いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

6月24日のバトル作品一覧歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:果沖千穂 お題:失敗の巨人 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1143字 評価:3人
他の家族は地べたに座って石造りのテーブルを囲んでいるなか、ハリギリは母親の手に抱え上げられて四角く切り出された石の上に腰を下ろす。それでようやく、彼は食卓を見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:打算的な悪役 必須要素: 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2402字 評価:2人
屋上で煙草を吸っているのが見つかった。指導室に引っ張っていかれて、たくさん説教をされた。それを平気な顔で聞き流した。 教室に戻って、机の上で足を組んで授業を受 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:冬の犬 必須要素: 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:1994字 評価:3人
駅を出たとたん、冷たい風が吹き付けて震えた。冬物を取り出すのを面倒がって薄っぺらなコートを着てきたせいだ。人気のない道路はやたら見通しがいい。建物がないからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:冬の犬 必須要素: 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:2258字 評価:3人
わたしには仲良しの犬がいた。白っぽい毛の犬で、そのまま素直にシロという名で呼んでいた。 シロは50センチぐらいの北海道犬で、わたしが10歳の頃に我が家にやって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:失敗の失踪 必須要素:離婚 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:3323字 評価:1人
「私達、別れましょう。」妻からそう告げられたのはおよそ、30分前の事だった。なぜ、そんなことを言われたのか、私には想像もつかない。妻が不倫でもしていて、そのため 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:果沖千穂 お題:失敗の失踪 必須要素:離婚 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1424字 評価:1人
ポーン、とぼんやり優しい音が軌道エレベーターの内部に響いた。次いで、柔らかく親しみやすい女性の声があとどれくらいで月に到着するのかを伝える。和子はそれを、エレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:失敗の失踪 必須要素:離婚 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1307字 評価:1人
リタが消えてしまったことに気づいたのは、離婚を切り出した日から数えて3日目、妻が命を断った日から数えて2日目だった。我ながら父親失格だと思うが、正直に告白する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:失敗の失踪 必須要素:離婚 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:2571字 評価:1人
俺の人生に「失敗」の二文字はない。 今までもそうだし、これからもそうだ。 その夜、俺は県道を車で走っていた。窓の外を流れていく景色を横目で見ながら、ハンドルに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:3384字 評価:2人
美和の彼はウスバさんという。細身の長身で、少し濃い顔をしているせいか、青っぽい黒目もあいまって、ハーフっぽく見える。実際、ハーフではないが少し西欧の血が混ざっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:110 人 文字数:1511字 評価:4人
古びた居酒屋の電子ディスプレイに映し出されたアイドル。壊れかけたロボット・アイドルが、ロボット特有の音域で叫び、かすれた声で歌っている。 痛々しい声だと思った 〈続きを読む〉