beta0874の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 41 30796字 751.1字 90.2%
30分 12 11834字 986.2字 91.7%
1時間 1 2216字 2,216.0字 100.0%
総合 54 44846字 830.5字 90.7%

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:彼と光 必須要素:ロードローラー 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:658字
ガソリンがエンジンを震わせ、その振動が地面まで届く。夜間の工事を実行するために照らされている光量は強烈で、へたり込んだ男は思わず目を腕でかばった。男の心臓は早鐘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:左の花 必須要素:右の上履き 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:804字
曽祖父の残した絵画の前で、ぼうっと見惚れている時間が昔から好きだった。豊かなブロンドの髪、白い肌、赤い唇、青い瞳の少女が、左隣に一輪だけ咲いている紫色の薔薇に手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:セクシーな映画館 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:802字
小学校低学年の頃は、まだ周りの大人たちに合わせて椅子の高さを調節するクッションが必要だった。そのクッションの上から、魔法を使える女の子の冒険を食い入るように見つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:永遠の何か 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:712字
空気が喉を通って、肺を焼いて、出て行く過程をまざまざと感じる。巡礼の列にひと度加われば、冷たく険しい岩肌を全身を使ってじりじりと登るしかない。脱落は許されない行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:最強の計画 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:654字
階下から、喉の奥から振り絞るような叫び声が聞こえた。四天王最後のひとりの断末魔だとすぐにわかった。胸の底が最後の最後まで知れぬ奇妙な奴だったが、あいつも死ぬとき 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:マイナーな勝利 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:882字
がぱ、と冷蔵庫を開けて、淡いオレンジ色で満たされた冷たい棚の中を見定める。賞味期限が実は昨日切れてしまった木綿豆腐が一丁、物珍しかったので買ったけど手をつけてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:女の男祭り! 必須要素:右肘 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:981字
ダンスホールは囁き声と弦楽器の響きに満たされていた。次々と入場してくる男女が弦楽器の音に流されるようにホールを進み、踊り出す。そのなかでひとり、ぽつりと会場の隅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:戦争と笑い声 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:799字
あの日、ぼくとキミの家のちょうど境目に、目には見えない壁が生まれた。ぼくの家から向こうが東側、キミの家からあっちが西側と呼ばれるようになった。大人たちはぼくらを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:男の体 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:618字
華やかな薔薇園と、石造りの城と、絹織りのドレス。常に数人の側仕えが控えており、薔薇園の散策をするにしろ友人をよびお茶会を開くにせよ、それを側仕えにお願いするだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:beta0874 お題:男同士の挫折 必須要素:セリフ無し 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:867字
山田と俺は数秒の間、お互いに目配せし、周囲を見渡し、現状が変わらないことを認識し、ため息をついた。放課後の学校の家庭科室は見るも無残なことになっている。ぐちゃぐ 〈続きを読む〉