忽蘭の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
1時間 15 26989字 1,799.3字 93.3%
2時間 1 2887字 2,887.0字 100.0%
4時間 2 5274字 2,637.0字 100.0%
総合 18 35150字 1,952.8字 94.4%

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:冬の犬 必須要素: 制限時間:1時間 読者:75 人 文字数:1957字 評価:1人
俺のことについて話そう。 ◆ その晩、俺は酷く酔っていた。居酒屋、キャバクラ、バー、と会社の飲み会が三次までもつれ込み、飲み干したアルコールは子供用のプールく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:1824字 評価:1人
彼女の姿を見ていると、時々やるせなくなる。 ◆ 朝十時に僕は目覚める。簡素なパイプベッドから降り、瞼を擦りながら洗面所へと向かい、冷水を洗面器に溜める。そうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:男の春雨 必須要素:うっ 制限時間:1時間 読者:234 人 文字数:1715字 評価:0人
彼がいなくなってから何日経ったろう。 ふと思う。けれども、そんなことは今さら考えるまでもなく分かっている。一ヶ月と二日。 分かりきったことを分からないふりして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:突然の凶器 必須要素:じゃがいも 制限時間:1時間 読者:269 人 文字数:2047字 評価:1人
君は凶器を握る。 出来合いの空間では、不測の事態など起こり得ない。一切が定められた方向へと進んでいく。ゆえにこれらは、この瞬間には全て決定されている。 さあ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:地獄唇 必須要素:バナナ 制限時間:1時間 読者:257 人 文字数:1832字 評価:1人
海と書いてカイと読む。それが彼の名前。 あらゆる人が名前と実体との比較を免れられないように、彼もまた名前に縛られている。少なくとも私はそう思う。 こう言ったら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:免れた足 必須要素:う○ち 制限時間:1時間 読者:288 人 文字数:1957字 評価:1人
私は歩いていた。◆ N川沿いの道は、この季節だと特に美しい。花盛りが過ぎ、青々と繁った葉桜。下草は背伸びして存在を主張する。川面に映るは濃い青空と、桜の影。く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:愛すべき冬休み 必須要素:哲学的な思想 制限時間:1時間 読者:190 人 文字数:2268字 評価:0人
私は毎晩、猫カフェに訪れる。なにを期待してその扉を開けるのかは分からない。どうして毎晩その場所に行くことができるのかも分からない。ただ私は、来訪できる限りそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
墓参り ※未完
作者:忽蘭 お題:小説家たちの命日 必須要素:マクガフィン 制限時間:1時間 読者:188 人 文字数:1428字 評価:0人
中央線、A4版の地図、さくらんぼ。 普段から電車には乗らず、果物嫌いで、根っからのデジタル人間な僕にとって、この組み合わせは奇妙だった。そして僕は、地図の示す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:苦しみの映画 必須要素:鶏肉 制限時間:1時間 読者:171 人 文字数:1996字 評価:0人
「ねえ、映画観ようよ。DVD借りてきたんだ」「やだよ」 彼女の薦める映画はとびきり古ぼけていて退屈だ。そんな印象がある。特に「2001年宇宙の旅」は最悪だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:忽蘭 お題:戦艦の、と彼女は言った 必須要素:しいたけ 制限時間:1時間 読者:294 人 文字数:1848字 評価:2人
畳の裏にキノコが生えていた。とりあえず俺は、そいつらをしいたけと名付けることにする。「ねえ、アキオ」 サチは甘ったるい声で俺に呼びかける。上目使い。シーツの下 〈続きを読む〉