らびの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 41 39307字 958.7字 46.3%
1時間 19 34420字 1,811.6字 78.9%
総合 60 73727字 1,228.8字 56.7%

ユーザーアイコン
作者:らび お題:つらいモグラ 必須要素:背後で爆発音 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1596字
「いいか、ここに来る連中が何を見たがっているか、それをようく考えろ。美しいものを見に来てる輩なんざいねぇ。できるだけ無様に、だ。それを忘れるな」 見世物小屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
炭化の前夜 ※未完
作者:らび お題:あいつとダンス 必須要素:ダイアモンド 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1660字
この国から一夫一婦制という清廉が剥ぎ取られる前夜、街を覆ったのは乱痴気騒ぎだった。みな明日には政府が誇る計算機によって弾き出された者のところへ収まり、国力増強 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:裏切りの夏休み 必須要素: 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1751字 評価:0人
高校2年の夏休みという、おそらく人生で一番輝かしい時間を部屋に立てこもって無為にするのにはそれなりの理由がある。勉強だ。ひたすらに勉強だ。めくるのは学校の教科 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:裏切りの弔い 必須要素:靴下 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1667字 評価:0人
「今年は雪が降らないねぇ」 「暖冬だからね」 への字口で空を見上げるマリの呟きに、ひどくつまらない返しをする。でも、それでいいのだ。私とこの子は、それでいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:ラストはカップル 必須要素:FX 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1851字
「いいんですか、ご友人たちは」 「いいんだよ。ちょうど疲れてきたところだ」 大学構内でケイを見つけ、声をかけた。友人たちが囃し立てながら帰っていくのを見届けて 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:らび お題:馬鹿なお天気雨 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1931字 評価:0人
「――彼らは鳥と心を交わし、味方につけて、この国に君臨していた。地上の人々は彼らが地に落とす影に怯え、永い永い被支配の日々を過ごしてきた」 遠くに響く祭囃子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:右の慰め 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:1816字
自分で言うのもなんだけれど、昔は私の右手も、それはそれはできる子だった。まず、とてもきれいだった。すべすべしていて、ムダ毛の一本も生えていなくて、5本の指はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:宗教上の理由で怒り 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1064字
「ほんとにいいの?」 「ああ、きみと一緒になる方が、ずっと大事だからね」 ぼくがそう言っても、彼女はなかなか火をつけたがらなかった。本当に、もう決めたことなの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:出来損ないの踊り 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1146字
「私には、踊りしかなかったので」 インタビューでそう答えている彼女があまりにも腹立たしくて、悔しくて、私は急いで手にしていた雑誌を閉じ、平積みの一番上に戻した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:都会の事件 必須要素:大学受験 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:1318字 評価:0人
私は天使である。四畳半でごろごろしていても、天使は天使である。そして、この四畳半の窓から豪雪を眺めながら愉快そうに笑うこの青年こそ、私のお仕えする、げに尊き我 〈続きを読む〉