rainydayの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 873字 436.5字 50.0%
30分 1 1132字 1,132.0字 0.0%
1時間 2 2908字 1,454.0字 0.0%
総合 5 4913字 982.6字 20.0%

ユーザーアイコン
作者:rainyday お題:有名な夜中 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:381字
とうに夜半を過ぎて、街はひっそりと静まりかえっていた。人影は失せ、生き物の気配もない。ただ無機的な視点だけが街を闊歩する。街灯の薄明かりに目を凝らせば、そこかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:rainyday お題:素晴らしい朝日 制限時間:1時間 読者:175 人 文字数:1321字
夢はいつかは醒めるもので、いささかの例外もない。 醒めない夢はない。それが、むしろ醒めるべき、醒めなければならないといったある種の強迫観念に近いものになりつつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
決裂 ※未完
作者:rainyday お題:私と税理士 制限時間:1時間 読者:164 人 文字数:1587字
雨が降っていた。 薄暗い店内には、しかし私と彼しか客はなかった。BGMは古い名も知れぬジャズのレコードだったが、演奏はほとんど印象に残らずただ流れるばかりで、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
陰謀 ※未完
作者:rainyday お題:ゆるふわな第三極 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:1132字
重要な点はですね、と彼女はいう。 「やつらは私たちの目に見えない、ということなんです」 話にまったく興味がないことを極力悟られないように努力しなければならなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
邂逅 ※未完
作者:rainyday お題:暴かれた小説練習 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:492字
その男は、私を見るなり嬉しそうに声をかけてきた。「やあ、久しぶりですね。元気でしたか」 しかしながら、ついぞその男に見覚えがなかった。 記憶をたぐる。私だって 〈続きを読む〉