いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

5月27日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:汚い眠り 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:3384字 評価:2人
美和の彼はウスバさんという。細身の長身で、少し濃い顔をしているせいか、青っぽい黒目もあいまって、ハーフっぽく見える。実際、ハーフではないが少し西欧の血が混ざっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:82 人 文字数:1511字 評価:4人
古びた居酒屋の電子ディスプレイに映し出されたアイドル。壊れかけたロボット・アイドルが、ロボット特有の音域で叫び、かすれた声で歌っている。 痛々しい声だと思った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:汚れた神様 必須要素:村上春樹 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:2011字 評価:2人
「おい、こりゃなんだ」 サムが指を指しているのは、教会の前の広場に出来上がった灰の山。大人の背丈を超えるほどのそれに目を凝らすと、灰がもともと活字の印刷された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:行人 お題:僕が愛した悪意 必須要素:フランス 制限時間:1時間 読者:80 人 文字数:2196字 評価:2人
祖父の法事で久方ぶりに実家へ帰った。かつての自分の部屋は埃にまみれ、最早、温もりの感じられない抜け殻のようになり果ててはいてもそのまま残されており――それは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:絵描きの星 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:2498字 評価:2人
南太平洋に浮かぶトンペイという島には、巨大な地上絵がある。あのナスカの地上絵よりも古い年代、すなわち紀元前800年よりも前のものとされている。 現在は無人島で 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:2201字 評価:2人
冬ごもりをしていた地虫が姿を現しはじめました。暖かくなって、春の訪れを彼らなりに感じたのでしょう。土壌の豊かな地をすこし足先で探ってやれば、元気な虫たちを見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今日の馬鹿 必須要素: 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2440字 評価:3人
わたしに明日なんてない。 明日なんてないから、こんな時間にふらふらと出歩ける。 時刻は午後11時を回っていた。一人で出歩くには馬鹿げた時間だ。決して明るいとは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:苦しみの光 必須要素:ボールペン 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:1935字 評価:1人
「はあ、描けた」 ボールペンが床を転がる、軽い音がした。 「今回のはどう?」 「結構良かったと思う。最近ね、少しずつコツがつかめてきたんだ」 彼女はそういうが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:苦しみの光 必須要素:ボールペン 制限時間:1時間 読者:84 人 文字数:3755字 評価:1人
二階の自室から墓場が見える、あまり手入れのされていない雑草の生い茂る墓地だ。あまり気味のいいものではないが、ふと気が向くと見下ろしてしまう。何もないそこに何かを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:苦しみの光 必須要素:ボールペン 制限時間:1時間 読者:84 人 文字数:2157字 評価:1人
この部屋の中の、わたしの痕跡は一つもなくなったはずだ。 薄暗い部屋の真ん中に横たわる「彼」を見下して、わたしはすべてのことがうまく運んでいることを再確認した。 〈続きを読む〉