佐藤りーまんの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 124 74391字 599.9字 87.1%
30分 6 7778字 1,296.3字 83.3%
1時間 2 2418字 1,209.0字 100.0%
総合 132 84587字 640.8字 87.1%

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昼間の旅行 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:329字
「確かにこのあたりには来ないだろうな」佐藤の声に顔を上げる。周囲を見渡すと、石段の周囲に立ち並ぶ店にまばらに人影がある。雪菜は頷くと先ほど買ってもらった焼きまん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:平和と地下室 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:442字
「明日の講義、サボるけどお前は?」牧谷に聞かれて、林は手を止めた。「いや、俺は出るよ」了解、と答えて牧谷が立ち上がる。黒いリュックサックが音を立てた。時刻は午後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:汚れた狐 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:481字
獣の目を見たのは、その日が初めてだった。佐藤は荒ぶれた竹藪の奥で陽の光を避け、息を潜めている。昨日上級者向けの山を登っていると、正規ルートから外れ、遭難してしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:今年の豪雨 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:399字
窓を打つ雨音を聞いていると、高校の図書室を思い出す。古い紙が湿気を含んだ、独特の匂いが舞い上がってくる。そこにはいつも僕と彼女だけが居た。彼女はただ貸出カウンタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:私と四肢切断 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:439字
話したこともないクラスメイトの笑い声が、耳から離れないでいる。僕は頭を抱えた。長い髪が指の隙間を滑り抜ける。切り口からは黒く粘ついた血液が垂れ下がった。抱えてい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:ワイルドな豪雪 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:682字
「すげー雪だな。こりゃ」翔太が帽子のつばに手を掛け、空を見上げた。大きな平屋建ての瓦には、たっぷりと朝日を含んだ雪が乗っている。晴れた陽の光を反射して眩しいくら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べた殺し 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:428字
手のひらから一羽の蝶が生まれるのが分かった。鱗粉を指に散らし、青く発光する羽を震わせている。背の高い白髪の青年は、手の中の命を慈しむように見つめていた。「またで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:昨日食べたコンサルタント 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:614字
口の周りを拭った。髭にはところどころ冷えて固まった血がこびりついている。指先でほぐしながら唇を舐めた。「美味しかった?」隣の男がパソコン画面から目を逸らさずに聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:彼女が愛した風邪 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:707字
「秋人」無機質な彼女の声がした。ゆっくりと目を開ける。家庭用アンドロイドのユキが小さな土鍋を乗せた盆を持って立っている。「いいよ、そこに置いておいて」「お医者様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:過去のカップル 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:447字
目覚めても、涙は溢れていなかった。鳴り続けるスマートフォンを握りしめる。昨日の夜、いつものような食事の後に彼女に別れを告げられた。驚くほど呆気なく、つい一週間前 〈続きを読む〉