多々良釦の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1 482字 482.0字 100.0%
1時間 6 13045字 2,174.2字 100.0%
総合 7 13527字 1,932.4字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:去年の人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:482字
夜空に降る星明りが、かつてあったものの名残りだと教えられたとき、空が描かれた偽物のように感じた。天上のフレスコ。時に取り残された光の落ちる場所。 それを見上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:いわゆるあいつ 必須要素:漢検 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2091字 評価:0人
「なあ、あいつどう思う?」 僕はできるだけ力強い笑みを浮かべて首を傾げる。彼が続きを話すか諦めるか決めるまでのあいだ、“あいつ”について考えた。“あいつ”と呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:2361字 評価:1人
朝起きてまず口をゆすぐ。寝ている間の口内は雑菌が増殖していて、それを飲み込むと胃癌になる確率が高まると聞いたときからそうしている。朝食はトーストにバターとコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:2137字 評価:2人
惑星ドース・ノルに降り立つと奇妙な音響が、地平線の向こうから風のようにやってきた。同業者の探検家たちにこの星について聞くと、決まって含み笑いをして、「着陸する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:コーヒーと部屋 必須要素:1万字以上 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:2683字 評価:0人
小説を書き始めたのは大学生の頃だ。 経済に関心があって経済学部に入ったのではなく就職のためになればという考えだったが、大学というのは好む好まざるを問わずに受け 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:昨日食べた狼 必須要素:ご飯 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:2599字 評価:1人
レッド・フードという異名は彼が派手な防弾フードをまとっていることに由来する。装甲車も貫くスラッグ弾を使用できる水平二連式ショットガンとあわせ、知性機械狼“メタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:昨日のつるつる 必須要素:日本人使用不可 制限時間:1時間 読者:88 人 文字数:1174字 評価:1人
「バンドウ、いないのか」 甲高い声が暗い深海に響き、ごつごつした岩の向こうから生白い腹が現れた。「なんだい、セッパリ」 二体が並ぶと大人と子供のような体格差があ 〈続きを読む〉