かたぎりの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 253 69353字 274.1字 98.4%
30分 1 83字 83.0字 100.0%
1時間 3 4953字 1,651.0字 100.0%
2時間 1 126字 126.0字 100.0%
総合 258 74515字 288.8字 98.4%

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:興奮した決別 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:98字
自宅で仁は瞑想していた。すると、なにやら雑念が現れた。「なんだ、あのあの子への気持ちか。」疑問がはれて仁はすっきりした。そして再び瞑想にもどった。こんな夏の終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:絵描きの同情 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:133字
仁は繰り返すように髪のセットをしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「そんなことある!?」仁はあたりを見回した。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」不安 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:そ、それは・・・冒険 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:520字
そ、それは・・・小説!?サークルの雑誌みてよ!友人が得意げに自分のページを開いてみせてくれたふむふむ、ふむふむえっ、えっとー、そ、それは・・・小説?口にはしてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:大好きな狐 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:110字
自宅で賢は髪のセットしていた。すると、なにやら白いものが現れた。「なんだ、あの最近買ったワックスか。」疑問がはれて賢はふっと安心した。そして再び髪のセットにもど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:勇敢な声 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:103字
自宅で匠は寝坊していた。すると、なにやら見知らぬ車が現れた。「なんだ、あの親戚の叔父さんか。」不安がとれて匠はやれやれと思わず口にした。そして再び寝坊にもどった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:勇敢な声 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:102字
自宅で理は料理していた。すると、なにやらビービーと変な音が現れた。「なんだ、あのPC故障の警告音か。」疑問がはれて理はすっきりした。そして再び料理にもどった。初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:禁断の瞳 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:104字
自宅で龍は発声練習していた。すると、なにやら妙に高い声が現れた。「なんだ、あのヘリウムガスか。」ピンときてて龍はもやもやが晴れた。そして再び発声練習にもどった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:俺と反逆 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:103字
自宅で鼓は厚い晴れの日していた。すると、なにやら熱中症が現れた。「なんだ、あの水か。」疑問がはれて鼓はほっとして肩の力を抜いた。そして再び厚い晴れの日にもどった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:俺と反逆 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:97字
起きて、晴天僕は今日は平和だと思った会社に行くと先輩が「先週の件だけどさ」と早々に切り出してきた「はじまったかー社会生活」世界に平和はないのだと言い聞かせて僕は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:俺と反逆 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:135字
龍は決まり切った様子で待ち伏せをしていた。すると、なにやら見知らぬ人が現れた。「うそ!?」龍は辺りを見回した。「なんだ、あの待っていた人か。」ピンときてて龍は独 〈続きを読む〉