たまきっぱいの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 28 21537字 769.2字 67.9%
30分 7 6612字 944.6字 42.9%
1時間 5 11993字 2,398.6字 60.0%
4時間 1 4504字 4,504.0字 100.0%
総合 41 44646字 1,088.9字 63.4%

ユーザーアイコン
道で遭う ※未完
作者:たまきっぱい お題:緑の道 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3200字
うろ覚えの記憶だけで動くんじゃなかったな、と思うのは大体動いた後なので手遅れだ。いつも同じことを繰り返している気がするけど、今回は特にひどい。森のようなところで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
八百万分の一 ※未完
作者:たまきっぱい お題:奇妙な民話 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:675字
祖母は優しい人で、物語が大好きだった。色々な話を聞かせてくれたのは自分が幼少期の話で、何年か前に祖母は亡くなっているのだが、好きだった話のひとつが「はぐれの唐傘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:今度の高給取り 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:716字
どうしてこんなことになったのか。いや、事の始まりから考えていけばおかしくは……とも思ったけどやっぱりどこかがおかしいと思う。始まりとしてはまず、彼氏ができた。一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不在阻止 ※未完
作者:たまきっぱい お題:生かされた春 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:743字
『死ぬならその前に楽しいことパーっとやろう!』廃ビルの屋上から今まさに飛び降りようとする人間にかける第一声がそれなのか、とか、お前は誰なんだ、とか疑問が頭を駆け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:薄汚い電車 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:703字
薄暗い蛍光灯が点滅している。接触が悪いのか、切れかけなのか分からないが、自分にはどうしようもない。そんな灯りのせいかもしれないが、電車の中のシートも吊り革も窓も 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:ゆるふわなピアニスト 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:727字
急勾配な坂の一番上にある大きな家。普通の家なら表札がある部分には銀色のプレートがはめ込んであり、『雪野ピアノ教室』と刻まれている。最初ここに来たときに一番に思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:去年のスキル 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:688字
趣味はまだわかる。だが特技は何ですか、と聞かれたときは答えに詰まってしまう。「ううーん……。」「提出それいつまでだっけ。」「明日。」期限間近の白いプリントと机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:未熟な嘘 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:611字
嘘をつくのが上手くなった人間は、自分が今話していることが本当なのかどうかすらわからなくなる。そんなことをどこかの誰かが言っていた。聞いたのは随分と昔の話で、忘れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:輝く百合 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1013字
むせかえるように暑い温室の中で、汗だくになりながら作業をしている。一人は花に水をやっていて、もう一人は花の枯れ葉を取ったり鉢の中の雑草を引いたりしていたが、単調 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たまきっぱい お題:不幸な神話 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:694字
「不幸の定義?」また難儀なテーマ持ってくんな、と頭を抱えるが、まあ大事な話でもあるだろう。そうだなあ、とぼんやり空を見つめながらぽつぽつと話し始める。世界の全員 〈続きを読む〉