いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

9月14日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの窓 必須要素:スケベ人間 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3969字 評価:1人
「小っちゃい頃ってさ、割とわけわかんないこと起きてたよね」 林間学校の夜、ふとアオイがそんなことを言い出した。「わけわかんないこと?」「そうそう、よく考えたらお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2985字 評価:3人
教会の懺悔室は今日も満員御礼で、すし詰めになった室内から入り切らない人の尻が覗いているほどだった。「日曜の朝だってのに」 ミサを取り仕切る神父様は不満げだ。せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:複雑な始まり 必須要素:ケチャップ 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:3616字 評価:1人
新国立競技場では、かつてオリンピックが開かれた時よりも大人数の観衆がひしめいている。5万人以上が見守る中、競技場の中心に今、四人の選手が並び立とうとしていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:暗黒の家事 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:1371字 評価:1人
食事の前に律義に祈りをささげる習慣を、リザは嫌悪していた。そもそも、創造主という時代遅れの妄想に取りつかれた家族にうんざりしていた。「今日も私たちを生かしてく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:暗黒の家事 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:3310字 評価:1人
生活のための活動を家事というのなら、これもまた家事なんだろうか。よく絞った布で金属の感触がするそれを拭いながらそう思う。手の下の、硬いくせに弾力のある感覚はいつ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:暗黒の家事 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:2414字 評価:1人
ホッチキスで綴じられた書類に一枚、余計な紙がくっついていた。「ん?」 自分のデスクでいつものように退屈な事務仕事をしていたところ、目に飛び込んできた、場違いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:セクシーな夜中 必須要素:太宰治 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:2498字 評価:4人
母は寝込みを淫魔に襲われてぼくを孕んだらしい。父親のいない理由をそんなふうにごまかしているのだと子供の頃から思っていたが、「お前の父親はそこらの人間なんかより 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぷら お題:贖罪の道のり 必須要素:パスタ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1420字 評価:1人
「ダ、ダメ…これはやっちゃいけない…」深夜、私は手に刃物を持ち、幽鬼のような顔で立っていた。ここで止まればまだ救いがあったかもしれない。私はそれが悪いことだと分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:贖罪の道のり 必須要素:パスタ 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:1918字 評価:1人
路地裏に連れ込まれ、数人にぼこぼこにされて、命の灯火の危機を感じていると、「おい」と、いきり立って私を袋にしているその人たちとは全然関係ない声がして、腫らした目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:箱の中の過ち 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:2887字 評価:4人
あいつが死んだ。 人間あっけないものだな、と黒い服を着たわたしは思う。 椅子に座した大人たちは、好き勝手何かしゃべっている。後ろに行くほどその度合いは高く、前 〈続きを読む〉