の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 3 1646字 548.7字 66.7%
30分 7 8486字 1,212.3字 100.0%
1時間 13 26043字 2,003.3字 100.0%
2時間 6 13215字 2,202.5字 100.0%
4時間 4 7119字 1,779.8字 100.0%
総合 33 56509字 1,712.4字 97.0%

ユーザーアイコン
作者: お題:1000の高給取り 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:3089字
所詮貴方には成れない。そんなこと知っているけど?と身体の細胞が震えている。それとも、震えているのは私の身体だろうか。この世界は強者と弱者で構成されているらしい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ちっちゃな発言 制限時間:4時間 読者:42 人 文字数:3289字
「私はどんなパパでも嫌いにならないよ」泣いた父の顔。そして無垢な笑顔の私。この時の綺麗すぎる優しさは互いに遠慮なく突き刺さることを知らない。父は性同一性障害。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あきれた光景 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:1197字
「ね、したいの?」彼は薄ら笑いを浮かべている。どこまでが本気なんだ?「君がしたいなら。」「答えになってない。」私も笑いながら近くに置いていたコーラを飲む。「コー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:死にぞこないの夏休み 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:645字
だるい。もう少しでGWだ。ちょっとした夏休みというか春休みというか。東京に来て3週間以上が経った。私は何か変わったのだろうか。上京してきたときは綺麗だった部屋は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:不本意な笑い声 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:1544字
笑顔を取り繕う。それが良くないと知ったのは多分大人になってからで、今もどうして良くないのかを理解しているのかと言われたら答えられない。「泣きながら笑わなくて良い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:人妻の墓 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:3174字
「ここに眠ってらっしゃると。」「ええ、恐らくは。」「19-15835-R。場所はここで間違いないでしょうね。」目の前の特殊なスーツを着た男は手に何らかの機械を持 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:かたい殺人犯 制限時間:2時間 読者:32 人 文字数:2459字
また紅い花弁が散っていった。「飽きないね。」僕は呟きながら、溢れた血を眺め続ける。「まだやるのかい。」応えのない問いを僕はしてしまったなと少し後悔する。「いつま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:穏やかな太陽 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:618字
夕方4時。いつもこの時間になると山の緑の後ろに太陽が隠れていくところが見える。その光景を4年間ほど見続けてきた。この場所は良くも悪くも静かだった。気づけば太陽は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:刹那の、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:643字
桜がもう時期満開になるそうだ。まだ寒いこの大地では咲く気配は全くない。時々、桜の花びらの代わりに雪が手のひらに落ちていく。雪は手のひらに落ちると一瞬にして溶けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ひねくれた喪失 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:1147字
今日もまたベッドの上でスマートフォンを弄り続けている。そして、眠くなったら寝る。これこそが人間の有意義な時間の使い方だ。人が歯車のように延々と回り続けており、「 〈続きを読む〉