ヌッコロQの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 23 14162字 615.7字 39.1%
30分 2 1916字 958.0字 0.0%
総合 25 16078字 643.1字 36.0%

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:可愛い抜け毛 制限時間:15分 読者:1529 人 文字数:802字
「お兄ちゃん、これなあに」「これはお兄ちゃんの陰毛だよ。可愛いだろう」「えー! ぜんぜん可愛くないよー!」「じゃあ、かっこいいかい?」「かっこいいは、もっと違う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:空前絶後のアパート 制限時間:15分 読者:291 人 文字数:611字
僕も二年前まではそこに住んでいたのだ。はっきり覚えている。そこに住んでいたころの忘れられない思い出が山ほどある。もちろんアパートには僕の他にも大勢の人が暮らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:明るい女 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:508字
案外こんなものなのだ。妹は明るいというよりは、ただうるさいだけの女だ。おかしくもないことでゲラゲラ下品に笑う。外にいる女と何が違うのだろうか。妹の甲高い話し声 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:栄光の君 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:512字
一郎はテーブルの奥の椅子を引いて、次郎にすすめる。次郎が座ってコートを運んだあと、次郎の向かいに座った。「昨日はすごかったですねえ」「ええほんとに」「まさか彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:残念な吐息 制限時間:15分 読者:281 人 文字数:474字
自分の嗅覚の限界をもとめて彼は鍛錬に励んだけれども、極限にちかづいたと感じていたある日、彼に後悔するできごとが訪れた。 彼が嗅覚を鍛えようと決意したのは、少女 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
スケール ※未完
作者:ヌッコロQ お題:死にかけの螺旋 制限時間:15分 読者:285 人 文字数:453字
僧侶のじいさんは99歳になってシステム上寿命が尽きようとしている。改めて考えてみるとひどい話ではなかろうか。じいさんのおかげでおれたちは全員がここにいる。いま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:孤独な模倣犯 制限時間:15分 読者:351 人 文字数:461字
いつからこんな悪筆になってしまったのだろうか。私は自分の書いた文字を見るたび愕然とする。私の癖だろうか……私の内から生まれた私の癖だというのか。私は、自分がか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:走る罰 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:264 人 文字数:551字
窓に降りかかった血を拭いつつまたどこか遠くの方で轟く爆発音にため息をつく。もしかしたら友人も何人か消えたかもしれない。僕がこうして生き延びているのは定められて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:うるさい視力 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:552字
あまりにも偏執的に彼は覗き穴を好んだ。何年か前の事故で失った瞼を取り戻そうとするように、覗き穴に蓋を付けた。二つの穴に二つの蓋が付いた。瞼を得た覗き穴はまさに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:ありきたりなハゲ 制限時間:15分 読者:325 人 文字数:756字
彼には他人を見下す気持ちが強く根付いていると感じることがままある。自分自身と他人が同等であることが気に食わないのだろう。僕は彼と深く付き合って、やがて彼を更生 〈続きを読む〉