にいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 285 212406字 745.3字 85.6%
30分 34 43800字 1,288.2字 91.2%
1時間 102 244989字 2,401.9字 98.0%
2時間 6 20620字 3,436.7字 100.0%
4時間 1 6917字 6,917.0字 100.0%
総合 428 528732字 1,235.4字 89.3%

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱い家事 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:779字
火傷に関しては怪我のうちに入らない。スパルタだった母の教えで、娘たちはどれも台所にいる限り、恐れを知らなかった。炒めていたチャーハンごとフライパンが燃え上がろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:奇妙な秋 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:811字
面会時間には早かったので、病院への道のりの途中にある喫茶店に入った。通りかかるたびに見かけてはいたのだが、一度も入ったことのない店だ。年季の入った看板に、外観 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:夜のぷにぷに 必須要素: 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2397字 評価:1人
夜のあいだに工事を進めるのは楽だ。アスファルトは弾力を帯び、やわらかくなって掘りやすい。おかげで機械で掘り進めても騒音はしないし、近隣住民から苦情が入ることも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:あきれたパイロット 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:789字
実際、パイロットの二人に一人はUFOを目撃したことがある。三人に一人は異星人と交信した経験があり、五人に一人は拉致されて改造済みだ。もちろん、そんなことを周囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:熱いにわか雨 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:782字
しばらく風呂に浸かっていない。浴槽に湯を溜めようにも、なにかの不具合で上手くいかないのだ。水なら溜まる。でもあいにく、冬に水風呂に入るようなあやしげな療法を実 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:暗黒の朝 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:737字
夜型の僕にはなんら支障はなかったのだが、日の出とともに目覚めて日没とともに眠る普通の人々にとっては、太陽の不在は大打撃だったようだ。ああいった人々は、昼間は熱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:かっこいい食卓 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3026字
食卓の一席はもうずっと欠けている。新しくその席に座る者がいつまでも見つからないためだ。形式的に、食事の時間になると、料理のない空の皿だけが配膳される。和やかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生きている妻 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:954字
三日後から妻は死んでいる。町内会でよく話す顔見知りの住人は、最近酒が入るとその話ばかりで、ああ殺人計画をうっかり漏らしてしまったのだなあ、止めたほうがいいのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:贖罪の夜風 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:901字
お前の土下座は軽いと言われた。遅刻常習犯でしょっちゅう上司相手にしていたものだから、自分も周りも慣れてしまったようだ。土下座、プラス、後頭部を靴裏で踏みにじら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:つらいダイエット 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:841字
嫁が料理をしなくなった。ものを食べてすらいないようである。きっかけは同窓会に出かけてからだと思うのだが、そこで昔と比べて太ったとか言われでもしたのだろう。はっ 〈続きを読む〉