ハチマルの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 77 65490字 850.5字 98.7%
1時間 13 14140字 1,087.7字 92.3%
2時間 1 1644字 1,644.0字 100.0%
総合 91 81274字 893.1字 97.8%

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:マイナーな耳 必須要素:力士 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:834字
登美豊は、新進気鋭の若手力士だ。純朴な田舎の好青年といった風貌と性格で、ファンも多い。どっしりと構えた古風な相撲を取り、年寄りからも人気がある。彼が自分の部屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:人妻の感覚 必須要素:ハロウィン 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:953字
さて、何の仮装をしよう。夫は妻がコスプレっぽい格好をする事を悪くないと思っているらしい。口では『そんな事ないよ!きみは普段通りで十分キレイだよ!』なんて言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:男同士の善意 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:705字
男には、弟子が居た。彼はまだ少年といってもいい位の年だった。夢にうかされたような大きな眼を持つ、繊細な精神を持つ男だった。 男は、小説家だった。細やかで美しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:死にぞこないの孤独 必須要素:山田が犯人 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:698字
僕達は、たった二人になってしまった。「早く助けが来ると良いんだが…。」 なんて山田は白々しく言っている。僕は黙って頷いた。 山田の気持ちも解る。だって、あの時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:運命の喜劇 必須要素:漆黒の翼 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:725字
少女はその時、自分のなりたい姿を定めた。少女には母も父も居なかった。腹が減れば、そこらにあった食べられそうなモノをそれが売り物であろうと無かろうと食べた。彼女 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:東京祝福 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:580字
僕は今、愉しくて仕方がない。自分の靴、自分の服、自分の部屋…。全てあの町に無かったモノだ。 あの町では僕は、『小松崎家の長男。』で、『大切な跡取り』で、『坊ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:漆黒の闇に包まれし運命 必須要素:ブラウザはなるべくGoogleChromeを使用してくださいまじで。 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:771字
後1時間30分。いや、アップロード形式だから、後2時間は大丈夫だ。山岸教授は童顔で、俺達とそんなに歳は変わらないように見える。口調はざっくばらんで、まるで友人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:淡い罪 必須要素:高校 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:858字
瀬川先生は、とてもつっけんどんな人だ。授業中も、休み時間も、笑顔1つ見せない仏頂面で、流行三週遅れみたいなレンズの分厚いメガネを掛けて、ぬか味噌を腐らせたよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:くさい税理士 必須要素: 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:863字
そいつは、色んな意味でクサかった。頭髪はなんかよくわからない油で固められてテカテカして変な匂いがするし、自分の事を、「時空の税理士」と名乗ってはばからず、とて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:人妻の深夜 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:712字
私はどこにでもいる主婦だ。夫とはお見合い結婚で結婚した。今、彼は地方へ単身赴任をしている。だから、私は暇さえあれば、いつだって本性に戻れる。しかし、昼日中から 〈続きを読む〉