お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:726 人 文字数:2432字

Killing By My Word
突然呼び出された10畳半のとある一室。
俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。


浩介「新年!明けました!!!」


当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。
なぜならば、本日は4月5日。
つまり、すでに今年になってから4か月目ということだ。
にもかかわらず、俺の目の前にいる奴は、手元にあるジュース缶を投げつけたくなるほどの
ドヤ顔でこちらを見ており、俺の返答を明らかに期待している目つきである。


浩介「なぁなぁ、なんか言うことは?なぁ!?」


残念だが、お前に返す言葉は一言も出てこないぞ、浩介。
俺なりに考えた結果、その間26秒。
浩介が用意していた未開封のジュース缶をいくつかカバンに詰め込み、
無言で立ち上がって部屋のドアの方へと足を向けr


浩介「いやいやいやいやいやいやいやいやいや!なんで!なんで無言で帰るのぉ!?」


非常に面倒臭い。
突拍子もないことに定評のある浩介だ、面倒事に巻き込まれるに違いない。
付き合いが長いからこそ、何があってもここは全力で帰宅フラグを死守せねば。


浩介「比呂ぉ~(泣)」


男が泣きそうな声を出してもグッとは来ないぞ。


浩介「せめて話だけでも聞いていけよぉ~!」


グズり出した。
今このまま帰れば、恐らく着信ラッシュが待っている。
一度着信拒否を発動したことがあったが、その時は本当に酷かった。
PCが壊れるかと思うほどの、スパムのごときメールラッシュが来た。
確かに無視した俺も悪かったかもしれないが、奴の犯罪レベルの行動力はヤバイ。
出来る限り穏便に済ませるべく、俺はため息をつきながら再び座布団に座った。


浩介「あのなあのな!比呂って無口じゃん?
   だから、今年から比呂の語録を作ることにしました!」


それが冒頭の浩介の発言とどう繋がるのだろうか。
テーブルの上にまだ残っていたジュース缶に手を伸ばし、グビッと喉に通す。


浩介「本当は去年からやりたかったんだけど~、猫にビリビリに破かれちゃて~(↓)」


去年もやってたのか。
第一、人の語録なんて作って何が楽しいのか。


浩介「で!新年明けたのに、今年俺は比呂の言葉を一度も聞いていない!」


そりゃあ、大体メールで済ませてたからな。
というか、今日いきなり俺を呼び出した時だって、一方的に通話切っただろ。
むしろ、「もしもし」と俺が言う前に用件だけ伝えたのは浩介だ。


浩介「さっきだって、俺が高らかに新年が明けたことを教えてやったのに、
   ほぼ無表情で無言で!そしてほぼ無音で立ち上がって帰ろうとした!!!」


まぁ、構うのが面倒だと判断したためだが。


浩介「比呂!お前、俺の前でもっと喋れよ!ちゃんと言葉を発しろ!」


いやいや、本当にお前の願望やら命令やらの意味がわからん。
そこに至るまでの経緯が省かれ過ぎていて謎すぎる。
=面倒事だと判断されても全くおかしくない事態なうだぞ。


浩介「比呂ぉ・・・ジュースはいくらでもあるからよぉ・・・!(泣)」


ジュースを淡々と飲み続けるだけの作業をしていたことにやっと気づいたらしい。
しかし、喋る必要もないと判断している状況で喋れと言われても困る。
喋るくらいなら、ジュースを飲んでいたい。
あ、カバンには6本ほど詰め込んだが、もう少し詰め込んでおこう。


浩介「ほら!持って帰る分ならまだあるから!な!?その分喋れ!」


だが断る。
と、声に出して言う代わりに、ジュースを片手に首を振った。


浩介「嫌だって言う時も!ちゃんと言葉にして!」


本当に面倒な奴だ。
呼び出された時点で何かしらの面倒事は確かに覚悟していたつもりだったが。
ここまで面倒だとは思わなかった。


浩介「なんで喋ってくれないんだよ!?俺が何かしたのか!?」


うん、した。
強いて言うなら、いろいろしてたよな?
とはいえ、そんなものが理由で喋らないわけではない。
普段から喋っていないから、あえて喋るつもりはない、というだけ。


浩介「あ、わかった!今年に入って、俺がリア充になったからか!?」


なん・・・だと・・・。
初耳だぞ、その情報。
こんなぶっ飛び人間に、彼女ができたなどと・・・・・
認めん、認めたくない、認めてたまるかそんなもの!


浩介「って、もしや今知ったパターンか!?
   黙っててゴメン!マジゴメン!サーセン!
   だってほら・・・彼女、あんまり可愛いもんだから、つい(笑)」


てへ☆と、語尾に何かしらの記号がついているような笑顔を向ける浩介。
超絶腹が立った。
ついでに俺は、再び立ち上がった。


浩介「ちょおおおおおおおおお!?待った、全力で待ったぁあああ!」


ドアノブに手をかけると、高速で後ろから両肩を掴まれた。
その穢らわしくウザい手を離せ、と視線で訴える。


浩介「一言以上発するまでは、絶対に帰さないからな!」


だが向こうも折れていない。
何もせずに強行で帰れば、今度はPCアタックだけでは済まないだろう。
しかし、言葉を発すると言っても、なんというべきか。
考える事、43秒。
ふと、閃いた。


浩介「お?なんだなんだ?」


若干期待を孕んだ眼差しを向けてくる浩介。
俺は静かに息を吸い込み、帰宅するために一言つぶやいた。


比呂「リア充爆ぜろ☆そして死ね」


それはもう、キラキラとした憎悪と呪いを込めた笑顔を添えて。
俺の言葉を受け取った浩介は、目を点にしてその場に固まってしまった。
目の前で手をひらひらさせても無反応になったので、
ジュース缶をもう少し頂戴してから俺はその場を後にした。
なかなか重くなったカバンを背負いつつ、なんだかすっきりした気分だった。
その後、浩介が俺に「喋れ」とせがむことは・・・・・嬉しい事に、なくなった。





The End.
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今年の発言 制限時間:15分 読者:343 人 文字数:1530字
[ジャンル:現代]「あーあ、今年もこれで終わりかー」 こたつに下半身をつっこみ上半身をだらしなく地面にほうったまま、兄はのんびりと、眠そうに声をあげた。 今は夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花もち お題:今年の発言 必須要素:入れ歯 制限時間:2時間 読者:372 人 文字数:3653字
私は進展のない議論に待ちくたびれて、大きなあくびをした。 人間基準時間でいう年明けに開始される、多層世界運営協議会。今年は第四二十三回を迎える。 第二層の執政 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Kento Mizuno お題:今年の発言 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:15分 読者:343 人 文字数:367字
白。白。白。見渡す限りの白。盲人には一体何が見えているのだろうか。彼らは光なき暗闇の中で生活しているのだろうと思っていたが、眼前に広がる光景を見て私は「これだ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今年の発言 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:15分 読者:414 人 文字数:1101字
最近記憶力が悪くなった、と色々な人に言われる。だからあの時言ったでしょ、と言われてもそうだっけ、としか返せずに、申し訳ないという顔で微笑むことばかり上手くなった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蓬団子@しゅん お題:今年の発言 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:474字
「今年も終わりが近付いてきたよな……」 制服の上着ポケットに手を突っ込みながら誠がポツリ。「そうだね。今年ももう終わりかぁ……」 美穂も、懐かしむように声を出す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森野いづみ お題:今年の発言 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:817字
白く揺らめく吐息を見上げながら、そういえば、もう十二月なのだっけ。と、ふと思う。 噂では、今年中に世界は終わってしまうのだとか。 それを聞く度、なんて陳腐な話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と僕 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:2005字
君と僕が出会ったとき、僕の家の庭にはシオンが咲いていた。母が大事にしていた庭に亡くなった父がせっせと侵食するように植えたものだった。それは両親を亡くした僕にと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:独☆蟲 洋ゲー大好き侍 お題:闇の理由 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:699字
僕が生まれる丁度二年前くらいに、世界は闇に包まれた。 突如として太陽がその活動を終え地球にその暖かな光が差す事はもう、無い……。「神山君、申し訳無いね。折角非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:その辺のゴミクズ お題:弱い暴走 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:4959字
不思議な感覚だった。 泣いている私を、私が見ている。その涙の理由もわからないまま、私はそこに突っ立っている。私だとわかるのは、昔大事にしていたぬいぐるみをその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:797字
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵まで 〈続きを読む〉

ほにゃら隊長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:984 人 文字数:2040字
「はぁ~。」時刻は、午後9時を回ったところ。住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:640 人 文字数:2823字
『濡れ鼠にご用心』大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。「風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:暑い凶器 制限時間:2時間 読者:703 人 文字数:1456字
「あづ~・・・・・」季節は夏、誰もが猛暑と呼ぶ時期。日差しという名の凶器を常に突きつけられ続け早十数分。この凶器はヤバイ、痛い、暑い。と、うなだれていてもどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:シンプルなブランド品 制限時間:2時間 読者:776 人 文字数:2855字
私は、知っている。あのお淑やかで物静かで控えめな美少女、霧咲純(きりさき じゅん)が、とある大企業の社長令嬢であること。しかし、彼女がブランド品らしいブランド品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:726 人 文字数:2432字
突然呼び出された10畳半のとある一室。俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。浩介「新年!明けました!!!」当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。なぜならば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:打算的な孤島 制限時間:2時間 読者:756 人 文字数:4295字
超高層ビルの最上階に位置する、とある女が居を構える、禁断の事務所。天空の孤島、探偵の隠れ家、隔離された牢獄・・・。いろんな人が、いろんな呼び方をするこの場所。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:彼の私 制限時間:2時間 読者:885 人 文字数:4469字
彼にとって、私は所詮、一介の一般人でしかないのだろう。そんな考えを持ってからというもの、私の中から、恋の芽が育つ肥沃な土が消えた。彼は近所に住むお兄さんで、いわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:神の神様 制限時間:2時間 読者:827 人 文字数:3796字
「ねぇ、知ってる?天界を治める神にも、神様がいたんだって。」それは、あまりにも唐突な話題だった。さらに言うなら、意味不明だった。『・・・・は?』俺は思わず、言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:742 人 文字数:1926字
「く、来るな!俺に触るな!!!」それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:黒い祖父 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:2時間 読者:708 人 文字数:2208字
俺の祖父さんは、いつも真っ黒な服を着ていた。最初は、全然気にならなかった。けど、和服も洋服も、なんでもかんでも真っ黒だったのが、最近になって不思議に思い始めた。 〈続きを読む〉