ぷりっつ。の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 5 3342字 668.4字 100.0%
30分 13 14905字 1,146.5字 100.0%
1時間 3 5460字 1,820.0字 100.0%
総合 21 23707字 1,128.9字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:昨日食べた狼 必須要素:ご飯 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1388字 評価:1人
カーテンの隙間から眩しい光が差し込んだ。私は少しだけ目を開けて、小さく息を漏らす。今は何時なのだろう。頭ではがんがんのロックが響いている。昨日は少しだけ呑みすぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:贖罪の孤独 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:830字
今日も隣を歩く足音は、少し霞んだ音。単調なリズム。伏せられた目はどこか不思議に暗かった。君とこうして歩いて何年が経ったのだろう。こんなことを続けていていいのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:気持ちいい春 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:667字
恋に色をつけるとしたら、それはどんな色だろう。苦しくなるくらいの赤、透き通るような白、深い海みたいな青…。私は、手に取れるようなあったかいピンクだと思う。私の中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ちっちゃなうどん 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:384字
僕の恋人は、ひとくちがとても小さい。小さい癖に、よく食べる。そして、幸せを溢れ落とすみたいに笑うのだ。僕はそんな恋人が楽しそうにご飯を食べているところを見るのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:君と草 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1104字
草を見ると、君を思い出す。そんなこと言ったら、思い出してばっかりじゃないかと思われるかもしれないけれど、そう、思い出してばっかりなのだ。君がいなくなってから、も 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:頭の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:1151字
どこまでも伸びていく青空。大きく堂々たる入道雲。ずっと先まで声を響かせる蝉。夏。夏。夏。こんな夏たちを生まれてから17年間ずっと見てきて、さすがに飽きたって思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:人妻の弁護士 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:1183字
「じゃあ、これで、私の仕事は終わりですね」取り繕ったような仮面の笑顔で言い放たれた。この数ヶ月、ずっと貴方のその顔を想ってた。その仮面を奪ってみたくて、その顔は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:限界を超えた食堂 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:768字
初恋は実らない、なんて、よく聞く言葉だけれど、それはどんな初恋にも通ずる言葉なのだろうか。お昼休み、溜まりに溜まった仕事をやっと片付けた私は、優雅に友人のブログ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:箱の中の殺し屋 必須要素:お湯 制限時間:1時間 読者:128 人 文字数:1897字 評価:0人
世の中はJKという人種を、過大評価し過ぎだと思うのだ。可愛いだとか、青春だとか、ミニスカートだとか、そうやって甘ったるく表現されがちな、女子高生という3年間の短 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:苦しみの小説上達法 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:763字
「先生にとって小説とはなんですか?」目の前でペンを走らせながら、キラキラした目でそう言うのは、新人の記者さんだそうだ。まだ大学生の私にはよくわからない、何か有名 〈続きを読む〉