お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1051 人 文字数:1656字

※これはフィクションです。
[ジャンル:現代]


 ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。
 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか文章に対しての名称は存在していても、文庫に対しては一概に小説と呼んでいた、というのが私の中での常識だった。
 それが覆されたのはもう十数年前だろうか?
 マンガのような世界観を持つ小説を、なのか、書き方が純文学のそれに則っていないものを、なのかわからないが、ライトノベルという言葉が生まれた。
 私がそれを初めて見た時は、何故これが文書として認められるのか、という疑問だった。
 長年純文学に携わってきたものとして、私はそれが度がたかった。


「どう思われますか、師匠」
 勝手に師匠と呼んでいた人がいた。
 師匠は、一人で棋譜を見ながら詰将棋をしていた。
「はて、な」
「こういったものについてでございます!」
 彼は、友人の祖父だ。
 なんとなく親しくなった友人の祖父が尊敬する作家だったときの感動は今でも忘れない。
 その友人は両親が離縁してしまった上に自身が養子に出されてしまったので、母方の祖父である彼にはもうあまり会いに来ることがなかったが、彼を勝手に師匠と崇めていた私は彼のもとに足繁く通っているのだった。
 私は詰将棋をする彼の前にライトノベルなるものを置いた。
「読んだことがないから、わからんよ」
 彼はそれだけ言うと、よいしょ、とそれをどけ、続きを始めた。
「しかし……!」
「お前さんな」
 少し強い語調で、師匠は言った。
「自分の作品が読みもされずに、くらだん素人文だと謗りを受けたら、どうする」
「もちろん怒ります!」
「そうだろう、当然のことだ」
 目と目が合う。きっと睨まれているようだった。蛇に睨まれたカエルのように。
 それだけ言うと、彼はまた詰将棋に戻った。
「まぁ、嘘偽りない自分自身の目で見て、ほかのやつの声なんざ無視してみても、心のそこからそう思うのなら、そうなんじゃろ」
 師匠の言葉は、それっきりだった。

 家に帰ると、私は師匠のもとに出したライトノベルなるものを読んでみることにした。
 自分の中で構築されている文章の構成やら世界観が壊れる気がして読むことだ嫌だった。ゴキブリに触るとバイキンがついて汚くなりそう、そういったのと同じ嫌悪感だった。
 帯のタイトルは、今度の電○文庫はココが違う! といったような煽り文句で、オススメ作品をいくつか書かれたものだった。
「どうせ、マンガの擬音語なんかで文字数稼いじゃってるような幼稚なものよ」
 全ライトノベル作家を敵に回すような発言をして、彼女はページをめくった。


 はじめて来た世界だと思った。
 私は読書をするとき、自分自身を本の世界に投影させる。
 だから、本を”世界”と称して、こう感じるのだ。空気も空も大地も、文によって作られた仮想世界だ。

 その世界は童話のような世界観でありながら、血で汚れた戦場のようであり、だが心は誰しもが無垢で子供で、だからこそ争いの絶えない世界だった。
 誰もが自分のためだけではなく、誰かのために必死だった。そんなことで自分は得しないのに、ということでも人が動いた。若さ故だ、と読者である私は自分を傍観者として安全な近くで見守り続けるだけだ。
 でもいつしか、頬に涙が伝っていることに気づいた。
 何か衝撃的なことがあったわけではない。
 だが一個一個の文章が、セリフが、人の生き様が、全ての話の流れと世界の空気がそうさせた。

 読書を終えたとき、私は久々に新作の映画でヒット作となりそうな作品をいの一番に掘り当てたような、そんな刺激的で好ましい気分に陥っていた。
 そして、やはり師匠は師匠だな、と感じた。

 自分自身の目で見たものしか信じないことは世界が狭いことではあるが、さらに言うなら自分で見ようともしないことはもっと世界が狭いことだ。

 私は、その日からライトノベル蔑視をやめた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:初雪葛 お題:鋭い人々 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:790字
概ね、他人の視線は鋭いものだ。少なくとも、鈍い視線というものを僕は一度しか見たことがない。 鋭い視線は、鋭いというくらいだから、とても尖っている。尖った視線は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
師走の街 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の唇 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:277字
ひゅうと音を立てながら街を通り抜ける風に、師走の香りを感じた。赤と緑の派手派手しい装飾に彩られた街を、足早に駆けていく。肌寒さと同時に飾り立てられる街並みは昔か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:すごい伝説 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
ものすごく昔、まだ世界がなんか暗かった頃のはなし。とても強い神様となんか恐ろしい大魔王が戦って相打ちになって死んだ。そしてうまく説明できないけどなんかがどーにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:うるさいダンス 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:557字
足下で子猫が遊んでいる。くるくる、くるくる。自分の尻尾を無邪気に追いかけている。前足が尻尾に伸びる度、空ぶった爪がフローリングの床を叩いた。 俺は飼い始めたば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomogata お題:遅すぎたにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1238字
「これは……遅すぎたにおいがするぜ……!!」「ーーあ、ああっ……!!」オーブンを開けるとそこにはーー黒。一面の黒が広がっていた。焦げたにおいが溢れ出し、キッチン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:永遠の高給取り 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:748字
砂漠のただなかにオアシスのふりをして、その施設はある。遭難者の願望をそのまま投影したかのような憩いの地だ。水場のかたわらにヤシの木が生え、アロハ服の案内人が出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくい お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:215字
どこかでお会いしましたか?え、ええ。裁判所で…私には覚えがありません。それは…記憶をなくしていらっしゃいますからね。え?でも見覚えあるんですよねぇ…あなたのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見憶えのある弁護士 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
見覚えがある。あの弁護士には見覚えがあるぞ。この裁判…猥褻物陳列罪で逮捕された男を弁護しているあの男だ。検事の私はあの男とどこかで会ったことがある。卑劣な男だ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説の快楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:384字
小説の快楽。小説の快楽やと? そんなもんがあるか? 舐めておられるのか? 私はそうは思わない。俺は欠席していたのだから、仕方のないことだ。さあ、コーヒーを入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:簡単なぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:224字
いいかい、落ち着いてよく聞いてくれよ。俺はそこらへんに転がってるようなくだらないペロペロをする奴らとは違うんだ。焦らし、転がし、ねぶり・・・その一挙一動に魂を込 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:654 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:596 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:549 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:852 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:714 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1053 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:873 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:778 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:869 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:1051 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉