むにゃむにゃ@即興の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 21 14528字 691.8字 85.7%
総合 21 14528字 691.8字 85.7%

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:走るぺろぺろ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:880字
「はぁはぁ……。ま、待ってよお嬢ちゃん。ほんの少し、ちょぴっとだけだからさあ」「い、いや。来ないでください」「ぐふふ。さっきからそんなことばっかり言ってさあ…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:愛すべき小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:840字
何故かログアウトされていたので、前のお題で書きます。お題 夜の人時刻は二十時。そろそろお隣さんが動き出す時間だ。案の定、隣の部屋からガサゴソと音が聞こえてきた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:弱い負傷 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:927字
ああ、これはもうダメだろうな。少年は腕の傷を見て思った。ぱっくりと傷が開き、絶え間なく血を吐き出し続けている。収まるどころか傷口は余計に開いていき、血の量も増え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:出来損ないの小説の書き方 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:828字
深夜零時をまわった頃。しんと静まった家にただ一つ、タイピング音がした。ある部屋から音はする。暗い廊下だが微かに光が見えた。ドアの隙間から漏れ出たものだった。部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:美しい発言 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1050字
私は生徒会長だ。みんなの前で美辞麗句を吐き、教師や真面目な生徒会役員のご機嫌をとるのが仕事。そのため周りの人たちからは、私は真面目で凛とした人物だと見られている 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:少年の正義 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:790字
少年は正しかった。いつ、どんな場合に於いても。少年は正しすぎた。小さい頃は少年にも友人はいた。けれど、時が経つにつれだんだんと離れていった。少年は、友人もその他 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:日本式の彼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:851字
主菜、ご飯、味噌汁と順に箸を伸ばす。一口一口よく噛んで飲み込む。十分に味わって食べているようだ。対する私は、気に入った品があると一点食べ。ろくに噛みもせず飲み込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:打算的な同性愛 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:963字
ベッドで眠りこける男二人。布団ははだけており、肌色がよく見えた。二人とも服は着ていなかった。シーツも乱れ、行為の激しさを物語っていた。窓側の男性は中性的な顔立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乗り合わせ ※未完
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:男同士の列車 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:448字
電車は鉄橋を渡る。車窓からは山が見えた。山肌は赤や黄に埋もれていた。眼下を見ると川があり、色とりどりの落ち葉が流れていた。水面には夕焼けが映りこみ、落ち葉の色と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むにゃむにゃ@即興 お題:寒いぷにぷに 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:484字
肌を刺す寒さ。窓から見える庭も真っ白。弟が作ったであろう雪だるまが、日陰にいた。よくこの寒い中遊びにいけるなあ。私なんかこたつからも出られない。普通に入っている 〈続きを読む〉