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1101字
家に帰って来たあなたに、いつも「おかえり」って言う僕。「おかえりなさい。今日もお疲れさま」僕がそう迎えると、いつも僕に笑いながら「ただいま」って言ってくれる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:でかい雪 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1417字
きっと、私はもういなくてもいいんだ。ふっと、そんなことに気付いてしまう。 目を瞑ってきた事実。変わらないこと。うるさく鳴る電話は電源を落としてしまった。 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:斬新な天才 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:716字
私のクラスには、周りから一目置かれる人がいる。宿題をやればどんなに頑張っても必ず何らかの形で失敗し、部活のノルマは絶対こなせない。委員会での仕事は何かが必ず欠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:暗いつるつる 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:126字
佑は普段どおり発声練習をしていた。すると、なにやら妙に高い声が現れた。「うそ!?」佑は周囲を観察してた。「なんだ、あのヘリウムガスか。」納得がいってて佑はふっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:極めてテクニカルな403太郎 お題:元気な教室 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1933字
今朝の教室も賑やか、天気は晴れ。みんなとっても楽しそう。でも、耳を欹てると聞こえてくるものがある。「あいつ、まだ学校来てるよ」「よく来れるよね」「空気読めないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:珠代 お題:消えた狸 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:4380字
「…あれ?」帰り道、いつものように山に寄った。給食の余りが入った袋を持って呆然と立ち尽くす。「たっちゃーん?おーい、たっちゃーん」呼び掛けるも返事はない。私の声 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふみは耳から萌えを摂取 お題:黒いガールズ 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1696字
都会のアスファルトも昼間に溜め込んだ熱を吐き出すのをやめた深夜に、彼女たちの仕事は始まる。見かけは普通の――いや、いかにも高級そうなたたずまいの風俗店。【そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【マジ吉】 お題:茶色い失敗 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:3463字
あぁ、空が青いなぁ。綿雲がふよふよ泳いでるし、どの屋根にも均等に陽が照っていて、なんと気持ちの良い昼なんだろう。「コレがなければ、なぁ」あぁ、目を背けたい。目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:1000の小説訓練 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:905字
俺の親父は、小説家だ。近頃、長編の新刊を出したとかで世間の注目を浴びている。 そんな父親を持つ俺だが、仕事はフリーのライター。全然売れないし、ぶっちゃけバイト 〈続きを読む〉

ほにゃら隊長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:948 人 文字数:2040字
「はぁ~。」時刻は、午後9時を回ったところ。住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:609 人 文字数:2823字
『濡れ鼠にご用心』大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。「風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:暑い凶器 制限時間:2時間 読者:660 人 文字数:1456字
「あづ~・・・・・」季節は夏、誰もが猛暑と呼ぶ時期。日差しという名の凶器を常に突きつけられ続け早十数分。この凶器はヤバイ、痛い、暑い。と、うなだれていてもどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:シンプルなブランド品 制限時間:2時間 読者:741 人 文字数:2855字
私は、知っている。あのお淑やかで物静かで控えめな美少女、霧咲純(きりさき じゅん)が、とある大企業の社長令嬢であること。しかし、彼女がブランド品らしいブランド品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:703 人 文字数:2432字
突然呼び出された10畳半のとある一室。俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。浩介「新年!明けました!!!」当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。なぜならば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:打算的な孤島 制限時間:2時間 読者:722 人 文字数:4295字
超高層ビルの最上階に位置する、とある女が居を構える、禁断の事務所。天空の孤島、探偵の隠れ家、隔離された牢獄・・・。いろんな人が、いろんな呼び方をするこの場所。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:彼の私 制限時間:2時間 読者:853 人 文字数:4469字
彼にとって、私は所詮、一介の一般人でしかないのだろう。そんな考えを持ってからというもの、私の中から、恋の芽が育つ肥沃な土が消えた。彼は近所に住むお兄さんで、いわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:神の神様 制限時間:2時間 読者:802 人 文字数:3796字
「ねぇ、知ってる?天界を治める神にも、神様がいたんだって。」それは、あまりにも唐突な話題だった。さらに言うなら、意味不明だった。『・・・・は?』俺は思わず、言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:711 人 文字数:1926字
「く、来るな!俺に触るな!!!」それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:黒い祖父 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:2時間 読者:662 人 文字数:2208字
俺の祖父さんは、いつも真っ黒な服を着ていた。最初は、全然気にならなかった。けど、和服も洋服も、なんでもかんでも真っ黒だったのが、最近になって不思議に思い始めた。 〈続きを読む〉