いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

11月10日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:にい お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2824字 評価:2人
しゃんしゃん、とステッキを振るだけで、虚空から雪の結晶が生み出された。机一面に降り注ぎ、黒い斑点が広がっていき、やがては白く降り積もる。パウダースノー。長くは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:2720字 評価:2人
雨よりも、雪が嫌いだ。 窓を叩く雨粒も、車軸を流すような雨も、息が詰まるようなどしゃ降りも、まったく好きではないけれど、それでも雪よりはマシだった。 雨は全部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:3153字 評価:2人
「消費者金融みたいなもんだって、言ってた……」 最近、下村のヤツはどこか余裕が出てきたように感じる。 大学に入りたての頃のあいつは、やたらにおどおどしていて、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:反逆の宿命 必須要素:右肘 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:3028字 評価:1人
近所のディスカウントストアで期限が今月末のお酒を安くいっぱい買い集めて(ジーマのハニーキス)、もうすぐ有料になるビニール袋に詰めてカチャカチャさせて家に帰る途中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
志願兵の歌 ※未完
作者:inout お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:4113字 評価:1人
この経歴は何かって?見りゃわかるだろうよ、真っ黒だ。言っとくけどな、俺はちゃんと書いたんだぜ? それを塗りつぶしたのは、お前のところのお偉い誰かだよ。でっかい業 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2573字 評価:1人
男が塀の外へ出る記念すべきその日、集まった刑務官たちはみな一様に涙していた。救いようのない極悪人を社会復帰させるための更生施設、ここに連れてこられた時の面影は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のろみの お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1850字 評価:1人
生まれてからこれまで、ずっとずっと真面目に生きてきた。親の言うことを何でも聞いて、親が希望した学校に入り、その学校でもトップの成績を保ち、奨学金を受け、だれにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い経歴 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:3322字 評価:1人
地獄トンネルは、僕らの街にある唯一にして最恐の心霊スポットだ。 山奥にあるレンガを積んだような外観の、いかにもそれっぽいトンネルで、正式名称は別にあるらしいが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:彼と恋 必須要素:漫画 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:3278字 評価:2人
恋とかただの錯覚だ。強がりでもなく諦観でもなく、淡々と彼はそう言った。そんなどうでもいいことなんて、どうでもいいんだから、とっととタマネギ切れ、俺は涙出て無理な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:2439字 評価:2人
私を肥え太らせて肉から皮からすべて利用しようという男は毎日のようにやってきた。体調はどうかと聞き、体の表面を撫でてもうそろそろかなとつぶやき、ああ私も仲間たち 〈続きを読む〉