タローの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 12 7295字 607.9字 75.0%
総合 12 7295字 607.9字 75.0%

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:免れた過ち 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:822字
やってしまった。 目の前の床には水溜り。そこに打ち捨てられたように倒れこんだ百合の花をまるで棺桶に入れられた花のように大小のガラス片が彩っている。 お母さんが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:危ない14歳 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:623字
人間、生きているなら消し去りたい過去や、思わず悶絶してしまうような思い出の1つや2つ、あるだろう。そして、そんな出来ればそっと見ぬふりしながら川にでも流して、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:きちんとした「えいっ!」 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:500字
放課後の道場は踏み込みの足音や竹刀の打ち合う音、部員の掛け声が響き渡っている。鉄の扉もその音を断ち斬るには力不足な様で、剣道場の中から聞こえる音は近くにある自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗の帰り道 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:512字
両掌で握っていたゲーム機が、騒々しいファンファーレを撒き散らす。画面には、鬱蒼とした薄暗い森、地面に突き刺さったり折れたりした見るも無残な剣や杖、矢を背景に、「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:失敗のホテル 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:731字
現代においては大分多種多様化して来た様だが人間が生き物である以上、睡眠は必須だ。その必須事項のオマケとして、気まぐれについてくるのが、夢だ。 僕はそう思う。今 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タロー お題:人妻の病気 必須要素:ハロウィン 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:563字
冬の足音が早足で隠しもせず近寄ってくる10月末日。普段は基本的には規則の奴隷で無礼講の大義名分に飢えている日本人が、海外から流れ込んだそこはかとなく祭りの気配 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大人物の欠点 ※未完
作者:タロー お題:天才のつるつる 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:447字
髪の毛が少ない、というのは損だ。絶対損だ。例え意図的に坊主頭にしているのだとしてもネタにされるし、不可抗力による世知辛い薄毛もまた然り。 チョビ髭だとかしゃく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:許されざる小雨 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:774字
無い。何処にも無い。 今朝、家から持って出て来た傘が何処にも無い。天気予報で午後から雨だって言うから忘れないように気をつけて家から持ってきた買ったばかりの割と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:残念な表情 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:511字
列に並ぶ。 別に列に並ぶのが好きな訳ではない。只並ばないと自分の順番が来ないから並ぶだけだ。だから順番待ちの最中に気分が高揚しているとしても、それは列の先にあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タロー お題:おいでよ小説家 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:721字
良く漫画や小説で、登場人物が夢を見ている時に「これは夢だ」と気づく場面があるが、私はそんな事を体験した事がない。毒々しい色をした馬鹿でかいキノコに食べられる夢 〈続きを読む〉