闇鴉慎の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 105 162751字 1,550.0字 73.3%
1時間 1 3254字 3,254.0字 100.0%
総合 106 166005字 1,566.1字 73.6%

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:出来損ないの父 必須要素:生理痛 制限時間:30分 読者:203 人 文字数:1639字
できそこないだ。 その確信が頭に過ぎるや、わたしは父を叩き壊した。超高硬度鋼の工具を力の限りぶちこめば、父の頭はざくろのように弾けとぶ。決して破壊が目的ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:何かの仕事 必須要素:主人公が誰かを愛す 制限時間:30分 読者:212 人 文字数:1341字
「ただいま」 の一声が弾んでいるのは、自分でもよく分かっている。狭いワンルームの灯りをつけると、彼女はもうベッドに腰掛け待っている。革靴を蹴飛ばし、鞄を放り、上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:生きている抜け毛 必須要素:ゲ○ 制限時間:30分 読者:227 人 文字数:1615字
「5%」 その女は言った。愚かにもこのぼくが慰めを求めようとした女だ。ちょっとした辛いことに出くわしたぼくは、彼女の部屋に逃げ込んだ。愚かで弱弱しい自分を曝け出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:儚い夏 必須要素:ジーンズ 制限時間:30分 読者:243 人 文字数:1193字
熱い季節はすべてを巻き込んで駆け抜ける。けれど過ぎてしまえば一瞬のことだ。 私ももう若くはない。全身の筋肉から急速にちからが失われていくのがわかる。ヴィンテー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:ぐちゃぐちゃの姉妹 必須要素:右の上履き 制限時間:30分 読者:246 人 文字数:1381字
彼女らは、理屈の上では別々の人間であったはずだが、今となってはそれすらあやしいものだ。 双子として生まれた姉妹は、満足するということを知らなかった。先に生まれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:緩やかな狂気 必須要素:とんかつ 制限時間:30分 読者:296 人 文字数:1891字
目覚めたら、世界が揚げ物になっていた。 何が何だか分からないのは俺も同じだ。あまり責めないでもらいたい。 ともあれ、ある朝、いつものようにアラームにたたき起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:絵描きの水 必須要素:美しい情景描写 制限時間:30分 読者:284 人 文字数:1193字
画材を背負って登る山道にも、いささか辟易してきたところだ。 夏の日差しは融けた鋼鉄のように熱かった。汗が伝い落ち、乾いた土くれを打ち、靴底がそれを圧し潰す。小 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:ドイツ式のわずらい 必須要素:つけ麺 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:973字
「あんた、思いつめたこと、あるかい」 トニク・張・バナードは、そう言ってケイシイに詰め寄り、「というのはつまり、このためなら全てを捨ててもいいって具合にさ」 ケ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一方的伴侶 ※未完
作者:闇鴉慎 お題:怪しいガールズ 必須要素:右肩 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:1224字
「マイン」 と呼ぶと、少女は跳ねるように振り返った。身長140cm弱の女神は、完璧に彼の好みを反映した笑顔をこちらに向けた。その屈託のない無邪気は、彼にひととき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:闇鴉慎 お題:オチはわずらい 必須要素:文豪 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:1858字
文豪がいた。 彼の文才が並外れていたことは議論の余地もなかったが、殊にその多作ぶりでは他の追随を許さなかった。ふつうの作家が一作仕上げる間に13作はものにでき 〈続きを読む〉