いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

8月19日のバトル作品一覧歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:2000字 評価:1人
お盆なので、死んだ人が帰ってきた。僕はその日東京ビックサイトの東棟にあるお盆特別企画死んだ人復活ゾーンに来ていた。東京ビックサイトは人がたくさんいて、コミケみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松竹輪子 お題:ぐふふ、平和 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1497字 評価:1人
次の文章を読んで頂きたい。「ぐふぐふふ ぐぐ ふふぐ ふふぐふぐ ふふぐぐ ぐぐふぐぐ ぐふぐぐふ ぐぐふふぐ ふふぐふふ ぐふふふ ぐふふ ふふぐ ふぐふふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:計算ずくめの血痕 必須要素: 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:3928字 評価:2人
「ねえ、家庭科室のウワサ知ってる? 血だらけの女の子が出るっていう……。そう、昔家庭科部ってクラブでいじめられてた女の子が自殺して……」「まだ残ってるの?」 わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺クズすぎワロタ お題:早すぎた極刑 必須要素:靴紐 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2178字 評価:3人
廻船問屋が多くたちならぶ大河のほとりに八つの生首が並んだのはある夏のことだった。それらは長く世間を騒がせていた盗賊団のもので、昨日の夜半、大捕物のすえとらえられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:頭の中の御曹司 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:2457字 評価:3人
水の味がした、いや、海の味だ。当然だった、ここは海の中なのだから、生まれてこのかた海以外の場所にいたことなどない。マーメイド――男なのだからマーマンと呼ぶべきか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:今日の命日 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:3203字 評価:2人
「鹿児島ってどこよ?」「九州地方の沖縄を除いて1番南にある県ですね。」図書室で2人の生徒の会話が繰り広げられていた。2人は地図を広げ、様々な地名を辿っていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今日の命日 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:2578字 評価:2人
大小九つの島が東西に並んだその一帯は「九州」という名で呼ばれていた。 九つの島の内、最も東にある最も大きな島は「ヒノデ島」と呼ばれ、そこから「二の島」から「八 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:解けかけの氷 お題:見憶えのある狐 必須要素:生理痛 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:3501字 評価:4人
生理でもないのにお腹が痛いことがある。 その痛みを覚える度に、私は幼少期のことを思い出すのだった。 告白しよう、私は不可抗力ではあったが、一度人を殺したことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な夏休み 必須要素:奴の小指 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:4469字 評価:3人
「岡島さん」 鬱陶しい雨の昼休み、人通りの少ない廊下でボーっと過ごしていると、不意に後ろからそう声をかけられた。 振り向くと、見覚えのない女生徒が立っている。黒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:暑いオンラインゲーム 必須要素:にゃんまげ 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:3708字 評価:2人
山井さんはわたしの大学の先輩で、優秀なエンジニアだった。 ゲーム業界に入りたかったが、就職活動の結果それは叶わず、かわりに他人がうらやむような大きな企業に入社 〈続きを読む〉