にいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 62 39010字 629.2字 95.2%
30分 12 14106字 1,175.5字 100.0%
1時間 33 70363字 2,132.2字 97.0%
2時間 4 12299字 3,074.8字 100.0%
4時間 1 6917字 6,917.0字 100.0%
総合 112 142695字 1,274.1字 96.4%

ユーザーアイコン
作者:にい お題:当たり前の冬 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:608字
夏だし当然、電化製品もそれ仕様だ。最近では一年中使える温風も冷風も出る優秀な扇風機とかまであるが、性能に見合ってお高いためまず手がとどかない。猛暑を乗り切るに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生かされたコウモリ 必須要素:パンツ 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1158字
洞窟の奥に吊るしてあったはずだが、サンドバッグはいつの間にかなくなっていた。生きていると嫌なこともある。ストレス発散には当たり散らすのが一番だ。というわけで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:頭の中の御曹司 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1772字 評価:1人
一時期抱きまくらを旦那と呼び出したときにはいよいよ治療が必要だと覚悟を決めたものだが、久しぶりに会った香織はなんだかまともそうな女になっていた。ロングスカート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ぐちゃぐちゃのしきたり 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:729字
前夜から大忙しだった。祭事のための道具を揃えたり、社の準備をしたり。いつもはリアルタイムで見るドラマの録画をしておいたり、たまった洗い物を片付けたり。白いスニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:黄色い爆発 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:605字
プラスチックのコップを持つ彼女の手が震えているのには気づいていた。縁にレモンのぶっ刺さったアイスティー。酸っぱいのも甘くないのも苦手なので、ガムシロップを大量 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:左の事件 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:3013字
冷え切った路地に黒猫がうずくまっていた。モルタルの壁に寄り添うようにして、ひっそりと。足元に流れてくる液体に好奇心をひかれたように、前脚を伸ばしては引っ込める 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:今日の命日 必須要素:九州 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1777字 評価:0人
九州に巨大隕石が衝突して跡形なく消滅してから、日本列島はみっつの島からなる国となり、おさまりが悪くなったと識見者のあいだで交わされていた。よっつならよくてみっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:どこかの絶望 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:560字
書棚に一冊分の空きスペースがあった。両隣の背表紙が続き番号になっているのを確かめるまでもなく、全集のためだけに用意された棚は、不完全な状態にあった。物語ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:すごいヒーロー 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:741字
格好つけるのは別に格好わるいことではない。そのあたり小学生男子は勘違いしているようで、なにかといえばカッコつけだなんだとからかいの対象になる。たぶん大人になれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:見憶えのある狐 必須要素:生理痛 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:1871字 評価:2人
人を待たせるのが同僚の特技みたいなもので、さんざん待ったあげくにドタキャンなんてパターンもよくある。腕時計をちらちら見つつ、貧乏ゆすりをしながらロビーで待ちぼ 〈続きを読む〉