meeの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 51 69406字 1,360.9字 29.4%
30分 3 8230字 2,743.3字 0.0%
総合 54 77636字 1,437.7字 27.8%

ユーザーアイコン
mement/mori 2 ※未完
作者:mee お題:求めていたのは家 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1223字
”その他”に分類されうるものが好きだ。 * 油彩画。水彩画。彫刻。エッチング。リトグラフ。彫刻。小説。詩。劇作。――”その他”。 古典主義。写実主義。印象派。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
入眠 ※未完
作者:mee お題:緩やかな模倣犯 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1577字
夢が始まった瞬間に、これが悪夢であることはすぐに分かった。あなたの姿があったので。 * おぼろげな霧の向こうに一人ぶんの影が淀んでいる。川べりにたまったそれは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:天国の電車 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1105字
そもそもわたしは電車というものの存在を、十三になるまでよく知らなかった。 もちろんアニメや映画なんかで見たことはあったし、電車と道路とが交差する部分には踏み切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
プロローグ ※未完
作者:mee お題:つまらない悪役 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:797字
たとえこのまま何もかもが始まらないとしても、それでもいいのかもしれない。* 簡単な仕事だった。おれは足元に落ちていた吸殻を潰した。雨の香りがぐんねりとたちのぼ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:殺された男祭り! 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1251字
ここから泥をぶちこんでも汚濁レベルはまったく変わらないんじゃないか。 と、思うほどに汚れ切った部屋にストラ・マルデミアは土足で立ち入った。皮靴に付着する汚泥も 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
黒の答案 ※未完
作者:mee お題:昼間の唇 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1278字
開始、の合図と同時にわたしは答案用紙をひっくりかえして、問題用紙には一瞥もくれず、枠線透ける裏紙にまっくろの太陽を描いて、そのまま提出する女生徒になりたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
植木と旗 ※未完
作者:mee お題:嘘の水 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1461字
水をやらなくちゃいけない、と、エアーズロックのミニチュアみたいにヒビ割れてしまった土を見て思った。 *「水?」 梨花の声。うるさいよ、って言いたいけどそんなこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:マイナーな艦隊 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:1127字
季春の頃、一艘の艦隊が水面を揺らしていた。 船体は滑らかな曲線を描き、全体的に銀色に輝く。踊るような動きでちらつくのは金色の蝶、これらは守護の役割を果たす。乗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:とびだせ車 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1710字
なにひとつ出来ることなんてないと分かっていたのに、どうしてか筆をとってしまいました。 最期に、君になにか伝えられることがあるだろうかと、一行分の空白を使ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mee お題:愛、それは年賀状 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1419字
突然私は書かなければならないような衝動に襲われた。 それはもはや理屈や論理を抜きにした強烈な引力であり、林檎が手に落ちるように、彗星が何百年もかけて太陽の周り 〈続きを読む〉