いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

11月18日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:2576字 評価:1人
「わんわん」飼い犬のペロを散歩させていると、普段驚くほど吠えないペロが突然吠えだした。そうしてリードをぐんぐんと引っ張って走り出そうとしてきた。「どうしたペロ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:近い理由 必須要素:ペロペロ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2932字 評価:1人
雨がガラスを打っていた、楕円に広がり落ちる水は尽きることなく後から後から流れ落ちる。バス停の中の、ベンチから俺はそれを聞いた。意味のない待ち時間が苦痛だった、相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月じんく お題:とびだせ祖母 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:1988字 評価:1人
私の祖母が夫を失って、早二年が経とうとしている。祖母の痴呆症は祖父の他界により加速し、その結果、息子の私の名前さえも思い出せないほどになっている。 私の祖父母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:甘味 お題:とびだせ祖母 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:2067字 評価:1人
世はハイパーヨーヨー戦国時代。 幼子は歩くよりも先にハイパーヨーヨーを覚え、ハイパーヨーヨーに人生を捧げる事こそが時代の誇りであった。 少年ハイヨーもそんな人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とびだせ祖母 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:3746字 評価:1人
わたしが小学生の頃住んでいた辺りには、「ヨーヨーばばあ」という怪談話があった。 小学校の学区域内にある竹藪に、古びた一軒家があって、そこに出るのだという。 夜 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:振り向けばそこに関係 必須要素:自殺エンド 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:2769字 評価:0人
人間は2つを同時には認識できないというか、注目できないらしい。もし、できるという方がいるんであれば、それは特殊技能であると思う。だからその特殊技能者はそれを当た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スペクルム お題:振り向けばそこに関係 必須要素:自殺エンド 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:741字 評価:0人
彼女が死んだ。 自殺だった。踏切に飛び込んだらしい。 彼女がそんなことをする理由はまったく思いつかなかった。ただ、携帯の留守電には、絶望したように泣いている彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:振り向けばそこに関係 必須要素:自殺エンド 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:3005字 評価:0人
やけに暗い部屋だった。家賃の安さがなければ絶対に選ばない、ここだけ重力が数%重いんですよと言われても信じる、というか昼間なのにどうして電気をつける必要があるのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:振り向けばそこに関係 必須要素:自殺エンド 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:3785字 評価:0人
出川サトシが死んだ。自殺だった。先生の目の下にはくっきりとクマができている。クラスメイトの表情も同様だ。 何せ、このクラスで自殺者が出るのはこれで三人目だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:都会の事件 必須要素:大学受験 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:2935字 評価:1人
田舎の母が、電話をかけてきて、大丈夫かどうかみたいなことを聞いてきた。「何?どうしたの急に?」自転車の法律が改正された際も同じような電話をかけてきた母である。「 〈続きを読む〉