和委志千雅の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1201 1127818字 939.1字 100.0%
30分 196 297670字 1,518.7字 99.5%
1時間 260 843048字 3,242.5字 100.0%
2時間 18 98702字 5,483.4字 100.0%
4時間 2 18936字 9,468.0字 100.0%
総合 1677 2386174字 1,422.9字 99.9%

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:計算ずくめの帝王 必須要素:主人公が誰かを愛す 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:867字
「それでねえ、こないだ駅でばったりと、昔の知り合いとあってねえ・・・」「ああ、そうなの、うん」僕は、佐々木さんの話に相槌に順当な相槌をした。したつもりだった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:彼女と同情 必須要素:バツ印 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:751字
彼女の手の甲にはバツ印があった。「ん、なんですかそれ?」令呪、FGOですか?「ああ、これですか?これはですねえ・・・」そういうと彼女は、若干中腰になって手を両サ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:小説家たちの始まり 必須要素:新約聖書 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:811字
ファミマで、育てるサラダみたいなのが売ってて、その隣に育てる小説家っていうのが売ってた。「育てる小説家?なんだべ、これ」商品を手に取り説明書きを読んでみると、種 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:2032字 評価:1人
急なんだけども命を狙われる機会があった。というのも、なんでか他人が車のトランクに押し込められるところを目撃してしまい、そのことを警察に通報して、たまたまナンバー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:白い悲しみ 必須要素:首相 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:952字
夏の山に行く際は、ハチに注意して白っぽい格好で行きましょうって言われた。夏の山に興味はなかったが、フィトンチッドがしたかったので、結果的に山に行くことになった。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:でかい裏切り 必須要素: 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:921字
友人がドライブに行こうと言い出した。興味がないのでとお断りの連絡をラインに入れたが、しかしすでに家の前の道から意味ありげなクラクションの音がしていた。パーパー言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、罰 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:808字
800字以内という必須要素が出た。これにはとても好感が持てた。私のいつもの感じで行けば、800字はちょうどよいためである。これが100字以内とかだったら、逆にど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:純白のサーブ 必須要素: 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1133字
サーブとか出てきて、うっ、ってなって止まった。サーブって何だろうってなって煙草とかに手が伸びそうになったが、すんでのところでその手も止めた。危ない危ない。サーブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:12月の夢 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:954字
暑くて暑くてたまったもんじゃなかったので、ホラー映画を鑑賞することにした。「納涼納涼」藁にも縋る思いだった。納涼出来たらもう何でもいいって思った。苦手なホラー映 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:冬の囚人 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:924字
このプリズンには、四季があるようであった。見学に行った際、そのような説明を担当の人から受けて、びっくりした。「マジすか、食事を出すのだって、人によったら税金のう 〈続きを読む〉