あきの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1 409字 409.0字 100.0%
30分 19 18882字 993.8字 94.7%
総合 20 19291字 964.6字 95.0%

ユーザーアイコン
作者:あき お題:帝王の会話 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:807字
「貴様っ、自分が何をしたのかわかっているのか」「わかっております、帝王様。私の行動を帝王様がご判断し、好きに処分なさって結構です。しかし、はたしてそれだけで民は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:ロシア式の慰め 必須要素:信仰 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:409字
「もう、こんなのやってられっか」 彼はウォッカをあおる。「そんなこと言わずに、ほらあと少しだよ」 俺は彼の肩を叩き、もう一本ウォッカの瓶を渡す。「俺たちはもう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:贖罪の博物館 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:661字
僕は博物館に入っていく。この博物館には誰もがいて、誰もいない。そんな場所を僕は独りで歩く。ここには様々な展示がある。僕はそれを一つずつ見て回る。 ドードーの剥 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:今日の町 必須要素:正月 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:924字
もうとっくに午前一時を過ぎてる。それでも今日の町は賑やかだ。それもそのはず、ついさっき新年を迎えたばかりで、誰もが初詣に行きたいのだ。 皆、大して神は信じてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:東京の私 必須要素:オリーブオイル 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:820字
「東京は良いところだ。 東京には渋谷や原宿がある。オシャレだ。私の地元には、渋谷と原宿はなかった。 東京にはデパートがいくつもある。私の地元には、イオンがあるだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あき お題:俺は猫 必須要素:右肩 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1245字
俺は猫である。友達の、一人称が「吾輩」な猫と違って名前もちゃんとある。ミケというキュートでクールな名前が。 俺はボロボロの家に住んでいる。でも、そんな家でも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:安全なしきたり 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1322字
「この国、つまり日本にはたった一つだけルールがある。このルールを守ればまず怒られない」先生は私をまっすぐ見ている。「それはなんですか先生」私はその目をまっすぐ見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:楽しかった子犬 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:847字
授業で「夏休みの中で一番思い出に残ったこと」という作文を書いた。ぼくは、飼い犬のタロが事故で死んだことを書いた。 最初、先生は嫌な顔をした。先生は「何か楽しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:小説家たちのしきたり 必須要素:フランス 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1157字
「『今日ママンがしんだ』から始まる小説なんだっけ」「『異邦人』かな」「そうそう、それ。あれマジで意味わかんなかったな」「俺、読んだことねえや」「たしか、そこの本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あき お題:遅いコウモリ 必須要素:文学フリマ 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1079字
私は文学フリマに来ていた。 文学フリマとはなんぞや、と言う人もいるだろうが、コミケの文学バージョンだと思ってくれていい。開催地は様々で、東京以外でも大きめの都 〈続きを読む〉