お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1095 人 文字数:1889字

おにんぎょうあそび。
[ジャンル:ファンタジー]

 そこは、甘い町。
 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。
 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。
 もちろんグミの実だってなる、お菓子のほうのね。

 ふわふわピンクでどこを齧ってもおいしい町。
 そこが私の住んでいる町。

 ここではおしごともべんきょうもなあんにもないのよ。


「あら、チィコちゃん」
 近所のおばさんが話しかける。
 ウサギのチィコは、あらひさしぶり、とタヌキのおばさんに答えるの。
「ヨシダのおばちゃん、おひさしぶりですー」
「また大きくなったわねぇー」
 てへへー、っとチィコは照れて笑うのよ。
 そして……。

**********

「えっと、そして……」
「どうしたんだよ、続きは?」
 私たちは今、有名なお人形セットで遊んでいるの。
 動物の住人たちと、かわいい家具が一緒のやつよ。
 去年、サンタさんがくれたの。
 起きたら枕元に置いてあったの、サンタさんっていつも私が欲しいものをくれるのよ、すごいわ!
 ママにはいくら言ってもダメなの、どうせサンタさんがくれるでしょって。
 こういうの、たりきほんがん、っていうんでしょ?

 目の前にいるのは、お隣のシロウ君。
 一緒に何をして遊ぶかで、ジャンケンに買ったから、私はおままごとがいいって言ったの。
 でも、シロウ君はいやだって。
 だから、せっかくのお人形を使って、人形劇をすることにしたの。
 私はこの子たちといつもお話して遊んでるから。

 でもなんでだか、シロウ君の前だとうまく言葉が出てこないの。
 いつもすらすら喋るタヌキのヨシダのおばちゃんも、ウサギのチィコもだんまりよ。

「ええっと……」
「仕方ねぇなあ」
 シロウ君は、近くのイヌの男の子を手にとったの。
「おいおいチィコ、どうしたんだ」
 声をなるべく自分じゃないような言い方で(こういうの、こわいろ、っていうの?)、シロウ君は話し始めた。
 きっとイヌの子をやってくれるのね?
「あらあら、あなたのお名前は?」
 タヌキの、ヨシダのおばちゃんがはじめましての――ううん、本当ははじめましてじゃないんだけど、いつも私が一緒に遊ばせているのだけど、今日は中身が違うから、はじめましてなの――男の子に話しかけるの。
「おいおい、ボケがはじまっちまったのかよオバサン! 俺はタロウって言うんだぜ」
「あらあらそうだったかしらごめんなさいね」
 ヨシダのおばちゃん、かわいそう。何度もぺこぺこと頭をさげているの。
「もういいよ! 俺は今日はチィコと遊ぶ予定があるんだ!」
「あらそうだったの、いってらっしゃい」
 お人形はみんな腕が上下にしか動かないから、ヨシダのおばちゃんは体を全体使って横に揺れる。
 いってらっしゃい、の、ために。
「タロウ君、今日はどこに連れて行ってくれるの?」
 チィコが、タロウ君と手をつなぎながら答えるの。
 ……つなぐ場所なんてないんだけど、くっついているから、きっとつないでいるのよ。
「自分で考えろよー、お前もたまにはさ!」
「ううーん、じゃあ、タロウ君の好きなサッカーでいいよ」
「おお、いいこと言うじゃないか」
 私は近くのビー玉を、適当に持ってくる。
 そして、公園という設定のマットの上で、それを転がした。
「飴玉のボールなの」
「割れたりしないのか?」
「最強の飴玉だから、大丈夫!」
「最強なら仕方ないな!」
 そして、チィコとタロウ君は一緒にサッカーをはじめるの。
 二人共足は動かせないから、体全部を使って、ビー玉をぶつけ合うのよ。


************

 うちのカオリは内気な子だ。
 あんまり幼稚園でも友達ができないでいる。
 そんな中、ご近所の志郎君は結構うちに遊びに来てくれている。
「おばさんの焼くケーキうまいんだ」
 そう言ってくれて、それを口実にしてくれている子だ。確かに、女の子と二人きりになるというのが分かっていながら遊びに来るなんて、そんな口実でもないと恥ずかしいに違いない。
 あの年でも、男の子は男の子なのだから。

 カオリの部屋からは、楽しげな声が響いている。
 そうっとドアの隙間から中を覗くと、人形を使ってビー玉でサッカーのような遊びをしていた。
 いつもありがとうね、志郎君。
 そう言い出せないカオリの表情は、今もとても笑顔で。親にも見せない顔をしていた。
 買ってあげてよかったわ、あれ。

 私は、中に入らず、そっと部屋の前にケーキとジュースを置いて立ち去ったのだった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:プラチナ[オルタ] お題:帝王の兄弟 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:705字
「聞け! 我が帝国民よ!」 皇帝の言葉に王宮の広場に集まった民衆は静まり返る。 先日に皇帝は「王位を降りて息子たちに譲る」宣言し、翌日に王宮に集まるように帝国民 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説41日連続 お題:男同士の虫 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字
「……あぁー、また逃げられたぁ」すでに汗だくで額を拭いながら次の獲物を探す。太陽が眩しすぎてまともに目を開くこともできない。「イサム、まだ一匹も捕まえらんないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fnro(エフヌロ) お題:うへへ、コメディ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:722字
演劇の脚本を執筆するにあたって、どのようなテーマにするかで劇団員は揉めていた。 まだまだ知名度は低いものの、観客が全くいないわけではない。どこかの演出家がふら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:いわゆる家 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:562字
勇者。 魔王を滅ぼす存在。 そう呼ばれる青年が今、ダンジョンを踏破し、最奥――魔王の座する場所へ通じる扉の前にいた。 まだ若い、しかし戦士としての屈強さを兼ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:regalec お題:絵描きの夏 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:676字
まるで、これをこのままキャンパスの上に書き写してしまいたいような夜空だ。一人きりの帰り道。まとわりつくような蒸し暑さでなんとなく空気の淀んだ、そんな夜。ちょっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:とびだせ空 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:876字
唐突として街に出現した予言者は滅びを声高に叫びまくっていた。これが三日三晩続き、街一番の温厚として知られる野良猫・ジャバウォックも、流石にストレスが溜まって予 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:557字
「玻座間くん」顔を上げると、隣のクラスの藤咲が居た。肩までかかるストレートに黒目がちの大きな目。スポーツ万能で女子バスケの主将の彼女は、地元の小さな中学校では有 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:つらいゴリラ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:436字
「どうした篠田。疲れ切ったゴリラみたいだぞ」 帰り道、自転車で追いついてきた友人の第一声がこれだった。「……こんないい男捕まえて誰がゴリラだ」 言い返す言葉もど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:黄色い牢屋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:702字
……夢であればよかったのに。 けれど、目の前の壁も嫌な臭いも一行に変わらない。 記憶の繋がりが残ってない。 ポイントごと区切られたものしか浮かんでこない。 な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楽生斎主人 お題:薄汚い夕日 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:918字
気づけば西の空は茜色に染まり、夜が近づきつつあった。 ウラブは鉄塔のふもとから沈みゆく太陽を見つめていた。「帰らんのかね」 と先生が言った。ウラブは答えず、夕 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:696 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:643 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:590 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:899 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:760 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1095 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:937 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:804 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:900 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1094 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉