秋牛/七宝明の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 45 32741字 727.6字 97.8%
30分 96 130744字 1,361.9字 100.0%
総合 141 163485字 1,159.5字 99.3%

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:今度のお天気雨 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:551字
「狐の嫁入りっていうんだよね。」雨が降る青空を見上げて、ヒヨが言う。日本人の言い回しは不思議だな、と思いつつ空を見上げる。天気雨という呼び方もややこしいとは思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:見知らぬセリフ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:794字
「今日踏まれたい感じの美女を見かけたんだよ。」友人の発言に、僕は胡乱な目を向けた。「何その良識の存在が疑われるセリフは。」「それはわかれよ幼馴染!」幼馴染でも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:勇敢な公認会計士 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:666字
レイガは送られてきた書類を眺めていた。実家の資産運用についての書類だ。すべて管財人に一任しているのだが、管財人は律儀にもこまめに報告の書類を送ってきてくれる。管 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:右の小説トレーニング 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:694字
レイガはよく本を読んでいる。付き合う前に、彼の部屋の管理をしていたころから、彼が帰ってくるたびに本が増えていたのは気付いていたので、読書は好きなんだろうなと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:暑い脱毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:730字
「暑い。」父さんがぼそりと呟いた。夏が嫌いな父さんは、ほぼ毎日のように言っている気がする。今年の暑さは父さんでなくても嫌になる暑さではあるけれども。「今年はいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:秋の火事 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:766字
控えめな声で父さんが電話に受け答えをしている。聞いた感じは日本語ではない。だいぶ不機嫌な声だなということだけは伝わってくる。また急なお仕事の依頼なのかもしれない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:鳥の敗北 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:580字
「母さんの名前は鳥の名前が由来なの?」「そう、ヒヨドリのヒヨからとったの。」響きが良いでしょ、と母さんが笑う。僕と姉ちゃんの名前も鳥からとったと聞いていたが、母 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:絶望的なサイト 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:806字
父さんがパソコンやタブレットといった端末をいじっている姿を見たことはほとんどなかった。一応携帯は持っているが、通話とメール以外使っている様子はない。前に貸しても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋牛/七宝明 お題:戦争と靴 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:651字
ショッピングモールの休憩スペースは、僕らと同じように、なんだかげんなりとした男性の姿が多く見えた。きっと同じ境遇の人達だろう。同情的な気分を抱きつつ、僕は隣で本 〈続きを読む〉