お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:723 人 文字数:1926字

放してくれ
「く、来るな!俺に触るな!!!」

それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。



真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。
金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼い馴らされていた。
日常的に与えられる暴力。
それでも自我を手放すことはできなくて、やがて強すぎる警戒と恐怖が芽生えた。
人間は俺を傷つける、暴力を振るう、酷いことをする。
他の鉄格子の中にいる奴で、何人かがどこかへ連れて行かれるのを見た。
たぶんここは、人身売買か何かをしているんだと思う。
壊れない程度に痛めつけて、買い手が現れたら暴力を止める。
そして買われなかったら、また暴力。
身体も心もボロボロになって、俺は部屋で横たわってばかりだった。
外の世界も時間も、覚えてない。



ソイツが来たのは、買い手が現れたらしい頃だった。
暴力は一時的に止んで、傷が少しずつ治り始めていた。
急に周りが騒がしくなって、俺に暴力を与えていた男が連れて行かれた。
武器を持った人がたくさんなだれ込んできて、わけがわからなかった。
人がたくさん、人は怖い、人は俺に酷いことをする・・・。
恐怖が頭を占領していると、不意に鉄格子の扉が開いた。

『もう大丈夫だ。さぁ、おいで。』

その声は、優しかった。
けれど、俺は何よりも人が怖かった。
差し伸べられた手でさえも、恐怖の対象でしかなかった。

「く、来るな!俺に触るな!!!」

恐怖のあまり、部屋の壁際へ逃げる。
ソイツは驚いた顔をしたが、逃げた俺を追うように近づいてきた。

『大丈夫。君を助けに来たんだ。悪い人はもういないよ。』

「違う!お前だって悪い奴だ!俺に暴力を振るう、酷いことをする!」

『!・・・そっか・・・たくさん暴力を受けてきたんだね。』

「っ・・・・」

その目には、哀れみの情があった。
それでも、俺の身体は、人に触られることを恐れ、震えが止まらなかった。

『でも、ここにはもういられない。
 せめて外に出よう。
 しばらくは保護下にいなくちゃいけないけど、いずれ自由になれる。
 さ、行こう。』

ソイツが優しい人間だってことくらい、すぐにわかった。
ただ、暴力を受けていた期間が長すぎて、身についてしまった警戒心ゆえに、
いきなりソイツにすがることはできなかった。
壁を利用して、傷だらけの身体を無理やり立たせた。
4日前に作られた痣が、身体を動かすたびに悲鳴を上げている。

『歩ける?辛かったらすぐに言うんだよ?』

「・・・・・。」

正直言うと、辛かった。
立っているのもやっとだった。
ソイツは俺の少し前を行くように、鉄格子の扉付近まで移動した。
後を追おうと、慎重に足を動かす。
一歩、また一歩。
踏み出すたびに身体が悲鳴を上げ、足は殆ど引きずっている状態。
もう少しで鉄格子を掴める、あと3歩、2歩・・・

「ぅぁっ!?」

『っ!大丈夫かい!?』

「ぁ・・・あ・・・・・・っ、ぅ・・・・!」

足がもつれて、倒れた。
間一髪でソイツが前に出て、俺の身体を受け止めてくれた。
人に触られている・・・人に・・・・俺が・・・・・!

「は、放せ!触るな!離せ!!!」

『こら、暴れたら傷に響くよ!』

「嫌だ!人に触れたって、痛いことしか・・・!」

『!』

簡単に押さえ込まれてしまうだろう程度の力で必死に抵抗した。
人という感触が、ぬくもりが、あまりにも怖かったから。
でも、ソイツは・・・放すどころか、逆に俺を抱きしめてきた。

『大丈夫。大丈夫だよ。もう、怖くない。』

「っ!?」

唐突な出来事に上手く考えられなくなって、気が付いたら体の震えが止まっていた。
どうしていいかわからなくなって、動けなくって。

『いっぱい痛かったね。怖かったね。今だって、辛いだろう?』

なんなんだよ、なんで・・・・俺は、拒絶したんだぞ・・・・

『大丈夫だから。少なくとも、俺は君を蹴ったり殴ったりなんてこと、しないよ。』

ボロボロで、汚れてる俺に、なんで優しくしてくれるんだよ。

『もう、辛いことを我慢しなくて、いいんだよ。』

「・・・っ、ぁ・・・・ぅ・・ああ、あああああああああああああ!!!!!」



明らかにねじれた出会い方をしたと、今でも思う。
もちろん、ねじれていたのは、俺の方。
人を信じず、人を恐れ、人から逃げようとした。
そんな俺を、ただ優しく抱きしめて、優しく声を掛けてくれて。
腕の中で泣きじゃくる俺の頭を、優しく優しく撫でてくれた。
俺のねじれを直してくれた。
ねじれが直った先に見えたのは・・・・・俺の、自由だった。





The End.

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:イタリア式の監禁 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:2571字
今夜も俺は甘く柔らかな優しい声で囁く。大丈夫だ、俺は女性の扱い方に関しては慣れている。ネットで声をかけてDiscordで会話するうちに親しくなった女は、リアルで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:忘れたい命日 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:379字
今日は、妹の命日だ。 俺の妹は、あの日、俺の目の前で喉を斬られた。 俺は、何もできなかった。精神的ショックで一歩も動けなかった。 我ながらクズだとは思う。家族 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:記録にない病院 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1866字
「ええと、保険証どこにしまったっけ」 健康診断を受けに久しぶりに病院に行く。うちの会社はそれぞれのタイミングで各自健康診断を受けに行き、後日提出を求められる。健 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:気持ちいい戦争 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:6438字
皆様こんにちは!私、小春まりえ、高校2年生です☆ぴーすぴーす!青山くんが大好きで、青山くんの為なら「世界中を敵に回してでも青山くんの味方になりたい」ガールです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:自分の中の悪魔 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:1815字
私はHRが嫌いだ。吊し上げ、公開処刑。そんな言葉が合う。吊し上げを見るより、一刻も早く帰りたい人の方が絶対に多いはずだ。特に今日は早く帰りたい。今日の議題は私が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:今年の怒り 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:2710字
仕事するのは面倒くさい。クライアントは平気で無理難題を言ってくるし、あちこち駆け回って打ち合わせをして、一つ一つ交渉するのもめんどくさい。「それではこのように… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:素人の冒険 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1040字
私は出不精だ。休日はもっぱら家でできることを延々とやっている。書を捨てず街に出ない。関西在住だが、生まれてこの方関西から出たことがない。とにかく行動範囲が狭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:少女のぬくもり 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1475字
真夜中、大雪が吹き荒むなかで、俺は線路沿いを歩いていた。ひたすらまっすぐに、ただ黙々と進んで行く。頰に受ける風は冷たくて、体温はとっくに奪われていた。終電は1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:青い悪魔 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:3469字
青山くんは誰に対しても優しいです。私は今日も陰ながら青山くんを観察中です。切れ長の目にサラサラの茶色の髪の毛。英語のテストはいつも満点だし物言いが柔らかくて優し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クリオネ@ゆ お題:群馬の死刑囚 制限時間:2時間 読者:31 人 文字数:3194字
季節は秋、文化人類学の研究で、僕は羽根川教授の付き添いとして、山奥にある小さな集落へと向かった。単位が足りなくて困っていたところ、今回の調査についていけば貰える 〈続きを読む〉

ほにゃら隊長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:965 人 文字数:2040字
「はぁ~。」時刻は、午後9時を回ったところ。住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:621 人 文字数:2823字
『濡れ鼠にご用心』大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。「風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:暑い凶器 制限時間:2時間 読者:679 人 文字数:1456字
「あづ~・・・・・」季節は夏、誰もが猛暑と呼ぶ時期。日差しという名の凶器を常に突きつけられ続け早十数分。この凶器はヤバイ、痛い、暑い。と、うなだれていてもどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:シンプルなブランド品 制限時間:2時間 読者:758 人 文字数:2855字
私は、知っている。あのお淑やかで物静かで控えめな美少女、霧咲純(きりさき じゅん)が、とある大企業の社長令嬢であること。しかし、彼女がブランド品らしいブランド品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:717 人 文字数:2432字
突然呼び出された10畳半のとある一室。俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。浩介「新年!明けました!!!」当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。なぜならば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:打算的な孤島 制限時間:2時間 読者:734 人 文字数:4295字
超高層ビルの最上階に位置する、とある女が居を構える、禁断の事務所。天空の孤島、探偵の隠れ家、隔離された牢獄・・・。いろんな人が、いろんな呼び方をするこの場所。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:彼の私 制限時間:2時間 読者:866 人 文字数:4469字
彼にとって、私は所詮、一介の一般人でしかないのだろう。そんな考えを持ってからというもの、私の中から、恋の芽が育つ肥沃な土が消えた。彼は近所に住むお兄さんで、いわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:神の神様 制限時間:2時間 読者:816 人 文字数:3796字
「ねぇ、知ってる?天界を治める神にも、神様がいたんだって。」それは、あまりにも唐突な話題だった。さらに言うなら、意味不明だった。『・・・・は?』俺は思わず、言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:723 人 文字数:1926字
「く、来るな!俺に触るな!!!」それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:黒い祖父 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:2時間 読者:684 人 文字数:2208字
俺の祖父さんは、いつも真っ黒な服を着ていた。最初は、全然気にならなかった。けど、和服も洋服も、なんでもかんでも真っ黒だったのが、最近になって不思議に思い始めた。 〈続きを読む〉