の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 3 1646字 548.7字 66.7%
30分 7 8486字 1,212.3字 100.0%
1時間 9 20918字 2,324.2字 100.0%
2時間 1 2701字 2,701.0字 100.0%
4時間 1 1089字 1,089.0字 100.0%
総合 21 34840字 1,659.0字 95.2%

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの発言 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:492字
わたしのゆめ。本を持った少女が話しかける。わたしのゆめは。囁いているようで、泡となって消えてしまうような声だった。なんだったかおぼえてる?そんなものわからないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:奇妙な自動車 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1414字
もし、君が明日死ぬとしよう。あくまでもこれは仮定だからね。そうだね。例えば、突然車に轢かれるとかどうだろうか。君が歩いていたら視界の端から車がやってきて気づけば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2243字 評価:2人
この前、友人が変なものを見た話。友人曰く部屋の電気を消したんだと。するといつもより部屋は暗い。電気を消したから暗いのは当たり前なのだけど、いつもより視界が悪く暗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:天国の祖父 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:438字
おじいちゃんげんきにしてますか?わたしはげんきじゃありません。らいしゅうからわたしはつらいとおもいますなんでかというとだれかがそうきめたから。いつもだれかがわた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:私の耳 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2558字
「こっち!」春香は笑顔で僕の方を見ながら、自分の顔を何度も指差している。「ねぇ!見えてるんでしょう?」「ねぇってば!」「あーあーあー!」春香は無視をすればするほ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:いわゆる門 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:989字
門ができた。「これは何ですかね。」スーツを着た男が言う。「門だろうよ。見たらわかるだろう。」スーツを着た別の男が言う。「そうなんですか?門なんですかこれ。」「こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな墓 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1222字
空は青い。空気はじわじわと迫ってくる。蜃気楼のような空気が震えている様子も見える。ただ僕は汗をかきながら、空を見ている。夏だ。大嫌いなこの季節がやってきた。蝉が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:大人の幻想 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1645字
最後は美しく消えたいという夢がある。「『儚さ』とは人の夢と書く」なんて安っぽい言葉まである。父はこの言葉が大嫌いだった。大人は皆言う。「若くて良いね」と。私は問 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:冷静と情熱の間にあるのは博物館 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2512字
海の近くの小さな文学館。響きだけでなかなか美しいものだけれど、なんと私が住んでいる街に本当にあった。それを知ったのは何ヶ月も前で、そしてずっと行っていなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:群馬の俺 制限時間:4時間 読者:34 人 文字数:1089字
群馬ってどんな場所だろう。私は少し考えてみる。栃木の西にあるのが群馬か。うん。それで合ってるはず。昔、小学生の時に覚えさせられたもの。そう思いながら、改めて手紙 〈続きを読む〉