あにぃぃの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 78 50913字 652.7字 97.4%
総合 78 50913字 652.7字 97.4%

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:純粋な多数派 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:442字
クラスで人気があるのは勇気君だった。そして、その勇気君は私のことが好きだと言った。私は喜んだ。皆が好きな勇気君。でも、付き合ってと言われるとそれはお断りした。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:犬のボーイズ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:604字
「おい、俺にもよこせよ」ダイがそう言うと、リューが怒ったように野太い声を出した。「ふざけるな!自分の分はもう食べたんだろう。これは俺の分だ」リューは言うや否や勢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:私とフォロワー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:819字
雨が激しく、一歩外に出ればすぐにびしょ濡れになるほどだった。私は荷物をぎゅっと左手で抱え、右手で傘を持つと振り返る。「行ってきます」彼はあきれたような顔で私を見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:見知らぬ寒空 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:459字
こんなに曇りがちだっただろうか。見上げると、黒くどんよりとした大きな雲が頭上に広がっていた。ここに越してきて、こんな不穏な空を見たことがない。首もとに風が入らな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:僕の嫌いな悲しみ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:627字
嘘をつかれて、傷つけられて、それでも口に出さずに誰にも気づかれないように涙する。物理的な攻撃ではなくても、心理的に攻撃されてたちあがれなくなって、僕にもそれを言 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:潔白な神様 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:679字
「ごめん、別れよう」幸田はそう言うと、ぐいとその腕を出し、僕に拳を向けた。僕も手を出してそれを受けとる。僕の部屋の合鍵だ。こうなると、僕も幸田の家の鍵を返さざる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:鋭い寒空 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:821字
息が白い。はあ、と自分の手に向けて吐けば、その言葉が目に見えるようだ。もうどのくらい経っただろうか。二時間ほどか。途中、何度かコンビニに暖を取りに行ったからどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:孤独な朝飯 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:481字
例えば、僕が一分でも多く眠ることができれば、僕はその日一日気分よく過ごせるし、運転することが主である仕事もうまく回ると思う。そんなことを言ってあなたは家を出るギ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:おいでよ成熟 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:711字
赤く、てらてらと光るそこには、私はまだ行けない。あなたがたどり着くまでに何年掛かっただろう。相当な年月が掛かっているはずだ。私は知っている。だからきっと、私がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:秋の汁 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:506字
お前さん、ああ、お前さんさえいてくれるなら。あたしはそう言ってすがって見せた。夏の夜だった。本当に本当に、好きだったのになあ。そのごつごつと骨ばった手で不器用に 〈続きを読む〉