(小説投稿用)の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
1時間 5 6549字 1,309.8字 60.0%
総合 5 6549字 1,309.8字 60.0%

ユーザーアイコン
運命の門 ※未完
作者:(小説投稿用) お題:運命の門 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:1106字
庭園の小さな裏門は、昔から「運命の門」と呼ばれていた。曽祖父の曽祖父か、祖父の祖父かがそう名前をつけたのだと、祖父が言っていたのを思い出す。祖父がまだ小さかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:(小説投稿用) お題:黄色い同性愛 必須要素:生理痛 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:1180字 評価:1人
大きな息を吸って、玄関の扉を開ける。長く油の差されていない扉が汚い悲鳴を上げた。その音を合図に、私たちは死んだ都会の中に潜っていく。 古い建物の臭いが鼻につく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
異端審問官 ※未完
作者:(小説投稿用) お題:シンプルな殺し 必須要素:ビール 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:1254字 評価:0人
教会の鐘が鳴った。森の向こうへ夕焼けが消えていく。農夫や職人たちが、三三五五、酒場の方へと集まっている。 開きかけの扉から、鐘を鳴らし終えた村人が階段を下って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:(小説投稿用) お題:100の年賀状 制限時間:1時間 読者:65 人 文字数:1539字
生まれてから、何枚の年賀状を書いただろうか。 暦上の年が改まる時期に、友人や知人に通信を送る。そして、返信を受ける。これはまあまあ古い習慣で、私が小さい頃は厚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:(小説投稿用) お題:鈍い小説家 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1470字 評価:1人
鈍い人間には、世の中は何もよこしてくれない。 私が自分自身から得た最大の教訓はこれである。口を開けば見当外れのことを言い、運動神経に優れず、手先不器用で、頭の 〈続きを読む〉