いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

9月15日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:僕の宇宙 必須要素:純文学 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:3754字 評価:4人
毎朝、4時から家の近所を歩くことにしている。 4時なんて時間は、一年の半分は真っ暗で朝とは言えない。 暗い街中を、ほとんど誰とも会うこともなく1時間かけて一周 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:太刀川るい お題:捨てられた不動産 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:2073字 評価:1人
「土地が欲しくないか?」友人の言葉を俺はコーヒーに角砂糖を投入しながら聞き流し、直後に「は?」と聞き返した。思いの外声が大きかったのか、他の客がこちらをちらちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:捨てられた不動産 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:2443字 評価:1人
欲深いメアリーは毎日のように天に向かってお祈りをしていました。どうか、私に豪華な衣服と食べ物を。みなに羨ましがられるような恋人を。賢く親思いの子供たちを。そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:捨てられた不動産 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:3370字 評価:1人
とある住宅地の一画に、ずっと空き地になっている土地がある。もう20年近くうっちゃられたままで、雑草がぼうぼうと生えている。 噂によれば、この土地は遠く離れた場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:消えた天才 必須要素:若者使用不可 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:2534字 評価:2人
ある分野に秀た才能を発揮する人の事を天才と称することがある。人とは違う目線をもって最短距離、あるいは最長距離を恐るべきスピードで疾走する人の事を天才と称すること 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:茶色い始まり 必須要素:男使用不可 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:3531字 評価:2人
幼稚園児の頃、画用紙を全部茶色とこげ茶色のクレヨンで塗りつぶしたことがある。 先生がそれを見て両親に何かを言ったらしく、わたしは楽しいところと騙されて、心療内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:フォロワーのお金 必須要素:コミティア 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:2740字 評価:2人
月夜に向けて指でつまんだ500円玉を掲げていて、なんのおまじないかなと思った。月光を浴びたことにより金運パワーがあがって、一番くじでA賞が当たるとか、そういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:彼が愛した狼 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:2955字 評価:1人
夜、部屋の電気を消して、シンクのところの蛍光灯をつけてダイニングテーブルに向かっていた時でした。カリ・・・と、玄関のドアから音がしたのでした。「・・・どなたです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼が愛した狼 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:4106字 評価:1人
きっかけは、エビフライの尻尾だった。 四月、クラス内のポジション取りでみんながけん制し合う中、その子は周りの様子に構わずに、一人でお弁当を食べていた。 しかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日のつるつる 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:2373字 評価:2人
アンダガンダ共和国は、アンダ族とガンダ族という2つの民族が暮らす国だ。 アンダ族とガンダ族の間には長きに渡る民族対立の歴史があり、両民族が一つの国を作った現在 〈続きを読む〉