お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:742 人 文字数:1926字

放してくれ
「く、来るな!俺に触るな!!!」

それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。



真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。
金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼い馴らされていた。
日常的に与えられる暴力。
それでも自我を手放すことはできなくて、やがて強すぎる警戒と恐怖が芽生えた。
人間は俺を傷つける、暴力を振るう、酷いことをする。
他の鉄格子の中にいる奴で、何人かがどこかへ連れて行かれるのを見た。
たぶんここは、人身売買か何かをしているんだと思う。
壊れない程度に痛めつけて、買い手が現れたら暴力を止める。
そして買われなかったら、また暴力。
身体も心もボロボロになって、俺は部屋で横たわってばかりだった。
外の世界も時間も、覚えてない。



ソイツが来たのは、買い手が現れたらしい頃だった。
暴力は一時的に止んで、傷が少しずつ治り始めていた。
急に周りが騒がしくなって、俺に暴力を与えていた男が連れて行かれた。
武器を持った人がたくさんなだれ込んできて、わけがわからなかった。
人がたくさん、人は怖い、人は俺に酷いことをする・・・。
恐怖が頭を占領していると、不意に鉄格子の扉が開いた。

『もう大丈夫だ。さぁ、おいで。』

その声は、優しかった。
けれど、俺は何よりも人が怖かった。
差し伸べられた手でさえも、恐怖の対象でしかなかった。

「く、来るな!俺に触るな!!!」

恐怖のあまり、部屋の壁際へ逃げる。
ソイツは驚いた顔をしたが、逃げた俺を追うように近づいてきた。

『大丈夫。君を助けに来たんだ。悪い人はもういないよ。』

「違う!お前だって悪い奴だ!俺に暴力を振るう、酷いことをする!」

『!・・・そっか・・・たくさん暴力を受けてきたんだね。』

「っ・・・・」

その目には、哀れみの情があった。
それでも、俺の身体は、人に触られることを恐れ、震えが止まらなかった。

『でも、ここにはもういられない。
 せめて外に出よう。
 しばらくは保護下にいなくちゃいけないけど、いずれ自由になれる。
 さ、行こう。』

ソイツが優しい人間だってことくらい、すぐにわかった。
ただ、暴力を受けていた期間が長すぎて、身についてしまった警戒心ゆえに、
いきなりソイツにすがることはできなかった。
壁を利用して、傷だらけの身体を無理やり立たせた。
4日前に作られた痣が、身体を動かすたびに悲鳴を上げている。

『歩ける?辛かったらすぐに言うんだよ?』

「・・・・・。」

正直言うと、辛かった。
立っているのもやっとだった。
ソイツは俺の少し前を行くように、鉄格子の扉付近まで移動した。
後を追おうと、慎重に足を動かす。
一歩、また一歩。
踏み出すたびに身体が悲鳴を上げ、足は殆ど引きずっている状態。
もう少しで鉄格子を掴める、あと3歩、2歩・・・

「ぅぁっ!?」

『っ!大丈夫かい!?』

「ぁ・・・あ・・・・・・っ、ぅ・・・・!」

足がもつれて、倒れた。
間一髪でソイツが前に出て、俺の身体を受け止めてくれた。
人に触られている・・・人に・・・・俺が・・・・・!

「は、放せ!触るな!離せ!!!」

『こら、暴れたら傷に響くよ!』

「嫌だ!人に触れたって、痛いことしか・・・!」

『!』

簡単に押さえ込まれてしまうだろう程度の力で必死に抵抗した。
人という感触が、ぬくもりが、あまりにも怖かったから。
でも、ソイツは・・・放すどころか、逆に俺を抱きしめてきた。

『大丈夫。大丈夫だよ。もう、怖くない。』

「っ!?」

唐突な出来事に上手く考えられなくなって、気が付いたら体の震えが止まっていた。
どうしていいかわからなくなって、動けなくって。

『いっぱい痛かったね。怖かったね。今だって、辛いだろう?』

なんなんだよ、なんで・・・・俺は、拒絶したんだぞ・・・・

『大丈夫だから。少なくとも、俺は君を蹴ったり殴ったりなんてこと、しないよ。』

ボロボロで、汚れてる俺に、なんで優しくしてくれるんだよ。

『もう、辛いことを我慢しなくて、いいんだよ。』

「・・・っ、ぁ・・・・ぅ・・ああ、あああああああああああああ!!!!!」



明らかにねじれた出会い方をしたと、今でも思う。
もちろん、ねじれていたのは、俺の方。
人を信じず、人を恐れ、人から逃げようとした。
そんな俺を、ただ優しく抱きしめて、優しく声を掛けてくれて。
腕の中で泣きじゃくる俺の頭を、優しく優しく撫でてくれた。
俺のねじれを直してくれた。
ねじれが直った先に見えたのは・・・・・俺の、自由だった。





The End.

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君と僕 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:2005字
君と僕が出会ったとき、僕の家の庭にはシオンが咲いていた。母が大事にしていた庭に亡くなった父がせっせと侵食するように植えたものだった。それは両親を亡くした僕にと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:独☆蟲 洋ゲー大好き侍 お題:闇の理由 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:699字
僕が生まれる丁度二年前くらいに、世界は闇に包まれた。 突如として太陽がその活動を終え地球にその暖かな光が差す事はもう、無い……。「神山君、申し訳無いね。折角非 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:その辺のゴミクズ お題:弱い暴走 制限時間:2時間 読者:38 人 文字数:4959字
不思議な感覚だった。 泣いている私を、私が見ている。その涙の理由もわからないまま、私はそこに突っ立っている。私だとわかるのは、昔大事にしていたぬいぐるみをその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:797字
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:isi お題:オレだよオレ、水 制限時間:2時間 読者:34 人 文字数:7540字
さて、時折に不可思議なものというものは存在するものであり、誰がいつそれに当たるかは神のみぞ知るような事柄である。今日の天気は雨ではあったが、俺は自転車で登校し、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:とんでもない死 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:1061字
夜寝ている間に死んでいた私の気持ちを誰が分かるだろうか。変哲の無い1日の終わりに、私は命まで終わらせてしまった。本当に特別なにもしていない。死んでしまったことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒剣 お題:同性愛の小説 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:2124字
ちょっと(恋)愛のカタチについてのメモ。人間てのは複雑なもんで。恋をするんですね~~。 他の生物は恋愛するんでしょうか?脳ミソが勘違い、錯覚を起こしてって言う説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臈たし お題:日本式の天才 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:914字
オフィスから吐き出され帰途につく人々が道に流れをつくりはじめる夕暮れ時、フェルメール展の入り口で、高層ビルの脇をかすめて射す西陽を受け、妖艶なワインレッドのド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美紗 お題:黒い山 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:3951字
気持ちのいい風が吹いている。汗をぬぐった手を見下ろしていると、冷たい水を飲みたい欲求がますます高まる。「ももか、そっちはどう?終わりそう?」川を挟んだ向こう岸か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:灰色の惑星 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1377字
ぶつかってきた男の子は、灰色の目をしていた。目深に被っていたフードからちらりと見えたその目は苦しそうに歪んでいた。「おい、待て!」「くそ、ちょこまかと!!」男の 〈続きを読む〉

ほにゃら隊長の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:疲れたカリスマ 制限時間:2時間 読者:984 人 文字数:2040字
「はぁ~。」時刻は、午後9時を回ったところ。住宅街にたたずむちょっと大きな一軒家に、その男は帰ってきた。リビングに現れるなり溜め息を漏らす、長身・黒髪ショートの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:騙された紳士 制限時間:2時間 読者:640 人 文字数:2823字
『濡れ鼠にご用心』大雨の降り注ぐ晩夏の夜、ずぶ濡れの少女はうずくまっていた。所持品は、纏っている衣類以外になく、ただ暗雲の広がる空を睨むように見上げていた。「風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:暑い凶器 制限時間:2時間 読者:703 人 文字数:1456字
「あづ~・・・・・」季節は夏、誰もが猛暑と呼ぶ時期。日差しという名の凶器を常に突きつけられ続け早十数分。この凶器はヤバイ、痛い、暑い。と、うなだれていてもどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:シンプルなブランド品 制限時間:2時間 読者:776 人 文字数:2855字
私は、知っている。あのお淑やかで物静かで控えめな美少女、霧咲純(きりさき じゅん)が、とある大企業の社長令嬢であること。しかし、彼女がブランド品らしいブランド品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:今年の発言 制限時間:2時間 読者:725 人 文字数:2432字
突然呼び出された10畳半のとある一室。俺を呼び出した奴は、高らかにこう告げた。浩介「新年!明けました!!!」当然のことながら、俺は次の言葉に詰まった。なぜならば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:打算的な孤島 制限時間:2時間 読者:756 人 文字数:4295字
超高層ビルの最上階に位置する、とある女が居を構える、禁断の事務所。天空の孤島、探偵の隠れ家、隔離された牢獄・・・。いろんな人が、いろんな呼び方をするこの場所。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:彼の私 制限時間:2時間 読者:885 人 文字数:4469字
彼にとって、私は所詮、一介の一般人でしかないのだろう。そんな考えを持ってからというもの、私の中から、恋の芽が育つ肥沃な土が消えた。彼は近所に住むお兄さんで、いわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:神の神様 制限時間:2時間 読者:826 人 文字数:3796字
「ねぇ、知ってる?天界を治める神にも、神様がいたんだって。」それは、あまりにも唐突な話題だった。さらに言うなら、意味不明だった。『・・・・は?』俺は思わず、言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:ねじれた出会い 制限時間:2時間 読者:742 人 文字数:1926字
「く、来るな!俺に触るな!!!」それが、ソイツに初めて会った時の、第一声だった。真っ暗な部屋、鉄格子、冷たいコンクリート。金のために売り飛ばされた俺は、ここで飼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほにゃら隊長 お題:黒い祖父 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:2時間 読者:708 人 文字数:2208字
俺の祖父さんは、いつも真っ黒な服を着ていた。最初は、全然気にならなかった。けど、和服も洋服も、なんでもかんでも真っ黒だったのが、最近になって不思議に思い始めた。 〈続きを読む〉