にいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 84 54373字 647.3字 94.0%
30分 16 19204字 1,200.3字 93.8%
1時間 39 84490字 2,166.4字 97.4%
2時間 4 12299字 3,074.8字 100.0%
4時間 1 6917字 6,917.0字 100.0%
総合 144 177283字 1,231.1字 95.1%

ユーザーアイコン
作者:にい お題:凛とした新卒 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:775字
リクルートスーツの肩に花びらがついていた。商店街の桜並木を通ってきたのだろう。今日の夕食か、セール品の弁当が入った袋を下げている。うつむいてはいない。このご時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:大きな平和 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:2588字 評価:1人
預金口座から有り金を引き出してきた花乃は、連休中を友人とゆっくり過ごすつもりだった。旅行とまではいかないが、近場の温泉にでも行って、自宅ではない布団で眠りたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:不本意な秋雨 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:590字
傘を忘れた。べつだん強くはないが、いつまでも止む気配のない、それでいてしっかり濡れるくらいの雨量でうんざりさせられた。今日は肌寒いからと着せられたジャケットの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:安全な音楽 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:598字
間隔をおいて並んだ棚に、色とりどりのジャケットが陳列されている。レコードからCDへ、ダウンロード配信へと形を変えていった音楽は、いまや店頭にその媒体が並ぶこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:僕の好きな奈落 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:813字
すれ違う人の顔のなかに、「それ」を確認するのが好きだ。 通りを一本歩けば、だいたいひとりかふたりは見つけられる。この頻度が多いか少ないかはわからない。学生街だ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:天才の絵画 必須要素:ハロウィン 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1296字
あんまり足取りがふらついているものだから、心配せざるを得なかった。「重くないのか」「これが意外とコツがあってね、背負うときには肩紐の位置が」「いや、手荷物の話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:ゆるふわな男の子 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2290字 評価:0人
「お一人様で……」「はい、一時間」 堂々としたもので、店員に微笑みかける余裕すらある。ひとりカラオケはよほど図太くないと出来ない行いだと思っていたバイトは、その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:セクシーな大地 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:692字
「まずこの穴に手足を嵌めます」 インストラクターが言って、手本を見せた。野外練習場には、たしかに大きめのゴルフのホールのような穴がいくつも密集して空いていた。四 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:弱い愉快犯 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:691字
それから、新聞を毎朝チェックするのが日課になった。思いつきを実行に移してからというもの、これまで無味乾燥としていた日々が派手な色合いで彩られたようだった。少々 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:素朴な団地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:701字
花壇にパンジーを植えた。自治会のみんなで協力して面倒を見ることになった。水やり、台風のときのカバーの設置、虫の被害がないかどうか。各家族が交代で様子見にやって 〈続きを読む〉