いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

5月19日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:inout お題:綺麗な奈落 必須要素:ホモ 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2789字 評価:2人
「私は、貴方のことを愛している」「まじですか、ホモですか、道理で他を無視して僕のことばっか狙ってくると思った」「他の奴にお前を渡したくはなかったのだよ、その断末 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:そ、それは・・・時計 必須要素:コメディ 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2584字 評価:1人
「本当に鼓動がしないんですね」 昔から人の脈をとるのが苦手で、よく直接胸に耳を当てては怒られたものだ。相手はたいてい、女性だった。ただ、今日の相手は快く、ふくよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:5688字 評価:3人
遅刻だ、とカズシはベッドからがばりと身を起こす。 枕元の時計を確認すると、8時58分。完全に間に合わない。 急いで自室を出て、台所へ駆け込む。すると、妹がのん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:安全な冤罪 必須要素:切符 制限時間:1時間 読者:91 人 文字数:2939字 評価:2人
最近寝すぎる。「zzz」どころではない。「もうずっと、ずーっとzなんだよおー」ほんともうずっとzなの。三千世界っていう言葉があって、それが広い世界を表すんだとし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:とてつもない電撃 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:3920字 評価:1人
黒い軍勢が、白昼の街を駆け抜ける。彼らが通り過ぎた後は、ビルが崩れ、炎が燃え盛り、人々の悲鳴が響いた。「B班は散開せよ。A班は俺と共に来い」 軍勢の先頭に立つ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
良い子の靴下 ※未完
作者:楽生斎主人 お題:裏切りの弔い 必須要素:靴下 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:3784字 評価:2人
「良い子の靴下には、サンタさんがプレゼントを入れてくれるのよ」 全国のママはそういって、愛する子供達に微笑むのだろう。純粋な親子愛。守りたいその笑顔。 12月2 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:孤独な霧雨 必須要素:ぬりかべ 制限時間:1時間 読者:77 人 文字数:2632字 評価:1人
規則的に動いていたワイパーがとつぜん異音を立てて止まった。水滴はあとからあとから流れ落ち、ぬぐう動きが止まればあっという間に視界はしずくの跡で塞がれる。スイッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山咋カワズ お題:孤独な霧雨 必須要素:ぬりかべ 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:2168字 評価:1人
昭和23年の初春。時は夜中の三時であった。 霧雨の夜、人一人いない川沿いの街道を傘を差した男女が並んで歩いている。男は片手に鞄を持ち、もう片手に傘を持っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:孤独な霧雨 必須要素:ぬりかべ 制限時間:1時間 読者:112 人 文字数:4522字 評価:1人
姉の男運の悪さと言ったらない。 16歳の時、初めて付き合った男は当時40歳の弁護士で、「何でも買ってくれる」と嬉しそうに自慢していたが、ある時尿を飲まされそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:箱の中の殺し屋 必須要素:お湯 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:4244字 評価:1人
殺し屋の箱ですよ、と渡されたのは、片手で持つには大変で、両手で持つには少しばかり持て余す中途半端なダンボールの箱だった。白い包装がしてあるものの、触った質感は明 〈続きを読む〉