いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

8月19日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:3121字 評価:1人
「入れてください! 入れてください! どうか、どうか……!」 悲痛な声で叫び、マンションの鉄扉を叩く髪の長い女性。色白で容姿は整っているように見えるが、その部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2208字 評価:1人
ワームホールは水上遊戯に似ている。うかつにバランスを崩すと水中へと落ちる、ただし波に呑まれれば二度と浮かび上がってこない。先導する一号機を目視し、けっして視線 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2474字 評価:1人
機械仕掛けのルテラの目の前には、鏡写しのようにそっくりそのままの自分がいた。右のアームを伸ばす、だが目の前のルテラはそのまま動かなかった。 指先が鏡面に触れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
摂氏36度 ※未完
作者:松竹輪子 お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2368字 評価:0人
目を覚ました瞬間、私は産声を上げなかった。黙ったまま上半身を起こし、淀みのない動作でベッドから降りると自分の両足でしっかりと地面に立った。「おいお前、自分が何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にがつなほ お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1994字 評価:0人
ひたすら雨が窓に打ち付けてくる、その中。 いつもの練習の後、わたしから顔を離した姉は「気持ちがいいって言われた」 と、一切表情を変えずに言う。「そう、よかった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:3149字 評価:0人
子供のころ、夏休みの自由工作でタイムマシーンを作ってしまったことがある。あだすの実家は駅の近くにあり、子供のころはよく駅と隣接していたコンテナ置き場に友達などと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:俺クズすぎワロタ お題:気持ちいい、と彼は言った 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:2150字 評価:0人
朝から雨が降っていた。アスファルト道路を大つぶのしずくがぼつぼつぼつぼつと打っていた。わたしはまだ一度も履いていないピンヒールを玄関でスニーカーに履き替えて出か 〈続きを読む〉