ハチマルの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 64 55328字 864.5字 98.4%
1時間 13 14140字 1,087.7字 92.3%
2時間 1 1644字 1,644.0字 100.0%
総合 78 71112字 911.7字 97.4%

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:苦い悪意 必須要素:ゴム 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:911字
私の恋人は、キスが上手い。いつも、まるで仔犬がじゃれつくように、やわらかく、無邪気に舌をからめてくる。彼の唇はちょっと苦くて、大人の味がする。私が今までキスし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:限りなく透明に近い地下室 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:814字
幼馴染が部活動を作ったと風のウワサで聞いた。その名も『穴堀り部』と言うらしい。ウワサは後に訂正された。『穴堀り部』は、正式な部活動として認められなかった。なの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:孤独なパソコン 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:733字
7月2日、午前9時2分14秒。いつもの時間に足音は響く。「おはよう。」『おはよう。ハカセ。』「おいおい、それは止めてくれって言ったじゃないか。」 彼の言うとお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:簡単な兄弟 必須要素:ひょっとこ 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:874字
子供は苦手だ。 多分子供の方でも私を苦手だろう。黒づくめの服を着て、面を被り、足音をたてずに歩く。おまけに私は生来無口である。だからこそ私はいままでこの『お面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:刹那の失踪 必須要素:胸キュン 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:957字
友人にはよく、「由貴ちゃんって、不思議ちゃんで、おっとりしてるよね。」なんて言われる。口の悪い弟に言わせれば、「ねーちゃんはきっと小さい頃どっかで強力な磁石脳 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:壊れかけの眠り 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:766字
僕を作った人が好きで口ずさんでいた曲がある。あの曲を聞くたびに、「何故壊れかけのモノに幸せなぞ訊ねるのだろう。」と思っていた。きっと完成品の方が正しい答えがか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:ワイルドな妻 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:873字
私の妻は、とても美しい女だ。黄金に輝く小麦色の肌を持っていて、艶やかな黒い目をしている。笑うと乳白色の八重歯が真珠のようにきらきら光る。右目には大きな傷痕が斜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:栄光の事件 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1057字
日本が亜熱帯気候であるという事を、今俺は身を持って感じている。「暑い…。」 窓を開けてみる。泣ける程無風だ。これじゃあきっと閉めてても同じだ。けれども少しでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:免れた結婚 必須要素:イヤホン 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1017字
動悸がおさまらない。断っておくが、体調が悪い訳では無い。私は今からデートをするのだ。(落ち着け、落ち着け。) 自分自身にそう言い聞かせるが、口許がゆるむのも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:プロの経歴 必須要素:若者使用不可 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:951字
部屋の中で待っていたのは、髪をお団子にひっつめにした恐ろしく無愛想な女だった。恐らく人事部の新人といったところだろう。それにしては妙に威厳があるのが気になる。 〈続きを読む〉