にいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 197 139423字 707.7字 86.3%
30分 32 40823字 1,275.7字 90.6%
1時間 77 180900字 2,349.4字 97.4%
2時間 6 20620字 3,436.7字 100.0%
4時間 1 6917字 6,917.0字 100.0%
総合 313 388683字 1,241.8字 89.8%

ユーザーアイコン
作者:にい お題:純白の山 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:806字
どうせお前のことだから菓子作りなど失敗するに決まっている、とハナから決めつけてきた兄を見返してやるために、さっそく料理本を山ほど買ってきた。料理本には懇切丁寧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許せないサッカー 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:785字
今日も外から窓を鳴らす音がある。階下から石が投げられてぶつかったのだ。部屋のあるじの少年は、また来たのか、と一日中いたベッドの上から、その日はじめて降りて窓辺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:719字
春になると部屋にテントウムシが大量発生する。なんでも、日当たりのいい窓の上部なんかに密集して冬を越し、初春になると、外よりもまだ温かいからと室内の側にわらわら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:犬の狙撃手 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2566字 評価:0人
司会者の指先の動きを、観客は息を呑んで見守った。一夜で作られた屋外ステージの、アルミの床板。そこに音を立てて転がった一個のパチ○コ玉を拾い上げる指は、司会者自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
筋書きなし ※未完
作者:にい お題:愛と憎しみの狸 必須要素:二号機 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1482字
「今夜はタヌキ鍋だ」 婆さんを煮込んだあとの残り汁が、沸騰しながらタヌキの肉を浮き沈みさせる。調味料も入れていないのに絶妙の味加減だったのは、たぶんすでにタヌキ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:誰かの人 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:719字
空中に絵を描く技術は、念動力で行っているのだという。空気を構成するものは並べ替えると色がつくようで、友人の指先がなぞった軌跡に、赤だったり青だったりが浮かび上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
アラーム ※未完
作者:にい お題:イギリス式の風 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:603字
部屋中に設置された時計が、一斉に午前五時を示した。部屋のあるじは偏執的なまでに正確さにこだわり、一秒のズレもないように、常に手入れを欠かさない。家にいるあいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:怪しいぐりぐり 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:643字
あまりにも仕事が暇なので、一日中爪やすりに凝っていたのだが、最近では飽きてきてべつの時間潰しを見つけることにした。デスクから山程の爪の残骸と各種やすりを片しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:トカゲのスキル 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2897字
波にもぐる。感覚としてはそれに近い。広大な海原のどこまでも続く波間に、ゆっくりと頭を沈めていく。時刻は自由に設定できるから、わたしはいつも夜明け前のイメージに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:漆黒の闇に包まれし狂気 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:765字
心の闇ですね、とプロファイラーは言った。会議室で傍聴していた彼らも、だろうな、と思った。最近の狂気じみた犯罪といえば、とにかく心の闇に尽きる。報われない自己へ 〈続きを読む〉