空見タイガの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 10 10529字 1,052.9字 100.0%
総合 10 10529字 1,052.9字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今日のサッカー 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1312字
カンカンカンカンカン。遠くから聞こえてきた音に俺は彼女の手をとって走り出した。道の終わりぐらいで近くの警報がなりはじめて、渡りきったあとに振りかえると今に下り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:残念な真実 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:972字
デザートをおごるかわりに恋愛相談に乗ってくれと頼んで連れてきたクラスメイトが頼んだのは二千円するパンケーキ。二千円!? 二千円ってあの、お札の千円が二枚!? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:免れた子犬 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:1211字
ゴールはゴールでもナイシューでないゴールはなーんだ? 白けた二人のあいだを割るように注文していた料理がテーブルの上に置かれた。俺はチーズカレー、染野はミートド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:くさい芸術 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1150字
給湯室の排水溝にいつもちぎれた麺が入っている。くっついているキャベツのような薄い緑のなにかを見るに、おそらく焼きそばの仲間にちがいない。気にせずに手で水をすく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:臆病な女 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1053字
大して暑くもないのに暑いの言葉がでてくるように、好きという言葉は好きでなくても言える。しかも、す、き、これだけの詩である。猿が無限にタイプライターを叩き続けて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:鈍い償い 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:884字
よくわからないまま公園のベンチに座っている。平日の二時のため、人はあまりいない。ベビーカーを押した母親がふしぎそうな顔をして入って出ただけだ。雲がイワシの形を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:今の冒険 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1007字
今、生きていておそれながらも行いたいことはなんだろうと考えて、そんなものはないと思った。ちょっとした好奇心のために命を落とすような真似はしたくない、もし自ら平 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:小さな血液 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:919字
人参は美と時間の仲間であるが、俺とおまえは敵である。久居はバイト先からパクってきたらしいエプロンをつけながら足で冷蔵庫を開いた。「おっと、塩がない」「客に塩を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:右の失踪 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:950字
二色のランドセルと八色のランドセルなら前者のほうが好きな一色を選びやすいだなんてことはどんなにお偉い学者さまが言おうと統計が出ようと一万人の賛成があろうと信じ 〈続きを読む〉