かたぎりの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 164 57063字 347.9字 97.6%
30分 1 83字 83.0字 100.0%
1時間 2 4433字 2,216.5字 100.0%
総合 167 61579字 368.7字 97.6%

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの彼氏 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:137字
昴はなんとなくまつ毛カットをしていた。すると、なにやら異様に長い毛が現れた。「なんで!?」昴は周囲に気を配った。「なんだ、あの髪の毛か。」納得がいってて昴はほっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:理想的な眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:146字
倭は休みなく犬の散歩をしていた。すると、なにやら手を振って歩み寄るおじさんが現れた。「なんで!?」倭はあたりを見回した。「なんだ、あの最近知り合ったお客さんか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:少女のコウモリ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:83字
少女のコウモリと楓楓はコウモリを大事にしていたコウモリは怪我でおちていた楓が拾ってきたもの楓は大切に育てて元の場所にそっと戻した夏の風はやはり気持ちがよい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:記録にないいたずら 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:226字
「ないない」必死に探したそれはもう、鞄の中も全部ひっくり返して探した「どういうこと」家に着くまでの道をまた歩いた少し暗かったけど仕方が無い「ないない」それでもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:夜と小説の書き方 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:87字
勝はダンスしていた。すると心臓を突き刺すような痛みが現れた。「なんだ、あの戦いの傷か。」疑問がはれて勝は少し安心した。再びダンスにもどった。外は熱帯雨が激しかっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:東京のデザイナー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:110字
東京の自宅で寛は部屋の掃除していた。すると、なにやら見覚えのないハガキが現れた。「なんだ、あの年賀状か。」疑問がはれて寛はふっと安心した。そして再び部屋の掃除に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:愛すべき小説家 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:123字
僕はなんとなくツイッターで小説を投稿していた。すると、なにやら熱狂するツイートが。「!?」僕は部屋のまわりを観察してみた。「ああ、テレビでサッカーやっていたのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:苦し紛れの失踪 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:91字
鈴は買い物をしていた。すると、なにやら変な声がきこえた。「なんだ、おばさんか。」疑問がはれて鈴はすっきりした。そして再び買い物にもどった。帰り道は小蝿が顔にあた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:わたしの嫌いな鳥 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:90字
来は肉を焼いていた。すると、なにやら変な鳴き声がきこえた。「なんだ、近くの鳥たちか。」疑問がはれて来はすっきりした。そして再び肉にもどった。火力をあげて夜を吹き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:早すぎた夕日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:81字
轟は散歩をしていた。すると、なにやら虫が現れた。「なんだ、新種の虫か。」疑問がはれて守はすっきりした。そして再び散歩にもどった。夏の夕方はやはり明るい。 〈続きを読む〉