有馬仙の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 1668字 834.0字 50.0%
1時間 3 5926字 1,975.3字 100.0%
4時間 8 70851字 8,856.4字 62.5%
総合 13 78445字 6,034.2字 69.2%

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:アブノーマルな春 制限時間:4時間 読者:97 人 文字数:6816字
だから、もう満足だ。 これだけ生きた。 そのはずだ。 そうであらねばならない。 ――― 目覚めると親友がいた。 ジーンズに安っぽいアロハシャツという、よく彼が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:冷たい交わり 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:893字
柊雪子の両親は資産家だが、スローライフが好きで変わった趣味を持っていたので、山奥で変わり者を集めて村おこしをして、そこで自給自足の生活を送っていた。 しかし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:2498字 評価:0人
人には色々とコンプレックスがあるのだが、中でも毛に関する物は女性には当然、男性にも意外と多い。 肌を見せなければ公にもならないし、昨今では脱毛の方法も手近に存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
先生が好き ※未完
作者:有馬仙 お題:夏の寒空 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:775字
橘明夫は恋をしていた。 それもずば抜けた美人を相手にだ。 しかし、その片思いの相手というのは少々年上で、明夫は16歳の高校一年生なのだが、その美人は30歳の高 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:運命の朝日 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:1472字
筋肉神が筋肉を祝福した。 筋肉が運命の朝日を迎えた。 筋肉は歓喜した。筋肉さえあればいいと筋肉が泣いた。 筋肉はパンを食べた。筋肉はカーボをチャージした。筋肉 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:部屋とYシャツと過ち 制限時間:1時間 読者:84 人 文字数:1956字
島崎佑樹は教師を目指す大学生だった。 体育会系の部活に励みながら勉強を惜しまず、周囲からも優秀だと持て囃されていた。 だが、島崎は困惑していた。 部屋にYシャ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:今日の孤島 必須要素:二号機 制限時間:4時間 読者:65 人 文字数:3581字
島仁里香(しまひとりか)が孤島に辿り着いたのは、乱気流に巻き込まれて不時着した飛行機が着水した際、海に投げ出されて運良く島に漂着したからである。 里香は高校二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:おいでよこだわり 必須要素:挽き肉 制限時間:4時間 読者:64 人 文字数:11524字
即興小説に挑んだとある男は思った。 また挽き肉か、と。正直、男は挽き肉が苦手だった。これまでさほど即興小説を書いた経験はなかったが、初めて挽き肉という要素を入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:女の血液 必須要素:挽き肉 制限時間:4時間 読者:62 人 文字数:1599字
一人の男がいた。 上司に叩かれ、同僚の女性に嘲られ、飲み会では頭にパンツを被って滑稽な芸を披露していた。山田太郎という男だ。周囲からの評価は、平凡な容姿に、半 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:彼女が愛した空想 制限時間:4時間 読者:87 人 文字数:13658字
私は寝る前に空想にふける癖がある。空想というよりほとんど妄想に近い話で、小説にもならないような意味不明な空想だ。それは異次元に潜り込んでロリコンを倒す妄想だっ 〈続きを読む〉