にいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 352 269179字 764.7字 85.5%
30分 40 53429字 1,335.7字 92.5%
1時間 128 316049字 2,469.1字 98.4%
2時間 6 20620字 3,436.7字 100.0%
4時間 1 6917字 6,917.0字 100.0%
総合 527 666194字 1,264.1字 89.4%

ユーザーアイコン
作者:にい お題:オチは自動車 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:938字
自殺志願者は今日も道路の真ん中に寝そべっていた。誰かが車で通りがかって轢いてくれればいいと望んでいたのである。彼はこれまで、自殺に失敗してばかりいた。首を吊れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:贖罪の道のり 必須要素:パスタ 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3044字 評価:0人
郵便受けにこれでもかとパスタの束を突っ込んでいるところを住人に見られた。深夜の二時である。そんな時間に起きている家人は夜勤労働者か不眠症の病人、それと今、目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:日本式の償い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:819字
ある貧乏な家に生まれた娘が、色恋のいざこざによって殺された。町の誰もが犯人を知っていたが、警察は捜査をしようとせず、事故死として処理した。娘と付き合っていた恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、狐 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:969字
予期せぬ通行止めには困ったものだが、急いでいるときならともかく、時間に余裕があれば回り道を探すくらいは手間でもない。バイト終わりの帰り道、ご丁寧に三人くらいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:誰かの視力 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:860字
眠気に負けて机に突っ伏したとたん、自分の後頭部が見えた。教卓からの視点で、ずる賢くも立てた教科書の影に隠れて居眠りしようとする生徒の姿を捉える。視線の主は怒っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:アルパカの正義 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:996字
アルパカに乗って旅をしていた男は、ある日、道端に行き倒れを見つけた。冷え込んできた夕方に上着も持たず、寒そうに自分の肩を抱いている。「旅の人、そのアルパカの毛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:箱の中の過ち 必須要素:パン 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2713字 評価:0人
見上げると四角く切り取られた青空から、燦々と太陽が照っていた。めずらしい晴天だ。太陽がふたつ、そのうち片方は失敗した目玉焼きみたいにその形を崩しているが、頼り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:嘘の小説家たち 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:874字
パーティー会場では大勢の人々が談笑していた。彼らが誰かに声をかけ、会話がはじまるまえに、必ず名刺が交わされる。こういった場での人との出会いは営業の絶好の機会だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
意識の外 ※未完
作者:にい お題:傷だらけの感覚 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:791字
幼い頃高熱を出して以来、ぼくの感じる世界には穴が空いている。後遺症というやつで、脳のなんらかの機能低下によるものらしい。体に触れられても気づかないときがある。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イタリア式の傘 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:817字
最近の酸性雨はひどくて、ありとあらゆるものを溶かしてしまう。外出を控えるように、なんて警告が出ていたのも最初だけで、家が屋根から溶けはじめてしまうと、そのうち 〈続きを読む〉