いざ即興小説バトル!!


毎週土曜はバトルの日!!
  • 毎週土曜日夜10時〜11時はバトル専用の時間になります。
  • 即興小説バトルは参加者の執筆条件を制限時間1時間・必須要素あり・全体公開に統一して競い合うというものです。
  • 参加作品には、作品下部に1週間だけ「面白かった」ボタンが設置されます。
    翌週土曜11時までに最も「面白かった」ボタンを押された作品がバトルの優勝作品となります。
  • 即興小説バトルに参加するには土曜10時〜11時の間に下の「いざバトル!!」を押してください。
    制限時間は参加した時点からの1時間ですから、投稿は11時以降になっても大丈夫です。
  • 下の「いざバトル!!」を押すと執筆画面に移動し、バトル参加の旨が自動でツイートされます。
    また、途中で放棄した時、投稿が終了した時、優勝した時にも自動でツイートされます。
  • 直接的な性表現や二次創作は見つけ次第削除します。
  • 感想ラウンジをバトルの待合室や感想会場としてご利用ください。

10月14日のバトル作品一覧・歴代優勝作品


ユーザーアイコン
作者:名香田書志@公募締切ラッシュなう お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:75 人 文字数:5217字 評価:2人
怒りの制御。 いわゆるアンガーコントロールである。 怒りに身をまかせることで、失うものは多い。 たとえば、信頼。 たとえば、愛情。 そして、たとえば、勝利。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九重桜 お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:4531字 評価:1人
「くちゃくちゃ音を立てないでよ、汚い」「何を今更! だいたい私が汚いんじゃなくて世界が綺麗すぎるのよ」「でたよ詭弁」「はい詭弁とか論破とか言っとけば勝てると思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2077字 評価:0人
夕日が沈んで空が赤みを帯びている。深い青色が滲み、やがて全ての光が闇に沈んで行く。俺はそんな薄暮の時間が好きだ。儚く消えて行く刹那の風景は愛おしく、まるで俺の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒味缶 お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1029字 評価:0人
台所は、女の城だ。誰にも邪魔をされない、私だけの空間であるべきだ。「おーい、サナコー。手伝うことはないかー?」「今日は無いわねー。いつもありがとうー、ゆっくり待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:810字 評価:0人
夕飯について思いをはせながら大手スーパーでからんからんと買い物カートを押していた私は、冷蔵庫の残りと財布の中身、今日の気力と、それからフライパンの重さを総合し 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢入カロン お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:649字 評価:0人
朝は白飯にみそ汁、たくあんに焼き魚。理想で最高なわたしの好きな食事。実家に暮らしていたときは当たり前のようなことだったけど、一人暮らしをしている今はそれをするに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:襖障子 お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1578字 評価:0人
僕は禁止されていることを破る瞬間に至福を感じることを最近知った。 それは進学校の私立高校に三年間通い、学校の保護者への体裁を保つため、ルールにがんじがらめにさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:富士口勇生 お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:937字 評価:0人
「佐々木、今日の晩飯何にする?」仕事の帰り際に部下の佐々木に声をかけた。「やはり肉が食いたいですね、先輩のおごりで」既に佐々木の両手は見えないジョッキと箸を持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぶらっくてぃー@小城律奇 お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:899字 評価:0人
そんな取って付けたような優しさより、日頃の行いを正した方がよっぽどいいと思うんだけどなぁ、と暖房の効き始めた車内でマリは長い睫毛を瞬かせて呟いた。時刻は17時を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:わたしの好きな食事 必須要素:佐々木 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2657字 評価:0人
空飛ぶ宮殿のバルコニーから、今日も主(あるじ)は下界を眺めていました。行儀悪く足を投げ出し、欄干に顎をつけ、それでも口元は歪んでいます。笑っているのです。ときお 〈続きを読む〉