早坂 漣の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 6 3252字 542.0字 100.0%
30分 7 7025字 1,003.6字 85.7%
1時間 2 2793字 1,396.5字 50.0%
2時間 1 773字 773.0字 100.0%
総合 16 13843字 865.2字 87.5%

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:純粋な医者 必須要素:宗教 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:738字
「先生は、神様を信じる?」そう訪ねると、先生は目を大きく丸めて私を見た。突然そんなことを聞かれれば誰だって驚くだろう。私はそのまま何も言わず、先生の出方を待った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:夜と雑草 制限時間:30分 読者:99 人 文字数:803字
満月が眩しい夜、私はふと目を覚ました。 辺り一面には星がきらきらと輝いていて、その中心に浮かぶ丸い月は、まるで星たちと一緒にこの世界を吸い込んでしまうのではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:かっこいい絵描き 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:546字
私の大学には、似顔絵師がいる。なんでもその絵師さんは私の後輩に当たる大学1年の男で、特に女子生徒から人気を得ている。なぜなら彼は、見るものすべてを魅了してしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:どうあがいてもお天気雨 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1240字
今朝見た天気予報では、お天気お姉さんが寝起きの目には眩しいほどの笑顔で「今日は一日、青空の広がる気持ちのいいお天気でしょう」なんて言っていたはず。それなのに、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:かゆくなる失敗 制限時間:15分 読者:148 人 文字数:590字
ああもう、またやってしまった。 私はいつもこうだ。いつもいつも、私は相手にこんな顔をさせてしまう。「えっと…、ごめん。俺、君のことは友達としか思えないんだ」「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:小説の中の勇者 制限時間:30分 読者:164 人 文字数:849字
小さい頃は誰だって、世界を守る勇者になれた。 剣を片手に、大きな敵や手強い敵を次々と倒していって、小柄で可愛いお姫様を助けて世界に平和が訪れる。 しまいにはお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:12月の母 制限時間:30分 読者:130 人 文字数:596字
寒い寒い冬の日。私は、お腹に子どもがいることを知った。おめでとうございます。と、産婦人科の先生に言われた。 私はまだ実感が沸かなかった。お腹に手を当てて、本当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:死にかけの殺し 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:642字
「何かやり残したことはある?」「何もない、早くやって」 なんて上から目線なのでしょう。本来なら頭さげて頼み込むくらいは欲しいところ。 まあいいや。わたしはそこま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:忘れたい女の子 制限時間:1時間 読者:157 人 文字数:1578字
冷たい椅子に腰をかけ、僕はノートパソコンを開いた。ブゥゥン…と無機質な音が辺りに響く。淹れたての温かいコーヒーを飲みながら、僕はパソコンが起動するのを待った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早坂 漣 お題:信用のない孤島 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:349字
この小さな島は、時々息苦しくなる。 嘘っぱちだらけで、中身はドロドロ。 右耳から聞こえる笑い声。 左耳から聞こえる話し声。 お互いが行き来しあって、ぶつかりあ 〈続きを読む〉