いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

7月13日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:箱の中の過ち 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:2887字 評価:4人
あいつが死んだ。 人間あっけないものだな、と黒い服を着たわたしは思う。 椅子に座した大人たちは、好き勝手何かしゃべっている。後ろに行くほどその度合いは高く、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:せつない食卓 必須要素:チョイ役 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:3420字 評価:1人
「わたし“ゆかもち”こと剣持ユカ、映画の主演決まりましたー!」 ワーッ、と食卓が沸いた。趣味のいい木のテーブルを囲んだみんなが、立ち上がった“ゆかもち”を見上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えいたす お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1438字 評価:1人
私が彼を初めて見たのはつい昨日の話だ。昨晩酔って帰ってきた主人が家に連れ帰ってきたのである。嬉しそうに「今日からこいつと仲良くしろよ〜」と私に告げたが、突然の事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:日本式のフォロワー 必須要素:力士 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1778字 評価:1人
新大阪駅の乗り換え口で待ち合わせをしていた。「時間通りね」 僕を呼び出したのは、クラスで一際目立つし、口も立つ女子だった。高校の制服ではなく、白いブラウスにス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:失敗の螺旋 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2078字 評価:1人
灰色のキャンバスに色とりどりの花が咲き乱れる。 小さかった頃のヒロは友人のジョセフと一緒に、よくそれを観に丘の公園の展望台にある特等席に走ったものだった。 鮮 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:3003字 評価:1人
先日の人間ドックで血糖値の高さを指摘されてから、甘い物禁止令が職場に発令された。同僚と揃って同じ結果を出たのが上司に知られたのだ。客が差し入れる菓子折りの箱が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:3111字 評価:1人
スーツケースを片手に電車内に一歩入り込んだ途端、茶色の景色が広がった。野球場だった。中腰の、すぐに動ける体勢から、私はそのグラウンドを見た。守備側、バッターがキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:やば、失敗 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2906字 評価:1人
休日の昼間にパソコンでゲームをしていると、最近ボケ始めたじいさんがふらふら近づいてきた。足取りは危なっかしく、自分の右足に左足を引っ掛けて転びそうである。整頓 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やば、失敗 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:3358字 評価:1人
「ダメだ、これは失敗だ……」 投げ出すようにスプーンを置いて、谷窪十郎は頭を抱えた。「どうすればできるんだ、究極のカレー……」 向かいのテーブルに座る十郎の恋人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼が愛した就職 必須要素:ゲ○ 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:3816字 評価:1人
僕が就職活動をしていた頃の話をしよう。ある会社を受けた時のことだ。 二次選考の面接の時、僕はその会社の会議室で自分の番が来るのを待っていた。 今日は集団面接で 〈続きを読む〉