いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

5月18日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3008字 評価:1人
風呂上がりに冷蔵庫を確認すると、ビールが冷えていた。このところ暑くなってきたから、ますます酒がうまい。コップに注いで、髪が自然乾燥するのを待つあいだ、ゆっくり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:絶望的な俺 必須要素:宇宙人 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3490字 評価:1人
「どうしたら、君は絶望してくれるんだろう」そんなセリフを言ったのは自称宇宙人で、散々俺に拷問やら精神攻撃やら洗脳やらのセットをしでかしてくれた後でのことだった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:もしかして道のり 必須要素:太宰治 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2759字 評価:2人
深夜に手ぶらで立っている人物というのはこんなにも怪しく見えるものらしい。昼間であればいいということでもないが、夜ともなれば怪しさは五割増し。なんの目的もなく人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2490字 評価:1人
生前、嘘をつくと、舌を抜かれて地獄に落とされる。という話をよく聞いた。嘘ついたら舌を抜かれる。嘘ついたら泥棒の始まり。嘘ついたら針千本飲ます。嘘ついたら人さらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:2863字 評価:2人
研究者である父母が実験で起こった事故で死んで、自分もその現場にいたけども、生き残った。みたいな話であると、ギフテッドになる。よくなる。世間的に。実験の途中で実験 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:最弱の妄想 必須要素:パーカー 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2555字 評価:2人
荷台の幌を開けると、内側に光が差し込んだ。みすぼらしい老人は、朝の光のなかで見ても変わらずみすぼらしい。一夜が経って、美女や美男に変化することもなく、ぼろをま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ぐちゃぐちゃの真実 必須要素:子供 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:2926字 評価:2人
ある春の陽気のいい日、子供が一人いなくなった。いろいろな人が慌てた。それがスレンダーマンか、あるいは人さらい(2/1)の仕業かわからなかったからだ。昨今都会のあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:ぐちゃぐちゃの真実 必須要素:子供 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1549字 評価:2人
仕事帰りに路地裏をうろついていたら、路上で占いをやっていた。ぶすっとした表情の中年男性が、机に薄地の白い布を垂らしただけの簡素なセットを前に座っている。机の上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ぐちゃぐちゃの真実 必須要素:子供 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:4992字 評価:3人
またぐちゃぐちゃが出たよ。 マミちゃんが、僕にそう囁いてきた。まるで、ぐちゃぐちゃに聞こえてしまうことを恐れるように。 僕は恐る恐る廊下を見た。中心にラインが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:興奮したネット 必須要素:ポルチーニ茸 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2753字 評価:1人
体育の授業でのバレーボールの試合後、後片付けは負けたチームでということになった。チーム決めは仲いい奴らで、となるから似たもの同士で運動音痴ばかりが集まった私の 〈続きを読む〉