槻木翔の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 22 14761字 671.0字 100.0%
1時間 1 2655字 2,655.0字 100.0%
総合 23 17416字 757.2字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:やば、理由 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:964字
霧の深い森が開けたところにそれはあった。 古民家風の小さな家の玄関のわきに、食事処と達筆な看板を立てかけている。 道に迷ってから何も食べてない私のような身には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:とんでもないお茶 必須要素:子供 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:878字
新しい喫茶店ができたらしい。きっかけは会社の女子社員が話していたのを偶然聞いてしまったことであった。なんでもとてもおしゃれな外観で少し路地に入ったところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:破天荒な作品 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:887字
「なあ、どんな作品を書いてみたいんだい?」 筆が進まないと泣きついてきた友人に俺はそっと尋ねた。「僕は今までずっと地に足の着いた作品を書いてきた」「そうだな」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:憧れのギャグ 必須要素:SF 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:869字
俺の罪を告白する。俺は、身寄りがなく町の劇場でジョークを言って観客を笑わせることで収入を得て暮らしていた。要するに芸人である。しかし、実入りは少なく結婚などの将 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:暴かれたホテル 必須要素:スニーカー 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:605字
そのホテルは長らく「幻のホテル」と呼ばれていた。別に場所が秘匿されているわけではない。誰にでもよく見える高台にホテルは立っていた。なのになぜ幻のホテルかって?そ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:誰かの博物館 必須要素: 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:636字
「この壺を観ながらワインなんで飲んだら粋じゃないかい?そうだ、この壺が作られた年に作られたワインをここで出せば面白い」急に話しかけてきたかと言われればこれである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:帝王の家事 必須要素:ドイツ 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:729字
私が今から語るドイツ帝室は皆様がご存知のドイツ帝国の物とは大きく異なるかもしれない。しかしこれも真実なのです。 申し遅れました。私、ドイツ皇帝の執事をしておりま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:騙された巨人 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:721字
ある山奥に臆病な巨人が住んでいました。巨人は好奇心が強く、麓の街にとても興味がありましたが以前人に見られて悲鳴を上げられたのがトラウマになり山から降りれなくなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:オチは運命 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:734字
師匠のカバンを持つようになってから3か月が過ぎようとしていた。朝、師匠が起きるより先に起きて師匠を起こしに行く。食事は弟子のかたが作っているので弟子全員で朝食を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2655字 評価:0人
初めて見た時から、私はその火に魅せられてしまった。原子力発電所、私から故郷を奪ったもの。お父さんはあそこで働いていた。祖父を原爆で亡くした身であったので原子力技 〈続きを読む〉