ホノミの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 30 29323字 977.4字 73.3%
1時間 5 17128字 3,425.6字 100.0%
総合 35 46451字 1,327.2字 77.1%

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:せつない家事 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:796字
夏になると、どうにも時間の感覚が狂う。「今、何時だろう」ふと見上げた空は、まだオレンジ色をしていた。まだ5時にもなっていないんじゃないだろうか、そう思い、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:許されざる傘 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1007字
「何見てんだよ」「何、と問われれば君だと答えますが」コンビニの前に座り、何見てんだよ、と凄んだ俺に一切怯むことなく、その女は答えた。年は多分25くらい。キャリア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:箱の中の駄洒落 必須要素:えへへ 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:4865字 評価:0人
「この箱の中に何が入っているでしょうか?」と彼女は聞きました。一応言っておきますが、彼女というのはただの代名詞であり、実際に彼女が僕の彼女だというわけではありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:プロの想い 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1212字
「この間、わがまま聞いてくれるって言ったじゃん」 彼はそう言った。軽い気持ちで約束をしたことをきっと彼の前に立つ社長は悔やんだことだろう。「曲を作るのは俺だ。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幽霊電車 ※未完
作者:ホノミ お題:狡猾な電車 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:951字
心霊番組特集を見ていた時の話をしようか。一人暮らしをしていると、ついテレビをつけてしまうということが多い。最近はスマホを開く人が多いだろうが、SNSというものを 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:早すぎた音 必須要素:フォロワー達が○し合い 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:857字
爆ぜるようなブザー音で男は目覚めた。事態が飲み込めず周囲を見渡す。けたましいブザー音は未だなり続けていた。「何が起きた?」彼は考える。まだミスはしていないはずだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:8月のクリスマス 必須要素:グミ 制限時間:1時間 読者:115 人 文字数:2791字 評価:2人
「メリークリスマス!」昨年はこうして貴方とクリスマス会なるものをしましたね。私は良く覚えていますよ。貴方もそうだったら嬉しいのだけれど。さて、こうして私が手紙を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な大学 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:888字
父母は僕を一流の大学に行かせたがった。そのため、ずっと昔から塾に通い、英会話教室に通い、水泳もやらされた。文武両道の人格者、それが目標だったらしい。そして、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高貴な経歴 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:995字
随分と綺麗な経歴ですこと、と赤いロングスカートに白いシャツを着た女性が呟く。彼女の首には真ん中に大きな宝石があしらわれたリボンタイが付いている。宝石の色は光の当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ お題:高いにわか雨 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:972字
「今日の降水確率は.....」お天気お姉さんとやらが、朝に似合わない高い声で今日の天気を告げていた。気象予報士も顔で選ぶ時代になったか、とつぶやく。それを聞いた 〈続きを読む〉