早良しのの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 4 1517字 379.3字 0.0%
30分 16 11003字 687.7字 56.3%
1時間 19 21857字 1,150.4字 84.2%
4時間 2 4094字 2,047.0字 100.0%
総合 41 38471字 938.3字 65.9%

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:悔しいクリスマス 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1776字
雪が、風になびきながらもゆっくりと私の肩に落ちる。そればかりを見ていた。肩の向こうの視界には忙しない人々の歩行がある。一人なら、家に帰るんだろう。二人なら…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:最後の投資 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:850字
がちゃりと音がした。私がハンドルを回したからだった。手のひらに収まる安っぽい機械。何も出てこない。そして、音が返ってくる。 財布を広げてみると、千円札が一枚入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:闇の音 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:673字
公園の中央の人工太陽ヲ あなたは信じますか? yes/no yesと答えたあれは私たち。私たちは空の瞬間的な瞬きだった。定めとして色を失う粉を振りまく……。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:悲観的な顔 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:714字
スマホの画面に目を落としている。約束の時間は過ぎていた。「どうして、そんなに悲観的な顔をしているの?」 女性が僕の前に立ちどまって一言呟くと、また歩いていった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
白匣 ※未完
作者:早良しの お題:とびだせ稲妻 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:713字
さて、天上の子どもたちの楽園に眠る品々はどれも逸話を持つ物ばかりでございますが、白匣の逸話は特にお伽噺めいたもので有名でございますね。今さら私が語って聞かせる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:当たり前の風 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1322字
船を下りると、爽やかなカレーの匂いのする風がぼくらの頬を撫でた。見ると、港にいるインド民族たちはみな口を開け、風に向かうように立っている。恐れ知らずの友が風に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:天国の故郷 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:1018字
「あの人だかりは何?」 彼が気づいてしまったので仕方がない、ぼくたちは人だかりに加わった。人だかりの中央には囚人服の女が立っていた。「いいですか皆さん、私たちは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:汚れた大学 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:712字
秋山カーツェット大学学長 秋山大五郎ごあいさつ 新入生のみなさま、ご入学おめでとうございます。当校、秋山カーツェット大学は世界最高の教育・研究機関であります。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:絵描きのコウモリ 必須要素:フォロワーの誰かを○す 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1026字
雨の日に、私は家を出た。 スマホで彼のページを確認すると、彼は今、世界のどこかにはいるらしい。私は青い傘を差して、他のどの傘よりも速く歩いた。商店の並ぶ通りは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早良しの お題:調和した祖父 必須要素:あげぽよ 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1240字
1999年、七月。どす黒い雲は重さを増して、地上世界へと近付きつつあった。 あの日、私は聞いたことも無い小さな神社のお社へと連れられた。中に入ると赤い絨毯の上 〈続きを読む〉