とよの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 1302字 651.0字 100.0%
30分 6 8445字 1,407.5字 100.0%
1時間 4 7061字 1,765.3字 100.0%
総合 12 16808字 1,400.7字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:鳥の真実 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1342字
鳥は電線に止まっても感電しないらしい。鳥は電線に立つ足と足の間の電位差が小さいため感電しづらいと聞いた。感電は電位差によって生じる。聞きかじっただけの情報だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:犯人は克服 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:2099字
「つかさちゃん、おはよ~!」 私はA組、つかさちゃんはD組。私は3クラスぶんの廊下を超えて毎朝つかさちゃんに会いに行く。つかさちゃんと私は小学校の頃からいつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:潔白な結婚 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:1414字
3年付き合った彼女にプロポーズをした。彼女はサプライズが嫌いだから、普段通りのデートの途中に決行した。指輪を差し出して「結婚してください」と言った。 彼女はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:150 人 文字数:1802字 評価:6人
「ぼくもお父さんみたいな小説家になりたい」無邪気にそう言っていたのが25年前。30歳も間近になった今、営業マンとして働きづめの毎日だ。月曜から木曜は外回り、金曜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:限りなく透明に近い潮風 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:445字
自転車で坂を下る。通学路の中でここで一番スピードが出るから、一番寒い。坂の下には冬の海が広がり、岸壁に波が打ちつけている。冬も夏も潮の匂いは同じだ。慣れたにおい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:とよ お題:幸福な霧雨 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1053字
7時14分。新宿方面のホーム。みな同じ顔をした人間たちが続々と電車に乗り込む。 きっと今日も会社に行けば怒られる。昨日、退勤する前、上司から「明日話があるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:コーヒーと部屋 必須要素:1万字以上 制限時間:1時間 読者:206 人 文字数:1718字 評価:4人
築20年のアパート。1階、1Kの部屋。駅から徒歩15分。隣人は何年もいないから、騒音も気にならない。 ここに住み始めて6年が過ぎた。学生時代こそ家に友人を呼ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:免れた真実 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:1時間 読者:95 人 文字数:2096字 評価:1人
「あなたたちは、トロッコ問題というものを知っていますか?」大学の一般教養科目。この教授の授業は眠たい。声も低いし、話も盛り上がりに欠ける。でも出席さえしていれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:臆病な信仰 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:857字
ぼくはいつも先生の言うことを聞くことにしている。そうすると褒めてくれるからだ。褒められると嬉しい。ぼくは褒めてくれる先生がだいすきだ。クラスの他の友達は、わるい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:人妻の雲 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:1306字
僕は妻が大好きだ。会社から帰るとあたたかいご飯を出してくれるし、朝はお弁当も持たせてくれる。同い年で話も合う。結婚して一緒に住むようになってから、さらに好きにな 〈続きを読む〉