葛 文香の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 1472字 736.0字 50.0%
30分 2 1655字 827.5字 50.0%
1時間 5 5568字 1,113.6字 80.0%
2時間 17 25996字 1,529.2字 76.5%
総合 26 34691字 1,334.3字 73.1%

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1947字
長い髪をしな垂れさせて彼女は微かに鼻で笑った。寝起きでも彼女は変わらずに美しい。僕もベットから体を起こし、まだ微かにぼんやりとしている彼女の顔を見つめる。僕ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:薄汚い空 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:1366字
「ピアノよ」「ピアノ?」「そう、ピアノが聴こえるの」灰色に霞掛かる青い青い空の下で、彼女は僕に言った。「拙くて、でも耳に残るの。誰も居ないのにその音だけが聴こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:見憶えのあるぷにぷに 制限時間:2時間 読者:39 人 文字数:901字
「猊下」「何だ」「ぷにぷにしております」「そうだな」「猊下」「何だ」「これは何でしょう」「養殖カイルだ」「養殖カイル」「主立って、私の世界線に存在する生き物…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:女の稲妻 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:783字
鋭い雷が落ちた、と思ったら、どうやらまた彼女を怒らせてしまったらしい。注がれた熱い拳骨は僕の頭に吸い込まれ、じんわりとした痛み、もとい「愛」を残して離れていっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:緩やかな職業 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:1943字
電子の紙に枠を作り、その中に絵を書いていく。丸い吹き出しを書いてその中に台詞を打ち込んで、最後に印刷所に送信して私の仕事は終わる。 私は漫画家ではなく、同人作 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:でかい銀行 制限時間:2時間 読者:81 人 文字数:1097字
鈴虫の声が聞こえる。蒸し暑い夜を一人で越えるのは何度目だろうか。 あの人は今日も仕事で家を空けている。自分で選んだ人のはずなのに、これは間違った結婚だったので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:哀れな嫉妬 制限時間:2時間 読者:76 人 文字数:850字
私は、貴方の事をずっと見てきた筈なのですけれど。辛苦を共にして、同じ道を歩んできた筈なのですけれど。確かに、ほんの少し道は違えたかもしれませんが、それでも見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:2つの火事 制限時間:2時間 読者:62 人 文字数:2641字
炎が捻れている。唸りうねり、私の部屋を侵していく。一階はもう駄目だろう。今日は偶々父母が居なかったのが唯一の救いか。 歪んだ窓は動かず、もう割るだけの力も残っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:茶色い出会い 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:753字
「僕と結婚してください」 枯葉舞う秋の終わり、そう初対面の人に言われた。「一目惚れしたんです」 私の手を両手で握りながら、公園のベンチでひたすらに愛を囁こうとす 〈続きを読む〉