はろーの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 31 9416字 303.7字 48.4%
30分 28 14165字 505.9字 50.0%
1時間 61 54521字 893.8字 67.2%
2時間 2 2112字 1,056.0字 50.0%
総合 122 80214字 657.5字 58.2%

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:早すぎた計算 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:466字
この石ころ、人に預けて返してもらうと2個に増えるのだった。面白いので色んな人に預けてみた。友達や先生や近所のおばさんにも。すると困ったことに返してと言っても返し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
生き物 ※未完
作者:はろー お題:フニャフニャの水たまり 必須要素:旧約聖書 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:400字
全身が鉛のように重くこれ以上はもう無理だなと悟った。ラクダが泡を吹いて倒れてから5時間は歩いてきたと思うが町へはまだ着かないようだった。日はまだ高い位置にあり容 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
定住者 ※未完
作者:はろー お題:3月の哀れみ 必須要素:残尿感 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:220字
空から落ちて来た彼女は異常なまでの活発さで周りを変えていった。口をふさぐと爆発するんじゃないかと思うほど常におしゃべりをしており、またそれはどうかしているほど中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:魅惑の笑い声 必須要素:イケメン 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:311字
笑われている。道を歩いていてもスーパーで買い物をしていてもご飯を食べに行っても。ずっとクスクスと笑い声が聞こえるのだ。「そりゃあ君の心の声だよ。自分に自信がない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:死にぞこないの冥界 必須要素:寿司 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:309字
「そろそろ落ちたらどうなんだよ」悪魔のような鬼のようなそいつはうんざりした声で言う。「あんたが見てるからな。」「俺もよ、好きでお前がぐるぐる歩き回ってんのを見て 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
タヌキとカモ ※未完
作者:はろー お題:暴かれた狸 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:242字
ニコニコしながら焼き鳥を食べている女の頭部にまるっこい耳がついている。最近のタヌキはアプリも使いこなすらしい。あいさつしても趣味を聞いても仕事を聞いてもニコニコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:天国の団欒 必須要素:山田 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:462字
左から激しく何かがぶつかったと思うと、椅子に座っていた。目の前には綺麗な女の人が立っている。「あなたはいい人でしたね」まぁ、それなりに。「ここは精神世界なのであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:素朴なぬるぬる 必須要素:ナン 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:428字
家を出るとぬるぬるとした粘液の跡が残っていた。跡は森へ向かっている。何の跡かは気になったが仕事へ向かった。昼休憩、同僚にぬるぬるのことを話すと心底嫌そうな顔をし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:かっこ悪いお茶 必須要素: 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:502字
「それで、どうするんですか」「どうするというと?」「これから、どうするんですか?」「そうですね、少し外にでも出ましょうか」「遠くから来て頂いたのにお茶しか出せな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:昼の蟻 必須要素:つけ麺 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:218字
「これ、おまけ。」思わずため息が出る。ここで5件目だ。「あれ… 梨好きじゃなかった?」「どうも」男たちは次々と貢ぎ物を差し出してくる。私の姉に。姉は教会の奥に隠 〈続きを読む〉