制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 32 14419字 450.6字 87.5%
30分 1 877字 877.0字 100.0%
1時間 1 1712字 1,712.0字 100.0%
総合 34 17008字 500.2字 88.2%

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:私が愛した衝撃 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1712字
〈1〉「おとうさん、おかえりなさい!」まだ舌足らずな娘が、小さな手足をいっぱいいっぱいに伸ばして、ほっぺたのこぼれ落ちそうな満面の笑みで俺に抱きついてきた。毎日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:緑の食堂 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:510字
草の道を抜けよう。木の枝のトンネルをくぐって。さやさや鳴る木の葉のさえずりを浴びて。土の香りと、緑の新しい植物たちの匂いに包まれて。私たちは野原を駆け回る。「い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:真紅の怒りをまといし計算 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:376字
ごうごうと音を立てて、私の家が燃え落ちていく。中に入らないように、近付かないようにと消防隊と警察官が野次馬を押し下げている。それでも、何時間かけても消えない炎に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:冬の魔法使い 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:242字
辺り一面真っ白。何もかもを覆い尽くす氷の結晶。透き通った六角形がいくつも降り注ぎ、きらきら輝く世界を彩る。冷たい空気はシンとして清浄、美しいものも汚れたものも分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:傷だらけの能力者 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:877字
私の白い手に指に足に、赤い線が走っていく。 皮ふが切れ、血が滲み、痛み全身へと広がっていく。 戦いなんて無意味。 戦ったって何にもならない。 私達は身代わり。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:俺のお尻 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:578字
俺のお尻はチャームポイントだ。見る人見る人とりこにするぞ。本当だぞ、嘘だと思うなら見てみろ!このプリティに短い足の上に乗る、まあるくてもっふりとした俺の尻!そし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:騙された故郷 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:425字
故郷に帰るといつも暖かかった。白い湯気の上がる煮込まれたスープに、干した肉を割いて混ぜた絶品の粥。細い木の枝を丸めて作った炭団子は、掘りごたつの中を幸せな温度に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:シンプルなプレゼント 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:672字
「うふふ、今年は何をしようかしら」私はサプライズを企画するのが大好きで、今も次の計画を立てようとワクワクしている。サプライズの中でも私が好きなのは、相手が喜んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:大人のババァ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:346字
(僕は多分、相手の心が分からない)「うるせぇババァ!」声を荒げてそう吐き捨てる息子は、もういい大人とされる30代の人間だ。ババァ、と言われたその言葉は僕の体の表 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:安全な声 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:377字
どんな時にだって、その声を聞けば私は安心できた。 真っ黒な雲に覆われた空から重たいほどの雨が降ってきた時だって。巨大な黒い生き物が音を立ててお家を壊してしまっ 〈続きを読む〉