にいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 329 248409字 755.0字 85.7%
30分 38 50003字 1,315.9字 92.1%
1時間 120 292575字 2,438.1字 98.3%
2時間 6 20620字 3,436.7字 100.0%
4時間 1 6917字 6,917.0字 100.0%
総合 494 618524字 1,252.1字 89.5%

ユーザーアイコン
作者:にい お題:簡単な町 必須要素:絵画 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:3137字 評価:1人
その荷物は背負う人間に対して大きすぎた。傍目にはちょっとした山のようで、小さな背丈の売り子が背負って歩くと、不格好な山が短い足を生やして自力で移動しているよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:自分の中の解散 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1038字
深い眠りに落ちているときに、もうひとりの僕とは対面することになるのだが、今日の場合にはどこを探してもその姿は見つけられなかった。そこは子供時代のいい思い出か、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:生かされたおっさん 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:879字
女湯を覗いた罪で拘束された男は、市中引き回しのうえ打首獄門という判決となった。そこは未開の村だったので、村長の家に一台だけあるテレビがゆいいつ外界の情報源、再 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:つらい神話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:964字
舞がはじまれば外に出ないとならない。それはあらかじめ決められた展開で、逆らうことは許されなかった。楽しい引きこもり生活もこれで終いだった。好きな時間に食べて寝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:彼のぬるぬる 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3008字 評価:1人
風呂上がりに冷蔵庫を確認すると、ビールが冷えていた。このところ暑くなってきたから、ますます酒がうまい。コップに注いで、髪が自然乾燥するのを待つあいだ、ゆっくり 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:鳥の帰り道 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:919字
動物なんて好きでもなんでもなかったが、ある日帰り道に見かけた木の巣箱に心を奪われて以来、鳥を庭に呼び込みたくて仕方なくなった。餌を用意して毎日野生の鳥を世話し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
近くで見る ※未完
作者:にい お題:近い絵画 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:805字
美術館経営って儲かるらしい。金と暇を持て余している友人に適当こいて吹き込んでみたら、翌週には美術館開館のチラシが郵便受けに入っていた。金持ちなんだからこれ以上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:不本意な狂気 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:3205字
相棒の命綱を握っているときに電話がかかってきた。急斜面の崖にしがみついて今まさにロッククライミングの最中だったが、電話には反射的に出てしまうタチだ。「はい、も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:見知らぬ酒 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:926字
映画館に行くと浮かれてしまって大体飲み物を買い忘れる。特に困ったことはない。両隣の人のをこっそり飲めばいいからだ。 場内は暗いし、みんな内容に集中している。隣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:許されざる食卓 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:759字
喧嘩中の両親の影響で食卓が被害を被っている。共働きのため食事は当番制なのだが、とても食えないような代物が並ぶのも珍しくない。「地方によっては佃煮にして食べるら 〈続きを読む〉